5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

なぜ幕末より戦国時代の方が人気なのか?

1 :日曜8時の名無しさん:2007/01/31(水) 14:18:44.14 ID:fKXLlOQw
幕末は最近じゃんって感じなのか?

2 :日曜8時の名無しさん:2007/01/31(水) 15:28:12.15 ID:ZcHSnivn
元からの根強い戦国オタに加えて戦国BASARAの影響で腐女子人気アップ

3 :日曜8時の名無しさん:2007/01/31(水) 15:35:30.46 ID:QYrdgUlY
同じぐらい好きだけどな。
どっちかというと幕末の方がいい。

話は飛ぶが、いまドラマで華麗なる一族やってるけど、驚くことに銀行合併の話が難しくて敬遠されぎみらしい。
こんなもん、漫画日本経済入門よりニュースステーションより優しいと思うが。
しかしそういうわけで幕末は尊皇攘夷とか、公武合体論とか、いまいち理解できんやつが多いんじゃないか?
戦国物はややこしい思想とかあんまりないから人気だとみた。



4 :日曜8時の名無しさん:2007/01/31(水) 15:51:41.31 ID:sBEq2k2h
やっぱり中世から近世へと変わるターニングポイントだからなんじゃない

5 :日曜8時の名無しさん:2007/01/31(水) 15:59:08.76 ID:tppTCPjq
戦国時代は勝ち組がはっきりしていて、アフォな視聴者にもわかりやすいからじゃないのかな。
幕末は、尊王だ攘夷だ開国だ佐幕だ等々が錯綜して、最終的に誰が勝ったかわかりにくい。
(まあだいたいは薩長なんだろうけど)
室町時代をほとんどやらないのも同じ理由。

6 :日曜8時の名無しさん:2007/01/31(水) 16:04:04.59 ID:Vq6Dep5g
良いなあ幕末も戦国も・・・
それに比べて源平なんて・・・
漫画の数じゃ古代にも負けてるZE!

7 :日曜8時の名無しさん:2007/01/31(水) 16:18:58.78 ID:QYrdgUlY
その薩長にしてものちの萩の乱、西南戦争で潰されている。
西郷の憤懣やるかたない気持ちなど流れがわからないと理解できない。
本音と建て前が乖離して、謀略につぐ謀略の嵐。
稀代の策士大久保も最後は暗殺される。
また滅ぼされたはずの徳川家が新時代の華族だし、慶喜ですらのちに公爵になっている。

幕末維新は確かに難しいけど、だからこそ面白いんだけどなぁ。




8 :日曜8時の名無しさん:2007/01/31(水) 16:19:07.08 ID:2rYaFp4k
日本が破滅に突き進むその幕開けだったから


9 :日曜8時の名無しさん:2007/01/31(水) 16:23:19.51 ID:k8Qtnk4y
国取りこそ男のロマン

10 :日曜8時の名無しさん:2007/01/31(水) 16:25:33.36 ID:govkdRYf
草g剛

11 :日曜8時の名無しさん:2007/01/31(水) 17:19:55.77 ID:fRVaHQcF
勝海舟を演じた役者は
突然大病する。

12 :日曜8時の名無しさん:2007/01/31(水) 17:35:35.75 ID:5HpwHGkZ
まあ室町をあんまやんないのは天皇スキー連中の刺激に触れないようするため、ってのもあると思う。
あと戦国はドラマ化したとき大スケールのハラハラドキドキの合戦をかけるから見栄えもいい。
幕末はほとんど一方的ななぶり殺ししか見れない。

13 :日曜8時の名無しさん:2007/01/31(水) 18:21:01.37 ID:2rYaFp4k
俺は天皇とかどうでもいいからバンバン室町やってくれ
うんこ食わすとか

14 :日曜8時の名無しさん:2007/01/31(水) 18:26:51.83 ID:1T1fTxXQ
>>11
おまえwwww

ビジュアルの差大きいかもよ。

戦国・・・馬武者、豪華な姫さんが多数。
幕末・・・浪士、せいぜい芸者さん。

モンペ国民服の太平洋戦中が
なかなか漫画でかかれない理由みたいな感じ。

でも幕末は面白いんだけどなぁ・・・。


15 :日曜8時の名無しさん:2007/01/31(水) 19:16:27.93 ID:0mQD8jvv
幕末は、合戦よりも陰謀とか策略とかそっち系がメインだからじゃね?

16 :日曜8時の名無しさん:2007/01/31(水) 19:18:44.12 ID:LusxS1vG

 視聴率が地方でどうしてもバラケる

17 :日曜8時の名無しさん:2007/01/31(水) 19:57:23.12 ID:bGWpoRQo
勉強しがいがあるのが幕末。
妄想にひたれるのが戦国。

幕末を勉強するなら戦国時代は必然。きってもきりはなせないと思う。

18 :日曜8時の名無しさん:2007/01/31(水) 23:51:12.61 ID:4dgYDFe3
幕末は、尊皇攘夷の掛け声で幕府を倒しておきながら
いざ新政府を作ったら開国まっしぐら、天皇はお飾り扱い
結局明治維新ってなんだったのか、いまいちノリきれない感じがある
まあ勝海舟の不気味な存在感はちょっと好きなんだが

19 :日曜8時の名無しさん:2007/02/01(木) 00:18:09.60 ID:GeNdFlfe
維新の嵐が糞ゲーだから

20 :日曜8時の名無しさん:2007/02/01(木) 01:57:26.55 ID:cN4og1KR
戦争が準近代戦つうのもあってドラマ上では派手でないからかもね。

21 :日曜8時の名無しさん:2007/02/01(木) 02:08:06.07 ID:8sFncpfh
幕末はなまじリアルな情報(暗殺・謀殺・内ゲバ(身内の粛清))
が伝わってるのと、今だ当事者の子孫に禍根を
残しているのが敬遠される理由かな。

明確な証拠が残ってないだけで戦国の方が
遥かに悲惨な事件が起こってるだろうに。


22 :日曜8時の名無しさん:2007/02/01(木) 08:31:56.47 ID:kzbyAHMs
>>1
敵味方の区別がはっきりしている以外に、「合戦シーンの撮り溜め」が
あり、予算が当初の予想よりも安くなる場合もある。あらかじめ取り溜め
ある合戦シーンに、役者に鎧の着ぐるみを着せて数カットずつ取れば
済んでしまうからな。実例を挙げると、合戦シーンの多くは「葵」。
役者だけ入れ替えている去年の「功名」などがあるな。

23 :日曜8時の名無しさん:2007/02/01(木) 10:46:42.54 ID:dPCEBEPf
幕末の頃が舞台のゲームで面白いのないの
信長の野望みたいな奴

24 :日曜8時の名無しさん:2007/02/01(木) 11:34:14.44 ID:2KE/Ocn3
ストーリーに魅力がないだけ

25 :日曜8時の名無しさん:2007/02/01(木) 14:03:33.74 ID:DF/XwvXH
>>23
維新を成し遂げたらクリア?

26 :日曜8時の名無しさん:2007/02/01(木) 14:27:48.90 ID:AFCTfa00
下級士族が西洋の軍服着て新政府の要職につくだけの話 >幕末物

27 :日曜8時の名無しさん:2007/02/01(木) 17:36:13.11 ID:1g6q0ARk
幕末は戦国時代の因縁と切っても切れないが、同時に太平洋戦争に追い込まれていく道のりでもある。
歴史を学ぶのには面白い。
戦国時代のような自由経済のロマンはないけど。
戦略的思考は戦国の頃の方が優れてるよね。
特に武田。

28 :日曜8時の名無しさん:2007/02/01(木) 18:06:53.15 ID:72Bkger9
幕末って動乱動乱とか言ってるけど、それ以前が平和なだけで、
世界史的に見ると犠牲者の数はおそろしく少ないらしいね

29 :日曜8時の名無しさん:2007/02/01(木) 18:44:16.22 ID:zGp1n+tZ
バカに優しい戦国時代
ってか、のぶやぼ厨は武将の能力値しか知らずに語らないでくれ

30 :日曜8時の名無しさん:2007/02/01(木) 18:58:44.96 ID:n2DGxVsL
どちらにも素晴らしい魅力がある。
甲乙なんてつけがたい。ちなみに俺は幕末から興味をもって今は戦国を勉強してる最中だが。
ぱっとでてくる戦国・幕末三傑あげるなら
坂本龍馬     織田信長
西郷隆盛     豊臣秀吉 
高杉晋作     徳川家康
が一般かな?
個人的な意見なら
坂本龍馬      大谷吉継
勝海舟       石田三成   
吉田松陰      真田昌幸
が魅力ある人物だと思うけど

31 :日曜8時の名無しさん:2007/02/01(木) 19:29:46.70 ID:3USJ/FfK
>>12
戦前までは太平記は平家物語と並ぶ二大古典だったのに、戦後は完全に凋落したのは
皇国史観への反発という面はあると思う。
太平記最大のスター楠木正成は戦前と戦後では極端に評価が変わった人物だし。
太平記の凋落が室町時代への馴染みのなさに繋がっていると思う。


32 :日曜8時の名無しさん:2007/02/01(木) 19:46:01.17 ID:aU6SMBIQ
やっぱりファンタジックな甲冑が出てこないとね・・・

33 :日曜8時の名無しさん:2007/02/01(木) 21:25:33.11 ID:hZKGH/DS
その後の展開で言うと
戦国→泰平の世
幕末→徐々にダークサイドへ
だからなあ。終わり方は大阪の陣で秀頼ぬっころして平和な世へ、っていう方が歯切れがいいと思う。
幕末は維新迎えてもすぐに西南戦争とかやってくるし

34 :日曜8時の名無しさん:2007/02/01(木) 22:01:51.09 ID:S1Wog5V7
>>33
しかし秀頼というのは哀れな存在だなぁ。秀吉の息子に生まれたのが遅すぎた

35 :日曜8時の名無しさん:2007/02/01(木) 22:16:13.30 ID:TzdLlCoa
画にした時の華やかさは戦国の方がどう考えても上。

36 :日曜8時の名無しさん:2007/02/01(木) 22:26:02.39 ID:pTesotao
戦国、幕末分けず、視聴率も気にせず
日本史丸ごと一本のドラマにしてほしい。
近代史はまだ難しいだろうから幕末までで。
歴史がつながってることを再認識できる。

37 :日曜8時の名無しさん:2007/02/02(金) 07:27:29.80 ID:jYmKYsYg
>>36
その視聴率を気にせずって点がある限りどこの放送局もやらないだろ。
実際室町時代とか平安時代とかになると視聴者もほとんどいないだろ。

38 :日曜8時の名無しさん:2007/02/02(金) 10:54:47.56 ID:ayO8fM7f
キャラが多いから

39 :日曜8時の名無しさん:2007/02/02(金) 11:03:41.73 ID:sf0+fsyv
NHK 古代
日テレ 源平
TBS 太平記
フジ 戦国
朝日 幕末
テレ東 近代

この題材で同じ時間に放送すれば一番不人気が分かる


40 :日曜8時の名無しさん:2007/02/02(金) 11:43:14.44 ID:ZMjnlQP2
↑局の平均視聴率と微妙にシンクロしていて笑えるw

41 :日曜8時の名無しさん:2007/02/02(金) 12:55:38.76 ID:Du87tU7N
角の言い分

42 :日曜8時の名無しさん:2007/02/02(金) 16:18:11.24 ID:wlyfpfBh
幕末は暗すぎる

43 :日曜8時の名無しさん:2007/02/02(金) 16:44:51.87 ID:imBNao3O
>>39
フジとテレ朝は実際今年の正月にやったなw
古代みたいに金がかかりそうなところはNHK、
政治イデオロギー的にいろいろ問題ありそうな近代は
政治色の薄い(左右どちらでもない)テレ東というのは
妥当な選択だね。
でも、実際にやってみて一番糞になりそうなのはTBSな悪寒。


44 :日曜8時の名無しさん:2007/02/02(金) 17:18:24.13 ID:5MyUup8/
けど「翔ぶが如く」の西郷と大久保の対決など、震えるほど凄かったけどな。
まあ、原作とさらに坂の上の雲など読んでないと意味がいまいちわからんというのはわるかもしれん。

楽しめるのは戦国、本当に感動するのは幕末。
戦国は欲望が爆発した時代だが、幕末は無私の人が多い。
最大の功労者である西郷と大久保も悲惨な最期を遂げたし。

「翔ぶが如く」で西南戦争の最中に鳴っていたアコーディオンの音が悲しすぎる。





45 :日曜8時の名無しさん:2007/02/02(金) 18:05:17.02 ID:XxpG10zO
戦国は基礎知識なくても三傑知ってればそれなりに楽しめる。
だが幕末の方の三傑は少々地味(龍馬にお株を奪われてる感が)だし
対立関係とかがなかなか複雑だからそれこそジャニでも使わないと視聴者層の開拓は難しいと思われ

46 :日曜8時の名無しさん:2007/02/02(金) 20:07:23.63 ID:ZMlHLWr3
幕末塾

47 :日曜8時の名無しさん:2007/02/02(金) 23:32:20.50 ID:qY8Nzca/
戦国ってある意味で地区代表の対抗戦みたいなところがあるからな
高校野球を見る感覚となんとなく似てる


48 :日曜8時の名無しさん :2007/02/03(土) 03:20:02.06 ID:n/y8wzEn
>>42
その暗さを何とかしようとしたのが「新選組!」だが
ヘンテコなドラマになってしまいましたとさ

49 :日曜8時の名無しさん:2007/02/03(土) 04:27:46.64 ID:wFrWZXfw
>>6
源平はとにかく金がかかる。
平安末期ということも合って、衣装(十二単、衣冠束帯)や舞台(寝殿造り)や甲冑を一から作らないと行けない。
(戦国や幕末の衣装や舞台を転用できない)
しかも、三大合戦(一の谷、屋島、壇ノ浦)は海岸ロケが必要。壇ノ浦に到っては海戦なので、海上ロケが必要。
キャストも老若男女それぞれ見せ場が有るので、人気俳優をとりそろえないければいけない。
子役・・・・・安徳天皇、牛若丸
アイドル・・・源義経、静御前
中堅・・・・・源頼朝、北条政子、建礼門院徳子、木曽義仲、巴御前
ベテラン・・・平清盛、二位の尼、後白河法皇、藤原秀衡、北条時政

とてもじゃないけれど、戦国や幕末みたいに頻繁に出来ません。

50 :日曜8時の名無しさん:2007/02/03(土) 04:28:18.99 ID:hKB5IiB1
>>31
明治になって尊皇とされた歴史上の人物が大々的に持ち上げられたからねえ。

51 :日曜8時の名無しさん:2007/02/03(土) 22:15:23.51 ID:Pu5/pk8B
>>49
今の時代だと、取りだめのビデオの使い回しとか、背景の合成とか
で何とかなりそうな気もするのだが。

52 :日曜8時の名無しさん:2007/02/03(土) 22:26:58.50 ID:Z4g7dOcS
幕末はファンタジーとして楽しむには
まだ記憶が新しすぎる日本人同胞の内戦の殺し合いだから

53 :日曜8時の名無しさん:2007/02/04(日) 00:26:06.49 ID:u3/aGeqa
正月に白虎隊のドラマが流れた時、
番組のスレに子孫の方々のリアルな恨み節が満載だったからな…

54 :日曜8時の名無しさん:2007/02/04(日) 00:51:02.22 ID:Vz44mgoE
>>30
戦国時代を学ぶなら、その前段階である
南北朝・室町時代をおさえておかないと
表面だけの理解で終わってしまう。
ここは日本史で最も重要な時代といって過言じゃない。

55 :日曜8時の名無しさん:2007/02/04(日) 02:42:45.03 ID:x72XPYjz
>>51
ハイビジョン導入の前と後では、かなり画質が違う。
功名が辻の関ヶ原では、ハイビジョン撮影した葵徳川三代の画像が使えたけれど、
義経より前の源平ものは、ハイビジョン前だから合戦のシーンで転用が出来ない。

56 :日曜8時の名無しさん:2007/02/04(日) 03:11:13.40 ID:sH6WKwzg
年配者は今だに会津だの薩長だのこだわると聞くが…
結婚相手の出身地がどうとか。
時代が近過ぎて娯楽として楽しめない人達も少なくないのかも。

57 :日曜8時の名無しさん:2007/02/04(日) 05:14:19.38 ID:3qVeKov4
幕末って人間関係国関係団体関係が結構複雑で、
ドラマにすると「難しい、わからん」になりがちなのよね。

58 :どとうとしや:2007/02/04(日) 11:31:25.77 ID:mSZHOUHG
俺は、「幕末」のほうが「戦国時代」よりも見たいと思うけど……。
「幕末」のだったら、子孫の方々がはっきりして、結構クレームがくるのではないか。
現天皇の母方の祖先に島津久光がいる。「翔ぶがごとく」では、久光の指示で
イギリス人3人が斬られたことになっている。

59 :日曜8時の名無しさん:2007/02/04(日) 11:39:00.80 ID:bJc8Bkyy

暗殺・切腹・斬首・結核

若い奴がたくさん死ぬからね〜 ・・・それも無意味に

生々しい死の場面を敬遠する人達が、少なからずいる ってことだろ

死ぬところは“ 役 者 の 腕 の 見 せ 所 !”

なんだけどね〜俺的には

60 :日曜8時の名無しさん:2007/02/04(日) 11:45:04.08 ID:O6CUF+lT
幕末なんていろいろ奇麗事言ってるけど
しょせんは権力欲しさの日本人同士の醜い騙し合いと殺し合い。

薩長はたくさんの日本人にひどいことをしたよね(´・ω・`)

61 :日曜8時の名無しさん:2007/02/04(日) 11:49:40.85 ID:wPZZ01/H
幕末は根無し草どもが主役なのでホームドラマにしにくい。
大河的には不利だな。

62 :日曜8時の名無しさん:2007/02/04(日) 15:14:22.38 ID:QxRSA0Ic
変に主義主張を美化するのもアレだからね・・・
今だに怨恨を持つ相手方がいるわけだから。

63 :日曜8時の名無しさん:2007/02/04(日) 18:40:32.36 ID:29AbNf11
幕末って、歴史に興味のない人がみるとわけがわからなくなる可能性が高い。

当時の人にとっても、わけがわからなかっただろう。
いつの時代でも、リアルタイムではみんな無我夢中で生きているだけかもしれないが、
幕末は敵味方、官軍・賊軍の交代がすさまじい勢いだ。
攘夷のために倒幕したはずが、新政府誕生とともに開国路線に突っ走る?
ついていけんという人も多かっただろうな。

64 :日曜8時の名無しさん:2007/02/04(日) 20:38:21.31 ID:fDcHhNAq
たしか鳥取藩と越前藩も親藩だけど豊臣系大名だったよね。

65 :日曜8時の名無しさん:2007/02/04(日) 20:50:57.56 ID:1uSVVg5y
尊王・攘夷ってようはテロだろ

66 :日曜8時の名無しさん:2007/02/04(日) 20:55:18.21 ID:QrC028Ot
太平記は面白かったなぁ。
尊氏があっさり負けて九州に逃れる展開とか、隠し子が弟とつるんで攻めてくるとか。
なんがこちゃごちゃして安定感のない展開がいい


67 :日曜8時の名無しさん:2007/02/04(日) 21:19:58.27 ID:VWbhytU/
幕末は視聴率の大元になる関東の高齢層が見たがらない
(気持ちはわかる。地元が負ける話だし)
逆に地元のヒーローが活躍すると期待して見る
だから新撰組は初回数字が高かった
だんだんと脚本の内容がわかってくるようになって数字が下がっていった

68 :日曜8時の名無しさん:2007/02/04(日) 21:29:32.19 ID:/zTJUXMW
ああ、それで合点がいった。

組!関係のスレで1〜2回で切った人の
レスで「竜馬と相撲なんてありえない」とか
「桂と蕎麦(ry」とかが結構あったのは
単に常識人(悪く言うと頭が固い)なのかと思ったけど
仇側と普通に接触する近藤・土方が心情的に
見るに耐えられなかったんだな。

69 :日曜8時の名無しさん:2007/02/04(日) 21:49:06.11 ID:F4oSZA4P
戊辰戦争も西南戦争も一方的で面白くないからだろ。
かといって政治的な駆け引きが盛り上がるってわけでもないし。

70 :日曜8時の名無しさん:2007/02/04(日) 21:49:30.05 ID:Ftm/jwi1
幕末は人気人物の死に様が後味悪いのばっかだからスッキリしない

71 :日曜8時の名無しさん:2007/02/04(日) 23:05:21.89 ID:m5CXjeJf
戦国時代の方は、領土獲得、知行を増やすと即物的な理由で戦っていたので、人間の
欲望が剥き出しになっていて判りやすいし、野性味がある。
幕末は尊皇攘夷という思想が戦う理由であって、戦いに勝ったところで物質的に豊か
になると言うことも無い。
今の日本人には戦国時代の即物的なもののために戦う方が感情移入しやすいんだろう

72 :日曜8時の名無しさん:2007/02/04(日) 23:57:36.70 ID:G8bNHMA8
幕末は、どいつもこいつも天下国家を偉そうに論じてるが
一皮めくれば腹黒い奴ばかりだからな
しかも言ってることも陳腐だし
正直言って誰にも共感できない
戦国の「シンプルな欲望&上下関係の悲しさ」の方がしみじみ共感できる

73 :日曜8時の名無しさん:2007/02/05(月) 00:07:06.86 ID:Jmwb5ZsS
幕末はなんていうか道徳観念が今のそれに近いから
戦国時代と違って裏切り、主殺し、領民虐殺、兄弟で殺し合いとか
そういった人間の本性丸出しのアナーキーなドラマが無いから
あんまりドラマとか人物的に魅力が無いんだよなあ。
例外的に新撰組だけ人気が高いのは組織内が戦国時代に近い無法地帯に
なってたからじゃないかな。

74 :日曜8時の名無しさん:2007/02/05(月) 00:33:15.39 ID:GxygUoGK
>>71 その思想とやらも結構曖昧なものだったりしてややこしいしな。
戦国は白黒分かりやすいだろ。

75 :日曜8時の名無しさん:2007/02/05(月) 01:42:19.05 ID:ir9KxBI6
この辺のレス、かなり個人的趣味全開な気がするが…
即物的とか、アナーキーとか、本当にそれって*一般に*人気が出る要素なのか?

76 :日曜8時の名無しさん:2007/02/05(月) 18:03:47.14 ID:LNonyV2n
幕末よりも戦国時代の方がわかりづらい

77 :日曜8時の名無しさん:2007/02/05(月) 23:13:21.81 ID:ELcIxe6X
やっぱり華やかな合戦シーンは大河ドラマの名物だしな。
大砲や鉄砲で即死するより、チャンバラで討ち死にしたほうがかっこいい。

78 :日曜8時の名無しさん:2007/02/05(月) 23:28:37.81 ID:0WTGcbbX
戦国は、カオス→統一なので、流れ的に予備知識ゼロでも楽しめる。
加えて「戦の無い平和な世を作る」と言うテーマがサヨ受けした。

対して幕末は、そうなる前提条件を学習しないと、さっぱり理解できない
事ばかり。騒乱のきっかけとなった、通商条約の勅許だって、知らない人
から見れば、力で君臨していた江戸幕府が、今更朝廷に屈する理由が
さっぱりわからないだろう。

79 :日曜8時の名無しさん:2007/02/05(月) 23:37:46.70 ID:WqBtRhn7
会津の人と薩長の人が今でも仲が悪いから

80 :日曜8時の名無しさん:2007/02/05(月) 23:42:50.78 ID:d+w+PSRN
武者震いする時代だから戦国時代は人気がある

81 :日曜8時の名無しさん:2007/02/05(月) 23:45:36.40 ID:QSTUqm9i
幕末は一人切ったくらいで大事件だが戦国は何百何千単位での大軍団同士の
本当の戦争 幕末は小競り合いばっか

82 :日曜8時の名無しさん:2007/02/05(月) 23:54:37.95 ID:7NfditVb
幕末も戦国も、日本人にとっての滅びの美学、
後で葉が繁る、花の散り方を間違えない番組は人気があるよ。

83 :日曜8時の名無しさん:2007/02/05(月) 23:56:15.85 ID:ExL5lfg0
幕末は薩長の有名どころを悪く描くといまだに反発をくらったり
受け取るほうの地域差も激しい。
まだたかが100年ちょっと前の話で、客観的に見てもらえないんだろう。
そういう地域の刷り込みされていない興味がない層には
主義とか思想がこ難しくて話についていけないし。

戦国はつきつめれば単純な国とり合戦だし、武将も有名どころがいて
生身の人間ってより記号になってるからやりやすい。
誰でも知ってる名前の武将が出てくりゃそれで見てもらえる。
自分はどっちも好きだけど。

84 :日曜8時の名無しさん:2007/02/06(火) 00:33:10.22 ID:h5T5rOzj
南北朝・室町時代に比べたら幕末はず〜っと恵まれてるよ
民放はもちろんNHKまでが「無かったこと」にしようと
必死に軽視・無視しているからな

85 :日曜8時の名無しさん:2007/02/06(火) 02:09:04.64 ID:L/lkNKa7
室町時代は現存している日本文化の始まりが多い時代なにのにねえ。
一般民衆が活性化していて権力者がマイナーな時代を軽視するというのは
やはりNHKも皇国史観がしぶとく根付いているということなのかなw

86 :日曜8時の名無しさん:2007/02/06(火) 02:21:21.02 ID:aJymF59U
>>84
戦国(江戸初期も含む)、幕末、源平、忠臣蔵を除いた大河ドラマ

樅の木は残った(1970)(江戸前期)
風と雲と虹と(1976)(平安中期)
山河燃ゆ(1984)(昭和戦前〜戦後)
春の波濤(1985)(明治中期〜大正)
いのち(1986)(昭和戦後〜現代)
太平記(1991)(南北朝)
花の乱(1994)(室町中期)
北条時宗(2001)(鎌倉中期)

近代大河三部作、短編大河三部作を除くと4つだけだ。
やはり、戦国幕末源平忠臣蔵以外の時代は10年に一度だな。

87 :日曜8時の名無しさん:2007/02/06(火) 04:56:52.17 ID:gdiGlnZX
戦国時代は武士の世界で、当時の人間の考え方や常識が現代と共通する部分が少ないから、新鮮で興味を引く。
幕末は、そういう異質な世界が俺たちのいるこっち側の世界に切り替わっていく過程だから、新鮮味が無くて興味を引かない。
同じような理由で俺は織田信長にも興味なし。
現代に連れてきたら、少し過激なだけの極めて常識的な人だと思うから。

88 :日曜8時の名無しさん:2007/02/06(火) 22:36:12.00 ID:c5MwPtSc
信長はあの時代でよくあの思考を持ったなって感じじゃない?
その時代で異端児だっていうのは、現代に照らさなくても魅力だと思う
竜馬や義経が人気あるのもその理由なんじゃないかな

戦国はただ単に血生臭い時代背景+傑出した人物の豊富さゆえの人気じゃないかな

89 :日曜8時の名無しさん:2007/02/08(木) 02:03:44.73 ID:wiBzWTOn
>>88
みんな平和で普通な暮らしにあきあきしてんだろ。
たぶん。

90 :日曜8時の名無しさん:2007/02/08(木) 15:51:10.91 ID:VCgwsehy
保守

91 :日曜8時の名無しさん:2007/02/08(木) 16:23:32.00 ID:ukqBpQ+k
そもそも西郷とか幕末の要人はぱっとしないのが多い。
名前も作とか助とかダサいのが多い。

92 :日曜8時の名無しさん:2007/02/08(木) 17:01:47.57 ID:vUrClPyV
>>91
釣れますか?







釣りじゃない?
なら、『飛ぶが如く』を100回読み返した後にドラマ全話見てからぬかせ。

93 :日曜8時の名無しさん:2007/02/08(木) 17:15:48.12 ID:4XU/GcQw
誰かが言ってたけど、やっぱり偉勲と称する人たちが、
小汚い下級浪人だから絵にならないんでしょ?

みなもと太郎の「風雲児たち」なんか読むと、パリッとした
衣服の高貴な高官たちが智謀の限りを尽くして外国と渡り合う
幕末ものって作れたんだと目からウロコになる。やっぱり
高杉晋作なんかより小栗上野あたりの方がスケールがでかくなると
思うんだけどいろいろ難しいんだろうね。
三谷も「新撰組!」書くに当たっては薩長を悪く書かないように
釘を刺されたらしいから。

94 :日曜8時の名無しさん:2007/02/08(木) 17:44:39.41 ID:uP59D1eV
何かと言えば天皇の名前とか
新しい日本がどうのこうの唱えてる幕末よりも
戦国時代の人間の方が自分に正直に生きてる気がして好き。

95 :日曜8時の名無しさん:2007/02/08(木) 19:25:08.84 ID:YlGsFLIz
>>1
暇だから教えてあげるよ

戦国の果てに260年の太平の御世あり
明治維新の果てに腐れ国家の自滅あり

つまりはそういうことさ


96 :日曜8時の名無しさん:2007/02/08(木) 20:39:56.67 ID:ukqBpQ+k
>>92
みた上で言ってるんだけど。
自分の主張(征韓論)が通らないととっとと政府を去って
自分を頼ってきた江藤新平を見捨てて
場の空気に流されて何の勝算も無いまま西南戦争に突入なんて
アフォとしか思えん。つうか、何でこいつが人徳の人みたいに
言われてるんだ?


97 :日曜8時の名無しさん:2007/02/08(木) 21:20:32.49 ID:t0R4qANa
>>96
 奄美で小作りに励んだから

98 :日曜8時の名無しさん:2007/02/08(木) 21:33:14.46 ID:foau4h1Z
戦国時代は朝廷・天皇がらみの思想が少ないからね。
だから、万人共通に純粋に楽しめる。
幕末は天皇を担ぎ出したし、南北朝にいたっては足利尊氏・・を取り上げるとウヨが湧いてくるだろ w


99 :日曜8時の名無しさん:2007/02/08(木) 22:13:01.37 ID:3z8oNlxU
>>91
>名前も作とか助とかダサいのが多い。

これらは「通称」であって、本名(諱)じゃないよ。
例えば、桂小五郎は「桂孝允」(正確には「大江孝允」)、
桂太郎も「桂清澄」(「大江清澄」)。

100 :日曜8時の名無しさん:2007/02/08(木) 22:23:44.26 ID:sfVwZ8Ny
今だに恨みとか幕末の引きずってる人なんか本当にいるの?
つかどこにいるの?マジでお目にかかった事ないから信じられない。
東京だからかな。

101 :日曜8時の名無しさん:2007/02/08(木) 22:30:40.33 ID:ITtVHegQ
みんな毛利の殿さんから大江もらってんだな。
正式な姓だと大半が源平になったり
諱だと普段使ってなかったり
あんま意味ないような気もするけど…


102 :日曜8時の名無しさん :2007/02/08(木) 22:45:42.37 ID:+x5YCZFd
>>95
戦国の果てに260年の遅れを取った停滞あり
明治維新の果てに急いだ荒療治の近代化あり

つまりはそういうことさ

103 :日曜8時の名無しさん:2007/02/09(金) 00:20:47.05 ID:Q62AiubJ
幕末は関係者本人の写真とかリアルな資料がたくさん残っていて、
なんかまだ生々しすぎる。
明治維新を成し遂げた人間達のその後の堕落っぷりとかも生々しい。
近代化を急いだ明治政府はやがて外国と戦争を繰り返し、うっかり
勝ったりしたせいで調子こいて、ゆくゆくはピカドン炸裂……

104 :日曜8時の名無しさん:2007/02/09(金) 01:02:08.99 ID:8BHPswMe
>>101
桂小五郎と桂太郎は大江広元の子孫だから、
毛利宗家から大江姓をもらったわけじゃないよ

105 :日曜8時の名無しさん:2007/02/09(金) 01:09:12.85 ID:omk7zwfI
幕末を取り扱った名作の発表が少ないから

106 :101:2007/02/09(金) 01:13:26.79 ID:ZUTfwxo0
>>104
結婚とか養子でもらったんじゃないのか d。
ほいじゃ分家筋のまま家臣でずっとやってきたわけか。

107 :日曜8時の名無しさん :2007/02/09(金) 01:17:01.96 ID:JRrWbb0I
>>103
そもそもは国際情勢とは距離を置いた江戸時代が駄目だ。
若しくは天保を過ぎても率先して近代化政策を実行できなかった幕府首脳部の無能さに尽きる。
維新の要人達の荒療治あってこそ、なんとか今の日本はマシでいる。

108 :日曜8時の名無しさん:2007/02/09(金) 02:51:46.24 ID:mOF9SfHY
同じく負の遺産も引き継いでるけどね
現在の官僚主義は間違いなく明治国家からの系譜

109 :名無しさん@お金いっぱい。:2007/02/10(土) 23:45:09.89 ID:hX02DYjm
江戸幕府勝利のほうが日本には良かったのではないか?

対外的野心のない徳川政権なら戦争はしなかった。

110 :日曜8時の名無しさん:2007/02/11(日) 01:57:22.01 ID:mziu286u
天才小栗上野介の作戦を
慶喜が実行したら幕府が勝ってたかも
それか薩長が小栗を殺さず新政府に
登用したら違った歴史になってたかも

111 :日曜8時の名無しさん:2007/02/11(日) 02:27:22.11 ID:yROSWK9y
2ちゃんの自称歴史痛wにはなぜか評価される小栗

112 :日曜8時の名無しさん:2007/02/11(日) 08:49:46.94 ID:Q+0xKOWM
>>108
組織がある程度続くと硬直化というものは避け得ない気もする

113 :日曜8時の名無しさん :2007/02/11(日) 11:14:10.34 ID:8fSbl8td
>>109
何のために対外方針を重視したのか分からん阿呆がいるな。
あの当時ちっぽけな日本の島国だけで、何処まで列強国と張り合えるんだよ?
幕府主導で近代化をしても一緒。
対外路線に戦争は不平等条約の改正・関税自主権の獲得の為にも避けて通れぬ道です。
>>110
残念ながら小栗如きの作戦は既に大村にとっては想定済みの内容です。

114 :名無しさん@お金いっぱい。:2007/02/11(日) 14:02:03.11 ID:sZWRudDA
113>> 列強と張り合う必要はないよ。

植民地化回避さすればよいし、それはタイでも出来たことだった。
むしろ侵略戦争や対外植民地化をせずに
列強に対し道義的優位に立つべきだった。

115 :日曜8時の名無しさん:2007/02/11(日) 15:32:38.41 ID:VQGNWM06
>道義的優位
具体的に。

116 :組キチ:2007/02/11(日) 15:33:45.00 ID:JhPizSiB
>>1 に同意。
まだ140年しか経っていないし、
戦も近代的になりかけているから、個々の能力が
重視されなくなった。

それに、同じ内戦状態といっても、幕末は手段が陰惨過ぎる。
新選組!もあれだけ大河で美化されてても陰謀だらけだったしw

117 :日曜8時の名無しさん:2007/02/11(日) 16:00:04.58 ID:kjGQHqHt
>>116
 陰謀だらけなのは政治舞台が京都になる以上はしょうがない。
戦国時代だって、京都は三好松永はじめ陰謀暗殺の嵐。信長も。
源平合戦でも木曾義仲、源義経など、みんな京都でやられてる。
太平記でも六波羅探題滅亡から幕府滅亡以降、京都でどろどろ。
花の乱など始めから終わりまで身勝手な陰謀ばかりで惨憺たるもの。

118 :日曜8時の名無しさん:2007/02/11(日) 16:47:45.42 ID:hWuPc96L
幕末がことさらドロドロした印象なのは
「死者に鞭打つ」ような事してるからかな。

日本人の好きな「死者に鞭打たない」
というのがなくてただただ陰惨。

119 :名無しさん@お金いっぱい。:2007/02/11(日) 18:01:41.41 ID:sZWRudDA
よしのぶも殺していないのだから「死者に鞭打つ」とは言えない。

やはり鹿児島弁がうざいよ

120 :日曜8時の名無しさん:2007/02/11(日) 18:02:20.77 ID:p5NyCGbB
時代背景 国内人口 戦死戦災死亡数(男女比)

戦国時代 約2000万人 約100万人(男9:女1)
幕末維新 約3000万人 約1万人(男8:女2)
日清日露 約4000万人 約30万人(男10:女0)
日中満州 約6000万人 約10万人(男10:女0)
昭和大戦 約8000万人 約400万人(男8:女2)


121 :日曜8時の名無しさん:2007/02/11(日) 18:21:00.59 ID:Nr78MhzF
戦国時代は社会の枠がまだ定まってなくて、
身分も流動的だったからってのもあるんじゃね。
対して幕末はもうガチガチに固定されちゃったあとでしょ。
そこから暗中模索しながら、しがらみを解き放っていく過程で
多くが致命的に挫折していくみたいな陰惨さが嫌気されるのかな。

122 :日曜8時の名無しさん:2007/02/11(日) 18:21:51.24 ID:d6Y5qEWW
幕末物もホームドラマ路線でやれば高視聴率になるかも。
「新撰組!」みたいな腐女子向けじゃなくて。
桂小五郎と幾松メインでやるとかさ。

123 :日曜8時の名無しさん:2007/02/11(日) 19:02:31.63 ID:UnL6R+ls
幕末にはイデオロギー要素が混入してるからなあ、そこを忌避する人はいるのかも
戦国は実力主義だしこっちの方が今の世には受け入れられやすい

戦前だったら幕末モノのほうがウケるのかもね
明治維新真似して昭和維新やろうとした連中が出るくらいだしw

124 :日曜8時の名無しさん:2007/02/11(日) 19:29:13.22 ID:qlSSoxbZ
>>120
幕末維新の死者数は、西南戦争と合わせても2万人だろう。
(戊辰8000人、西南12000人)
普通、幕末維新と言ったら、西南戦争までを指すよね

125 :日曜8時の名無しさん:2007/02/11(日) 19:49:32.06 ID:pRGeGe+r
幕末は、まだ最近という感覚で、史実を知っている人が多く、
フィクションを作り難いからだと思う。

126 :日曜8時の名無しさん:2007/02/11(日) 19:54:45.25 ID:O52nNrkf
意外とコーエイのせいかもな。

127 :日曜8時の名無しさん:2007/02/12(月) 01:41:33.75 ID:j/tyfsOE
>>125
徳川氏やら旧華族の連中がいまだに抗議してくるしな
歴史は共有財産だっての

128 :日曜8時の名無しさん:2007/02/12(月) 12:39:08.79 ID:qnMbOiVt
幕末は新撰組派と維新志士派で意見が別れる気がする
片方がよく書かれれば必然的にもう片方が悪役になる。悪役にされた方のファンはその年の大河は見ない

129 :日曜8時の名無しさん:2007/02/12(月) 21:53:46.60 ID:dEQidkuJ
>>128
そーゆーのは、団塊の世代とか、40・50以上のオッサン世代だよ。
二極対立で幕末を見るのは古い歴史を習った世代。
そういった妙な敵対意識が若年層に皆無なわけじゃないけど、
オッサン世代に比べれば遥かに少ないよ。
幕末をオールワンで見る人が若年層には多い。
若い世代には、幕末

130 :日曜8時の名無しさん:2007/02/13(火) 01:12:45.61 ID:5Ys+MTUN
>>127
某歴史ゲームで戦国時代の先祖の能力値に抗議した人がいるって噂もあるが。。

幕末より戦国が人気あるのはわかりやすいことが大きいんじゃね。
幕末は目的がいろいろあるけど、戦国の場合基本的には天下統一だから。
幕末は五輪みたいにそれぞれの目標があるけど、戦国はワールドカップみたいに同一目標だから。

131 :日曜8時の名無しさん:2007/02/13(火) 01:50:47.25 ID:0o6sMkXG
山本勘助が生まれたのはこっちだと言い出す町があるくらいだから
そんくらいあるかもしんないな

132 :日曜8時の名無しさん:2007/02/15(木) 19:46:05.71 ID:SpnHtE5L
戦国は登場人物が魅力的な奴が多いんじゃないかな

信長、秀吉、家康、信玄、謙信、政宗、元就、幸村・・・・

俺は30代だけど戦国派さ

133 :日曜8時の名無しさん:2007/02/17(土) 01:24:20.65 ID:OsrjnH03
魅力的の基準は人それぞれだと思うけど、
明治維新でも、坂本や勝や長州や薩摩や新選組や幕閣の面々とかに
魅力的な人材は戦国時代に引けを取らないと思うけどね。
別に明治維新びいきじゃないけど一応問題提起。

134 :日曜8時の名無しさん:2007/02/18(日) 02:15:43.77 ID:2vZ7Tbl6
薩長のいかがわしさを肌で感じてる人が多いからだよ。
勝てば官軍だったからいい様なものの
テロリストと紙一重だしやってる事も結構えげつない。


135 :日曜8時の名無しさん :2007/02/18(日) 08:38:20.49 ID:mhT8bsKL
>>134
勝てば官軍は関ヶ原や大坂夏の陣の徳川軍にも言えることだし、
やっていることのえげつなさは戦国時代の方が上だろう。
戦国は子供纏めて死罪なんてザラだが、幕末は最悪でも家老数名の切腹程度で済むんだぜ。
それにテロ行為で新政権が成立したケースは、ピューリタン革命に米独立戦争、仏第5共和国なんぞゴロゴロあるだろ。

136 :日曜8時の名無しさん:2007/02/18(日) 10:53:48.13 ID:n6z7cu1w
明治に入ってからもやってほしいんだよなぁ。
日露戦争とか好きなんだけど。
大国ロシアに小国日本が曲がりないにも勝つっていうのは
日本人受けしそうなものだと思うんだけど・・・・

137 :日曜8時の名無しさん:2007/02/18(日) 18:53:16.82 ID:xHlowV+m
それはNHKが超大型企画としてやろうとしてたら
脚本家が自殺しちゃったじゃん

138 :日曜8時の名無しさん:2007/02/19(月) 02:21:02.58 ID:lHYi6aaR
オソロシス
まあ反日勢力が食い込んじゃってるしな中枢まで

139 :日曜8時の名無しさん:2007/02/20(火) 10:10:39.46 ID:9XuBTRE3
日本人ってファンタジーが好きなんだと思う。
幕末はまだ現実の延長なんだよね。百数十年しか経ってないし。
対して、戦国時代は異世界だよ。江戸時代ですらそう。
明治大正を舞台にしたドラマ自体少ないよね?
山風の明治モノをやればヒットするかもだが

140 :日曜8時の名無しさん:2007/02/20(火) 11:26:37.27 ID:pwukwZtd
しつこく戦国ばかりやるから嫌いになった

141 :日曜8時の名無しさん:2007/02/20(火) 17:46:56.38 ID:Zc55iCNs
>>139
山風の明治モノなら警視庁草子を金曜時代劇でやったよ。短かったし慌しかったけど面白かった。

142 :日曜8時の名無しさん:2007/02/21(水) 02:02:50.52 ID:8Y5bA3xT
>>1
単純に幕末の戦が見所ないからだろ。

143 :日曜8時の名無しさん:2007/02/21(水) 02:46:08.71 ID:9EfGZ2MS
幕末の合戦物だとライフル銃と砲を用意しなくちゃならんから大変なんじゃないの
場合によっては軍艦も・・・オソロシス

144 :日曜8時の名無しさん:2007/02/27(火) 03:19:56.75 ID:GTerz0PS
馬を用意するほうが大変だと思うが・・・

145 :日曜8時の名無しさん:2007/02/28(水) 15:39:31.86 ID:BOWv8B9p
軍艦なんかCGで金粉ばらまけば十分

146 :日曜8時の名無しさん:2007/03/01(木) 18:12:33.82 ID:dmSnm0Ql
単純にお話の中心に据えられる人物がいないからだと思う。
戦国における信長・秀吉・家康みたいな。
維新を起こした主な人物は結局皆非業に斃れるし。
戦国の三傑みたく輝ける栄光に乏しいんだよね、どこか暗い。


147 :日曜8時の名無しさん:2007/03/01(木) 20:28:54.10 ID:l5cVUkOj
勝海舟を主人公にすれば
佐久間象山・坂本竜馬・福沢諭吉・徳川慶喜あたりとその周辺は
自然にからませられると思うけど。

148 :日曜8時の名無しさん:2007/03/01(木) 21:17:23.15 ID:3Xt71GB9
幕末は勝ち組の西郷とか木戸が小物だから面白くならないからじゃね?

149 :日曜8時の名無しさん:2007/03/01(木) 21:21:41.85 ID:2RfYrT/q
主人公がギラついてる方がいい。
だから戦国時代が面白い。

150 :日曜8時の名無しさん:2007/03/01(木) 21:31:56.26 ID:in7HZOQa
戦国時代も実はれっきとした「幕末」なんだよね

151 :日曜8時の名無しさん:2007/03/01(木) 22:55:46.16 ID:wNvvljZ8
自由に脚色できるようになるには、時間がかかるね。
太平洋戦争を時代劇化するのには、300年ぐらいかかるか?
まあ、未来にも史実厨が沸くんだろうけどw

152 :日曜8時の名無しさん:2007/03/02(金) 02:44:23.26 ID:d+gsyR4W
戦国も幕末も普通に面白いけどな。組! は好きじゃなかったが、飛ぶが
如く、とかよかった。

153 :日曜8時の名無しさん:2007/03/04(日) 14:02:18.80 ID:LgvpLm+z
幕末物は単純に視聴者がストーリーについていけなくなる
おそれがあるからでしょ。
ペリー来航〜明治元年まで一応15年あるけど、そのうち最後の5年の
激動ぶりが目まぐるしく、その期間中の各藩の立場の移り変わりだけ見ても、
薩摩:寺田屋で尊皇派粛清→英国とドンパチして開国に傾斜
→八月十八日・禁門の変で長州を追放→と思ったら長州と同盟して倒幕派に鞍替え
長州:尊攘派優勢→禁門・長州征伐・下関砲撃で藩内ぐちゃぐちゃ
→高杉クーデター→第二次長州征伐→倒幕派の旗頭に
土佐:勤王党が吉田東洋暗殺して実験握る→八月十八日で容堂の気が変わって
勤王党粛清→尊攘派は脱藩して個人活動→大政奉還の立役者
→と思ったら最後の最後に勝ち馬に乗って官軍につく

これをドラマとして詰め込むと、一般の視聴者にはもう何がなんだか、
という話になると思われる。

154 :日曜8時の名無しさん:2007/03/04(日) 15:58:30.53 ID:w/g7+jSc
結果しか見ない奴にとって、
なんで禁門の時点で会津と薩摩がラブラブなのか
理解できないし

155 :日曜8時の名無しさん:2007/03/04(日) 16:05:45.77 ID:GEXtgCez
>>153
うむ、やはり俺の説は正しかった
幕末を舞台にすると全体を俯瞰できる主人公を用意するのが困難なのよね
たとえば戦国における織田信長みたいな

156 :組キチ:2007/03/04(日) 19:07:00.93 ID:Ew54+5px
>>153
やはり、歴史が浅いからまだまだ横やりが
入るんでしょう。
幕末をやるなら土佐か長州の藩士で、後に財閥を
立ち上げた人物を主人公にして、あとは
幕末群像劇にすりゃあいいんでないかと。
群像も、

長州:吉田松陰、高杉晋作
薩摩:西郷隆盛、大久保利通
土佐:坂本龍馬
徳川:徳川慶喜、松平容保、井伊直弼
ほか:土方歳三、榎本武揚

に絞ってしまう。

157 :日曜8時の名無しさん :2007/03/04(日) 19:36:31.42 ID:tvUZKXCt
>→八月十八日・禁門の変で長州を追放→と思ったら長州と同盟して倒幕派に鞍替え
省いた重要事件あり。
慶喜が四侯会議を決裂させて幕権独裁を始めたことに薩摩は切れて倒幕を念頭に置き始める。

158 :日曜8時の名無しさん:2007/03/04(日) 23:02:36.19 ID:Hi+mR7kr
>>1
幕末は複雑怪奇。(薩摩藩の動きや徳川慶喜の策略)
戦国時代は、大体単純だからじゃんない。
じいさん、ばあさんがついてこれないんだよ。幕末は・・・

159 :日曜8時の名無しさん:2007/03/04(日) 23:16:40.89 ID:+6HYy5T6
>>158
俺のオカンは、すでに「風林火山」に付いていけていない。
「主人公の人が、あっちに行ったりこっちに行ったりしていて訳がわかんない」と
言っていた

160 :日曜8時の名無しさん:2007/03/04(日) 23:21:02.06 ID:0JRXL1HM
>>159
勘助は主人公兼レポーター(ライターの分身)と言え。ライターが神の目
で人物紹介やら、各地の情勢を視聴者に見せ説明させてるのだと。
だからレポーターの説明を見ろと。もうすぐ落ち着いて普通の登場人物
になる。よけい混乱すっかなw

161 :日曜8時の名無しさん:2007/03/04(日) 23:49:16.23 ID:51nvWahg
>>159
>「主人公の人が、あっちに行ったりこっちに行ったりしていて訳がわかんない」

南北朝とか室町とかは向こう何十年かは無理だな

162 :日曜8時の名無しさん:2007/03/04(日) 23:55:40.82 ID:lT8xeIdK
>>161
南北朝・室町時代の複雑さは幕末の比ではないからね。

163 :日曜8時の名無しさん:2007/03/05(月) 00:24:52.15 ID:lhHkNur1
>>150 そういえばそうでした!
大河のビデオの足利尊氏の第何話かに"倒幕"って題名があり違和感を感じたけど倒幕ですよね。
で戦国も幕末です。
横山光輝の徳川家康を読んでますが戦国もよく読むとややこしいですね。
信長が勤皇だった?とか家康が今川の人質だったから反今川ですぐ親織田派になったわけでもないとか、色々知らなかったことが分って面白いです。
ここ数年、幕末(徳川→明治)のほうばかりに関心あったが、戦国も面白いと再発見

164 :日曜8時の名無しさん:2007/03/05(月) 00:26:41.17 ID:iPvuAP41
>>156
群像劇だと、主人公の出番が相対的に少なくなってやっぱり面白くないんだよな・・・

165 :日曜8時の名無しさん:2007/03/05(月) 02:21:29.96 ID:6lTpgKqq
幕末大河の一番の傑作ってなに?
作品自体も微妙なの多い気がするな


166 :日曜8時の名無しさん:2007/03/05(月) 02:53:05.80 ID:BJcvWuFK
幕末物で視聴率が一番高いのは、勝海舟。

167 :日曜8時の名無しさん:2007/03/05(月) 05:11:10.53 ID:kRloW+D/
チョイスするものが限られてくるが、飛ぶが如くは悪くなかったがな。


168 :日曜8時の名無しさん:2007/03/06(火) 11:44:29.22 ID:rsvS7kZ8
戦国のほうがわかりやすいのはあるだろうな。
誰がどこまで統一していっているって状況がわかりやすい。


169 :日曜8時の名無しさん:2007/03/09(金) 23:07:47.11 ID:mgcPZLm0
スレ違いだが、コーエーは「ガンダム無双」よりも「幕末無双」を出すべきだと思う。


170 :日曜8時の名無しさん:2007/03/10(土) 23:52:51.28 ID:mEiccLnd
幕末は無双には合わないだろ

171 :日曜8時の名無しさん:2007/03/13(火) 00:49:57.55 ID:+gvh4yMm
>>133
同意!!ただやっぱり色んな思想がありすぎてこの人物はどの思想でとかごちゃまぜになってストーリーをおう余裕がなくなるからじゃないか?
でも個人的には幕末の方が面白いと思う!!

172 :日曜8時の名無しさん:2007/03/13(火) 08:01:02.15 ID:c0kYaWU5
阿含宗桐山教祖の逮捕歴

昭和二十七年八月十六日 詐欺容疑、契約違反の容疑で逮捕
警視庁西新井署

十二月手形詐欺容疑で逮捕
千葉県松戸署

二十八年八月 酒税法違反 私文書偽造容疑 逮捕
警視庁防犯課

二十九年 三月酒税法違反 私文書偽造に対する第一審判決
五月入所
十月東京高裁酒税法と私文書偽造により有罪


173 :日曜8時の名無しさん:2007/03/13(火) 22:45:05.62 ID:ioF5PTbj
>>168
基本的に独立した国同士の争いだから、構図がわかりやすいんじゃない?
幕末の場合、国よりも勢力、勢力よりも個人って感じだし。

174 :日曜8時の名無しさん:2007/03/17(土) 14:19:12.03 ID:dXNG+rti
戦国は、「おらが国の」大名がたくさんいる。成長していった。
早々に併合された県の人たちは、その併合した大名を応援。
甲子園で、県代表が負けたら隣県の代表校を応援するような感じで。

幕末は「おらが国の」大名はもちろんいるが、ほとんどが活躍してない。
何も成長してない。やられ役・傍観者側の方が圧倒的に多い。

甲子園的史観からすると、幕末は人気が出づらい。
薩長土肥・会津など以外には。
と、ふとおもった

175 :日曜8時の名無しさん:2007/03/18(日) 00:39:09.12 ID:JmPYBooJ
会津を含めた東北とか結構面白いと思うんだけどね。
結果は負け犬だからなあ。

176 :日曜8時の名無しさん:2007/03/20(火) 01:56:14.40 ID:MRyFtG1U
          特集
                          戻  る  甲   斐  な し  

                              第1弾:知らぬは信虎一人のみw

        ∩___∩                     / ̄`''''"'x、               ∩___∩
    ♪   | ノ ⌒  ⌒ヽハッ            ,-=''"`i, ,x'''''''v'" ̄`x,__,,,_      ハッ   / ⌒  ⌒ 丶|
晴       /  (●)  (●)  ハッ      __,,/    i!        i, ̄\ ` 、    ハッ (●)  (●) 丶  信
       |     ( _●_) ミ     __x-='"    |   /ヽ         l,   \ ヽ     ミ (_●_ )    |  
 ___ 彡     |∪| ミ    /(        1  i・ ノ       Ф  |    i  i,    ミ、 |∪|    、彡____
 ヽ___       ヽノ、`\   | i,        {,      ニ  ,    .|    |  i,     / ヽノ     ___/
       /       /ヽ <  .l,  i,        }   人   ノヽ   |    {   {     〉 /\    丶
信     /      /       },  '、       T`'''i,  `ー"  \__,/     .}   |      ̄♪   \    丶 繁
     /     /    ♪    .} , .,'、       },  `ー--ー'''" /       }   i,           /⌒_)
     (_ ⌒丶...        | ,i_,iJ        `x,    _,,.x="       .|   ,}           } ヘ /
      | /ヽ }.         `"            `ー'"          iiJi_,ノ             J´((
        し  )).                                                    ソ  トントン
          ソ  トントン 



440 名前:日

177 :日曜8時の名無しさん:2007/03/20(火) 18:00:33.72 ID:akd2o2ht
幕末は子孫とががはっきりしてるしイデオロギーの対決だからねぇ。
感情的になってしまう人も多いからじゃないかなぁ。

178 :日曜8時の名無しさん:2007/03/21(水) 02:13:24.07 ID:CI+Qj2C5
>>165
>作品自体も微妙なの多い気がするな

「花の生涯」→井伊直弼(幕府)
「竜馬がゆく」→坂本竜馬(土佐)
「勝海舟」→勝海舟(幕府)
「花神」→大村益次郎(長州)
「翔ぶが如く」→西郷隆盛(薩摩)
「徳川慶喜」→徳川慶喜(幕府)
「新選組!」→近藤勇(幕府)
「篤姫」→篤姫(薩摩・幕府)

架空の人物が主人公の「三姉妹」「獅子の時代」を除けば
大体幕末を描くのに適当な人物・勢力が一通り主役(側)に選ばれているけどね。

こう並べてみると幕末物はもう出尽くした感があるな。
後は同じ人物でリメイクするか(竜馬あたりはもう一回主人公になってもおかしくない)
同じ勢力の違う人物を主役にするか(土方歳三あたりはできそう)
文化人系を主役にするか(緒方洪庵とか)
くらいだろうな


179 :日曜8時の名無しさん:2007/03/21(水) 17:39:40.24 ID:xfOPSLBa
司馬大杉

180 :日曜8時の名無しさん:2007/03/21(水) 23:35:46.28 ID:1iOCg+AC
出尽くしたというか幕末物で誰かを主役にした作品はしばらくいらないな。
別に誰かに感情移入して見たいわけじゃないから
明治政府樹立までの日本の流れを俯瞰的に描いた作品が見たい。
まあそんな力量のある脚本家なんてもういないんだろうけど。

181 :日曜8時の名無しさん:2007/03/22(木) 01:49:31.39 ID:C809KCED
もし幕末をやるなら、
風林火山のスタッフで作り直した「大河版ラスト・サムライ」が観たい
誰か格安のギャラで1年つきあってくれる大物の外人俳優いないだろうか

182 :日曜8時の名無しさん:2007/03/22(木) 20:42:06.31 ID:+6aukMnZ
幕末でもお国自慢系のハナシはそれなりに多い、むしろ敗北した東北諸藩では負け惜しみの意味も加わって
からす組や伝習隊、雷神隊などマイナー諸隊の活躍が喧伝されているんだが、西南諸藩の尻馬に乗った
各藩は、幕末初期に活躍してないわりに戊辰戦争では薩長以上に略奪暴行をくりひろげたため
活躍は逆に喧伝されぬ結果となってしまった。
会津以外では、薩長土など西軍側の美談もそれなりにないわけではないが、
大垣藩や広島藩の美談なんてカケラも聞いたことがない。

183 :日曜8時の名無しさん:2007/03/23(金) 19:37:17.31 ID:gdo//KLF
>>1
それはねっ







乱取りがあるからだよっ

184 :日曜8時の名無しさん:2007/03/23(金) 19:49:01.84 ID:RxadrowC
幕末における勝ち組は、後の日帝につながるニダ!
幕末が人気あるのはけしからんニダ!

って考えてるやつがいるんだろ。
現に、戦国時代でも文禄慶長の役で大活躍した島津なんて
ネタに事欠かないのにいつまでたっても大河等でやらないじゃないか

185 :日曜8時の名無しさん:2007/03/23(金) 19:50:12.15 ID:ooUHi32E
幕末に関しては時代が近いこともあって「謎」が少ないからね。
戦国時代は「謎」も多いから人々の想像をかきたてる。

186 :日曜8時の名無しさん:2007/03/23(金) 20:00:52.95 ID:asBTTbRZ
謎があるから脚色しやすいのか>戦国

187 :日曜8時の名無しさん:2007/03/24(土) 15:54:43.35 ID:xE+Fz0u9
謎がありすぎて脚色でも補いきれない平安朝

188 :日曜8時の名無しさん:2007/04/01(日) 12:35:12.08 ID:qA4YYSTC
age

189 :日曜8時の名無しさん:2007/04/01(日) 14:35:50.48 ID:l16BLOQ7
幕末あたりからウヨサヨが関連してきてつまんないからだろ

190 :日曜8時の名無しさん:2007/04/02(月) 02:40:27.62 ID:3FrwLJss
そんな単純に割り切れないわけだがw 攘夷を唱えて開国。開国を唱えて
攘夷。そのへんの揺れも面白いんだが、分かりにくいから不人気なのかな。

191 :日曜8時の名無しさん:2007/04/02(月) 09:46:29.59 ID:R7DXGf3R
>幕末あたりからウヨサヨ

何だこの馬鹿はw

192 :日曜8時の名無しさん:2007/04/02(月) 22:51:21.60 ID:dt96hFQr
幕末もので一番すきなのが、花神。たしか長州藩の医者けん後の陸軍創設者
大村益次郎!!靖国神社の銅像のお方が主人公。今思えば登場人物が多数でストーリー
も複雑だったが、よく理解できて面白かった。あれで幕末ものにはまった。



193 :日曜8時の名無しさん:2007/04/02(月) 22:55:01.03 ID:i/NrTYPl
幕末ものは、子孫がまだ生きてるからね。
悪く描いたりするとクレームが来たりする。

194 :日曜8時の名無しさん:2007/04/02(月) 22:59:09.44 ID:Auw6IdtY
>>192
そのへんの主役がまさに、開国を唱えて一時攘夷でしたな。福沢諭吉
に揶揄されて逆にキレたりしてw 面白かったね。

195 :日曜8時の名無しさん:2007/04/02(月) 23:03:34.73 ID:Auw6IdtY
ちょっと違うな、訂正。蔵六は、声高に開国を唱えるような能弁な男
ではなかったねw 開国の必要性を充分理解し得る学識を持ちながら、
敢えて長州人として外国人に舐められないよう一時攘夷、って感じだね。

196 :日曜8時の名無しさん:2007/04/03(火) 00:53:29.27 ID:aX0kDBGT
うん、花神はいかった。「飛ぶが如く」とかも悪くなかったなぁ。
何気に佐藤龍馬は俺の中では、一番イメージ合ってたし。

197 :日曜8時の名無しさん:2007/04/03(火) 12:47:56.76 ID:7c23s9m9
幕末が面白いのは様々な身分の人たちが主人公になりえること。欧米列強の
圧力の下、他のアジア諸国が植民地化されていく中、日本だけが独立を保ちながら
近代国家を作る過程が描かれていて、日本人として誇らしい気持ちになるからだ。
混乱の闇の中に明治の光が見えるから。特に司馬遼太郎原作の英雄物語は大河ドラマに
打ってつけだ。だが、私個人の好みでは、成長するにつれ山本周五郎のような庶民を
描く作家が好きになったので、司馬遼太郎に興味がなくなったと同時に大河ドラマも
あまりみなくなった。

198 :日曜8時の名無しさん:2007/04/03(火) 13:28:14.43 ID:gJW+LZ7p
幕末は戦争じゃなくてほとんど政治だからな
戦国はゲームとか漫画っぽいから人気

199 :日曜8時の名無しさん:2007/04/04(水) 06:09:08.62 ID:CU0bDdBQ
ようべつに「花神」の最終回アップされてたね。
大村益次郎(村田蔵六)が長州の狂犬に切られてシーボルトの娘ハーフのイネに介抱されている
場面や吉田松陰の処刑される場面や四国連合艦隊に攻撃されて絶体絶命の長州藩。講和条約で高杉晋作が
ひこ島租借を蹴るところや皆がオランダ語を夢中になって勉強してるところとか。
あれは面白かった。
女子高時代司馬遼太郎に嵌って「花神」「世に潜む日々」「将軍」「峠」「坂本竜馬」「燃えよ剣」「跳ぶが如く」
など読み漁ったがこれで幕末観は形成された感じ。
確かに多いねNHK大河。
「坂の上の雲」もやるし(石光真清の城下の人三部作も読んだので非常に期待してる。)
幕末は複雑怪奇な政治抗争とか植民地にされそうな日本のぎりぎりの綱渡りみたいな背水の陣の外交とか
面白い。外国の研究者も言ってたけれど追い詰められて優れた人間が沢山現れた時期だし。

戦国は国取りゲームが面白い。幕末の英雄は教養人で無私の人多く個人の野望よりは組織の為犠牲になるが
戦国は己の野望を実現する為戦う単純なところが爽快。
ある意味日本人は組織の人間だが戦国時代は個人主義が日本史上一番強かった時代だそうだ。
自由都市堺や海外の日本人町やキリシタンや一向一揆など国家の後ろ盾ないそれぞれ独自の勢力が競い合って
女の農民も戦ったしユニークな時代。


200 :日曜8時の名無しさん:2007/04/04(水) 08:19:38.56 ID:mOxFVmBP
翔ぶが如くは好きな人は好きだけど原作との互換性はほとんど
無いのはなぜなんだぜ?
まあ河野敏鎌のうんこ放り投げをいきなりやられても困るが・・・


201 :日曜8時の名無しさん:2007/04/04(水) 10:37:27.34 ID:3nhAJyEk
複数の原作入ってるよね。花神に、花神と世に棲む日日が入ってるようなモンか。
主役が大久保・西郷ってことで代表タイトルになったんじゃない?
翔ぶ・・は原作読んでないから互換性は分からんが、随所に匂わすとこ
出て来なかったのか? 竜馬がゆくのエンディングをそのまま大久保が
喋ってるとこは分かった。

202 :日曜8時の名無しさん:2007/04/06(金) 21:15:41.28 ID:dUBcU0+9
原作は
明治以後のはなし
神風連の乱が1カットなのはまいった
OPの原作クレジットに「竜馬がゆく」が入っていたのはたしか

203 :日曜8時の名無しさん:2007/04/07(土) 09:35:01.06 ID:vfW7HZcI
>>200
司馬先生は何気にスカトロ好きだから困る

204 :日曜8時の名無しさん:2007/04/07(土) 20:50:39.12 ID:1fQ594OR
「あの時のガキがこんなに立派になって…」
っていうのも大河の楽しみのひとつだろうけど
幕末モノだとせいぜい開国前後からの10数年程度
だから人物に成長が見られないんだよな

これが戦国モノだと大抵半世紀近くはやるから
子が親になる過程も描けて、いろんな世代が
共感できるドラマができるわけで

205 :日曜8時の名無しさん:2007/04/07(土) 22:18:46.87 ID:f2YM1697
国盗りは描けても政治ドラマが書けないからね、今の日本人には。
70年代までの邦画界で誰かに任せれば良かったのに。

206 :日曜8時の名無しさん:2007/04/07(土) 22:28:00.08 ID:0BxFin8o
開国だの尊皇攘夷だの統幕だのいうようなイデオロギー的なものはウケないってことかな。
あと単純にサムライが活躍した時代劇がいいんだと思う。
戦国時代でも商人とか文化人が主人公だったらウケないだろうし。

207 :日曜8時の名無しさん:2007/04/08(日) 01:21:17.13 ID:Klwlb314
>>206
つ「黄金の日日」

208 :日曜8時の名無しさん:2007/04/08(日) 21:07:41.24 ID:jvsRpmU6
なんで幕府統合しちゃうんだよw イデオロギーを唱えてると思っちゃう
ことじたい徳川幕府末期を分かってねぇじゃねぇか。戦国時代だって、
信長は倒幕で謙信は佐幕だっちゅうにw

209 :日曜8時の名無しさん:2007/04/09(月) 02:32:46.26 ID:80Z11orv
歌舞伎に時代物と世話物とある
これに例えてみると
明治時代は大娯楽時代劇−時代物として描くには現代へのしがらみが大きすぎ、
現代の一般人の感覚視点から描くドラマ−江戸時代当時の世話物
として描くには時代懸かりすぎている
作劇の題材としては非常に取り扱い辛い物なのではないか

210 :日曜8時の名無しさん:2007/04/10(火) 01:50:59.18 ID:m33PLUCr
>>200
逆に考えるんだ。『余談だが・・・』を一々回想やナレで済ますより
いっそ最初から再現した方が手っ取り早いと。

211 :日曜8時の名無しさん:2007/04/11(水) 00:52:25.67 ID:cyONQGgF
阿含宗桐山教祖の逮捕歴

昭和二十七年八月十六日 詐欺容疑、契約違反の容疑で逮捕
警視庁西新井署

十二月手形詐欺容疑で逮捕
千葉県松戸署

二十八年八月 酒税法違反 私文書偽造容疑 逮捕
警視庁防犯課

二十九年 三月酒税法違反 私文書偽造に対する第一審判決
五月入所
十月東京高裁酒税法と私文書偽造により有罪


212 :『鳥羽源 と愉快な仲間達 ep@18武士との戦い』:2007/04/11(水) 14:15:44.42 ID:rKICjOu+
【鳥羽源三郎 信州某藩剣術指南役 尊王攘夷十八武士を上意討ち】

信州某藩の剣術指南番の家柄に生まれ、若い頃、三年間、江戸に留学して神田お玉ケ池の千葉周作の門に入り、
免許皆伝となった。かなりの腕であったようだ。
鳥羽源一郎といい、のち、浪人して桐山家に入り、桐山姓となった。
この源三郎が、明治維新に際し、勤王佐幕の争いで、二人の家中を斬った。殿様の命による上意討ちであった。
源三郎は二百五十石の上士で、佐幕派であった。 (中略)
何回か出撃して、全部で十八人斬った。そのうち、じっさいに源三郎が手をかけたの
は、二人だったという。 (中略)
しばらくして、藩論が急変して、勤王派が天下をとった。勤王派のクーデターが成
功したわけで、そうなると、殿様などというものは、いいかげんなもので、今度は、
源三郎たちが佐幕派の上意討ちの対象となった

213 :日曜8時の名無しさん:2007/04/11(水) 17:37:10.09 ID:Z95w1tys
るろうに犬歯んやればいいよ

214 :日曜8時の名無しさん:2007/04/16(月) 15:19:07.56 ID:DUwCRwal
>>204
松下村塾や適塾関連でやれそうじゃない?

215 :日曜8時の名無しさん:2007/04/16(月) 16:25:02.67 ID:0UH0Djb4
天保の水野の失政あたりから丹念にやればすむ話

216 :日曜8時の名無しさん:2007/04/16(月) 18:19:46.03 ID:7YAJc1lZ
東郷平八郎 広瀬武夫 など明治 軍人物もそろそろ解禁してもいいのではないか?

217 :日曜8時の名無しさん:2007/04/16(月) 21:36:47.39 ID:CILEroDu
>>215
そこに皆が知ってる面白エピソードが乏しいと
本題に入る前に脱落者が続出する

218 :日曜8時の名無しさん:2007/04/16(月) 22:20:21.04 ID:1wRaVAKF
戦国と幕末をつなぐものとして、
ここは、ひとつ風雲児たちを本当の大河としてやってみたらどうだろう。

219 :日曜8時の名無しさん:2007/04/16(月) 22:48:06.07 ID:q5N2mWaK
包丁人味平

220 :日曜8時の名無しさん:2007/04/16(月) 23:07:35.15 ID:n5R8J+mC
>>218
初っ端が葵の使いまわしで
最終回は新選組の使いまわしか。

221 :日曜8時の名無しさん:2007/04/17(火) 02:06:06.47 ID:hkeAho/O
そこまでやらなくても田沼時代を中心にやってくれれば

222 :日曜8時の名無しさん:2007/04/17(火) 08:28:22.28 ID:tceNYuvF
乱があってこその大河だからな
太平の世には興味なし

223 :日曜8時の名無しさん:2007/04/17(火) 10:18:56.02 ID:gDJNx54e
木曽川の治水工事に鹿児島県民が涙する

224 :日曜8時の名無しさん:2007/04/17(火) 10:33:01.81 ID:vFwBC8B8
高知弁とか聞きたくないし

225 :日曜8時の名無しさん:2007/04/19(木) 21:48:25.41 ID:+vsvfhnJ
せっかく剣術が盛んになった時期だというのに
剣劇の面白さが活かせないのが残念


226 :日曜8時の名無しさん:2007/04/25(水) 18:31:59.27 ID:iQYqxPHA
戦国時代
http://hobby9.2ch.net/sengoku/

227 :日曜8時の名無しさん:2007/04/28(土) 07:59:25.68 ID:CL2XQCOT
4

228 :日曜8時の名無しさん:2007/04/29(日) 12:21:22.61 ID:Xjb/ChlN
斉藤一が主役でドラマ作ってくれ。

229 :日曜8時の名無しさん:2007/04/29(日) 12:24:43.98 ID:wmIVtARz
第一話、女学校の会計庶務係が過去を回想するところから始まるのか?

230 :日曜8時の名無しさん:2007/04/29(日) 13:25:01.58 ID:/CehkY3n
>>229
壬生義士伝原作で斉藤一主役なら。
毎回、居酒屋のオッサンと永倉をドッキングさせて、
臨時警官藤田五郎と池田七三郎がカウンターで
会津の地酒を飲み買わせる場面でスタート、
回想に切り替わる。

231 :日曜8時の名無しさん:2007/04/29(日) 15:36:13.60 ID:7Uq+Aybm
幕末編、西南戦争編、るろうに剣心編の3部作で

232 :日曜8時の名無しさん:2007/04/29(日) 17:48:51.23 ID:tAqxcsp4
幕末の話は爽快感が全く無い。

233 :日曜8時の名無しさん:2007/04/29(日) 18:46:06.52 ID:Q9m35qa8
戦国の勝者徳川は色々問題はあっても300年近い泰平の世を作ったが、
明治維新の勝者薩長の末路はあの調子だったからな。

234 :日曜8時の名無しさん:2007/05/01(火) 02:54:22.89 ID:U2zJxoNK
んなこと言ったら、薩長も色々あってひどかったが、富国強兵を一応
成功させ、植民地化されなかった功績はあると思うぞ。長州のキチガイ
エネルギー、薩摩の団結力がなければ維新は遅くなってた。

235 :日曜8時の名無しさん:2007/05/01(火) 11:08:33.86 ID:Lio+vOT3
植民地化され革命が起こり
実際の戦死者と同じくらいの死人が出ていただろうな。
あるいは実際は外に向けられたヒステリーが国内に向けられ
カンボジアや北朝鮮よりも酷いことになっていたかもしれん。

236 :日曜8時の名無しさん:2007/05/01(火) 16:10:34.41 ID:MYUt8lvb
家康も薩長も功績はあるだろう。罪も当然それなりに。文明の発達による
世界の狭まり、世界史的情勢が異なる時代を比べてもしょうがない。
薩長の罪のほうをリアルに感じてしまうのは、時代が近いせいもあるだろう。

237 :日曜8時の名無しさん:2007/05/06(日) 16:26:38.28 ID:Dka8UBcM
どうしてもどっちにも事情があって悲劇があって・・・ってつくりになるからね。
戦国ものもそうなんだがあくまで大名家と軍隊が主役になってることが多い
のである程度の割り切りができる。

戦略シミュレーションゲームとアドベンチャーゲームぐらいに命に対する価値
が異なると思う。

238 :日曜8時の名無しさん:2007/05/06(日) 21:59:58.42 ID:PsgOTHwD
>>235
まあそもそも戦時中の軍隊のヒステリックな行動を持ち込んだ張本人が薩摩だったりするんだが。

239 :日曜8時の名無しさん:2007/05/11(金) 07:48:58.25 ID:B4Tn3Puu
age

240 :日曜8時の名無しさん:2007/05/11(金) 18:11:21.99 ID:lhRbCfyB
勘助の時代から暫くして南蛮人がやってきてフィリピンはスペインの植民地に。
インカ帝国は滅亡。秀吉は九州遠征でキリシタン大名が貿易の利の為イエズス会に領地渡してるのを見て
驚愕。強い警戒心を抱き後のキリシタン撲滅につながっていくわけだけどインドや
新大陸や東南アジアの運命考えると感無量だな。
幕末も危なかったがこの頃の日本は傭兵として優れていて白人達は利用もしたが恐れても居たらしい。
オランダは出島に閉じ込められイギリスは自ら撤退。ポルトガルもスペインも進出諦めた。
実際勘助や青木みたいなのが生身の刀ぶら下げてうろうろしてた当時の日本は危なくて白人達はスルーしたのかな。
(実際平和になると浪人対策大変で島原の乱も戦慣れした浪人と刀狩以前の火縄銃扱うの旨い百姓達に散々手こずらされてるから。)
戦国は面白い時代だね。

241 :日曜8時の名無しさん:2007/05/12(土) 18:40:45.51 ID:npRD8dAT
>>240
しかし割とそういう海外事情を意識した
戦国大河って少ないんだよな
あくまで日本国内のドンパチのみって言うか

早く統一政権ができて国をまとめないと
外国に乗っ取られる恐れがあったのは
戦国時代も幕末も変わらないのに

242 :日曜8時の名無しさん:2007/05/13(日) 18:42:51.90 ID:1836880Z
アメリカがなくてロシアがまだ脆弱なことが大きいんじゃないかな
幕末はロシアとアメリカに対処する必要があって開国したようなもんだし

243 :日曜8時の名無しさん:2007/05/14(月) 00:38:14.13 ID:qdk5JazO
やっぱ極東という位置がデカイよ。幕末あたりはかなりヤバイけど
それでもサムライとの内陸戦は躊躇した。戦国と幕末は変わるよ、
やっぱ。蒸気船もない時代に、青森から九州まである程度武装した
領主がひしめく日本列島を植民地化するのは無理。遠すぎる。

244 :日曜8時の名無しさん:2007/05/14(月) 13:58:05.47 ID:FJR5Y0hd
文禄の役(1592年)で朝鮮を侵略して、朝鮮人に酷い事をした日本軍司令官の子孫が、
韓国を訪問して日韓友好の為に謝罪してますよ。

【日韓】壬辰倭乱日本軍総司令官17代孫「先祖の代わりにお詫びします」[07/05/14]
http://news21.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1179113338/
dat落ちミラー http://p2.chbox.jp/read.php?host=news21.2ch.net&bbs=news4plus&key=1179113338&ls=all

宇喜多秀家の子孫、韓国で先祖の不徳を謝罪
http://news23.2ch.net/test/read.cgi/news/1179112103/
dat落ちミラー http://p2.chbox.jp/read.php?host=news23.2ch.net&bbs=news&key=1179112103&ls=all

 


245 :日曜8時の名無しさん:2007/05/14(月) 14:52:26.40 ID:3MSbjcfV
「黄金の日日」は自由都市堺の商人ルソン助左ェ門や強盗石川五右衛門や僧兵で鉄砲の名手の善住坊が信長や秀吉に対抗して
生き生きと描かれて良かったね。
初の海外ロケをフィリピンでやって日本人町とかバテレンとか教会とか国際的だった。主人公のヒロインも堺の商人の娘。
信長の長島の一向一揆殲滅や比叡山焼き討ちや自由都市堺が堀を埋められ独立性を失ったり秀吉の宣教師磔や利休の切腹など
有名なエピソードをうまく主人公達に絡ませて楽しかった。
最後は独立独歩の反体制な主人公達は秀吉に歯向かって終焉を迎える。
石川五右衛門は大阪城の秀吉の暗殺を企て失敗して釜茹でにスナイパー善住坊は秀吉狙撃を失敗して鋸引きに主人公は堺に火をつけて貿易船で日本脱出。
永久に祖国を捨てた。
大航海時代の一つの時代が終わった。ってナレーションが印象的で異色の大河だった。
出てる人も歌舞伎界と状況劇場という反体制なアングラ劇場からとヤクザ映画「仁義無き戦い」の悪役商会からメインの3人を引き抜いてきた。
状況劇場はよく警察とトラブル起こしていたのに唐十郎と妻の在日朝鮮人の女優を出演させバテレンの外国人やフィリピンの俳優など異色の組み合わせで面白かった。
またああいう大河つくればいいのに。
当時のNHKは反骨精神いっぱいでぎらぎらした放浪時代の野生の獣のような勘助だったが今は飼いならされておとなしくなってる勘助だからだめかな?


246 :日曜8時の名無しさん:2007/05/14(月) 16:51:12.17 ID:Ksz9kc1r
今の時代に黄金の日日やると、「有名なエピソードに主人公を無理やり出すな!」
「呂宋助左衛門と石川五右衛門と杉谷善住坊が親友?無理有りすぎ」
と史実厨で大荒れだろう。

247 :日曜8時の名無しさん:2007/05/14(月) 19:05:02.71 ID:csUngwHU
関西弁じゃなかったな


248 :日曜8時の名無しさん:2007/05/18(金) 02:51:35.24 ID:Mq52tKw7
>>247
堺の商人たちが関西弁しゃべってたら
あの素晴らしき高橋信長は
「みゃーみゃーにゃーにゃー」言わなきゃいけないじゃないか!
そんなのダメだw

249 :日曜8時の名無しさん:2007/05/18(金) 06:51:17.89 ID:rIQE1xD+
日本兵と戦って捕虜になった経験を持つ元アメリカ兵が書いた歴史娯楽小説「将軍」がアメリカで
ベストセラーになり、三船敏郎出演でアメリカ人監督が映画化してTVで放送されたね。
原作読んだが日本に偏見もってるが力は認めていたようだ。
家康や彼のイギリス人のプロテスタントの家臣とカトリックのイエズス会宣教師の対立などが描いてあった。
三成がフランキー堺。名前は変えてあるが。
作者は外国人だから日本の封建制度よくわからないようだった。
あとケイン・コスギの父親がアメリカにいたとき監督し出演した大航海時代を題材にした映画や
キリシタン大名大友宗麟を題材にした映画など戦国時代は面白い時代だからネタにことかかない。
小説ではスペイン軍と日本の海賊兼貿易商の傭兵の侍が戦う話(史実にもとずいている。)とか
いろいろあるけど映画化したら面白いよ。
前に韓国が製作した朝鮮出兵を題材にしたドラマBSで放送されていた。
日本軍まったくの悪役で加藤清正が朝鮮王子を捕虜にしてた。
山田風太郎の「降倭変」とか日本側からみた朝鮮出兵を描いてほしいな。
明と朝鮮から鬼のように恐れられた島津や李舜臣出てくるよ。
「独眼竜政宗」で少し描写あったけど。


250 :日曜8時の名無しさん:2007/05/29(火) 00:37:51.92 ID:nz18/rSQ
age

251 :日曜8時の名無しさん:2007/06/30(土) 14:24:16.25 ID:X26XjY0n
幕末ものはドラマより小説で読むほうがよい

252 :日曜8時の名無しさん:2007/06/30(土) 14:58:38.47 ID:p4nMdfj+
幕末は変な思いいれを持っている人が多くてつまらいんだよ。

253 :日曜8時の名無しさん:2007/06/30(土) 16:00:48.41 ID:/uZM3W2K
戦国のほうがおもしろいんだよ。
民間企業に勤める会社員にとっては群雄割拠な戦国時代のほうが
自分達の会社に当てはめて考えるからおもしろい。
幕末や政府といった立場の大河だと公務員向けみたいでウケない。
戦国時代を大河で取り扱うのが多いのは日本の社会、経済に当て
はめたほうが見る側のタメになるからだそうだ。


254 :日曜8時の名無しさん:2007/06/30(土) 16:28:01.31 ID:V3z62UTB
>>253
山本勘助に学んで「ビジネスは詭道なり」ってやってる会社も多そうだなw
グッドウィルやミートホープってそうか。

255 :日曜8時の名無しさん:2007/06/30(土) 16:40:39.06 ID:p4nMdfj+
良くビジネス誌で豊臣秀吉に学ぶ○○とか
上杉謙信に学ぶ○○とかやってるよね。
時代背景違うのにな・・・と思いながら広告読んでるんだけど。

256 :日曜8時の名無しさん:2007/06/30(土) 16:48:39.71 ID:LRoZcj/r
時代背景が同じだと思って読んでるヤツがいたら、お目にかかりたいものだ

257 :日曜8時の名無しさん:2007/06/30(土) 19:35:10.18 ID:ivJO6Bax
織田信長とかにはあまり学んでほしくないなあ

258 :日曜8時の名無しさん:2007/06/30(土) 22:55:29.10 ID:YGa6braG
徳川家康が大ヒットしてプレジデント系な取り上げられ方してた時
本田宗一郎が「経営の真理が家康なわけねーだろ」と言ったらしいけどw

259 :日曜8時の名無しさん:2007/06/30(土) 23:42:31.12 ID:FMHvxjFx
>>255
俺も下らないというか、無粋だと思う。オヤジどもには受けるのかも
しらんが。歴史なんて興味深くて楽しいから見たり読んだりする、でいい。
普通に経済学・経営学勉強しろって思うw

260 :日曜8時の名無しさん:2007/07/01(日) 00:19:03.29 ID:J2ikq2af
歴史から学ぶべきものは経営とかとは別次元だと思うな。
そのあたり勘違いすると(例えは悪いが)田中角栄みたいな馬鹿がいっぱい湧いてくる。

261 :日曜8時の名無しさん:2007/07/01(日) 10:12:50.63 ID:wvViaRU7
武田信玄や徳川家康に学ぶ点は多いと思うけどね。
特に家康に関しては260年もの間、比較的治安の良い
社会を築いてきたわけだし。

262 :日曜8時の名無しさん:2007/07/01(日) 11:16:21.58 ID:J2ikq2af
徳川家康=格差社会の手本

263 :日曜8時の名無しさん:2007/07/02(月) 09:05:44.17 ID:ngOviZcp
学ぶといっても、そのまま同じ事をやるという意味ではないだろ

264 :日曜8時の名無しさん:2007/07/02(月) 09:13:09.18 ID:uy6E4VLd
反面教師としてなら誰でもOKだな。

265 :日曜8時の名無しさん:2007/07/03(火) 12:22:40.84 ID:uddzna4Z
どっちも好きだけど、見ていて面白いのは戦国かな。
一部だろうけど死に様に美意識がある。謀略調略も頭脳戦のようで面白い。
幕末は、自分の理想のためとはいえ暗殺の繰り返しで、どこか暗い。

でも最近の戦国は、早すぎた英雄・地方の雄・二番手・三番手まで
主役に添えてて、やりつくした感覚あるなぁ。
国盗物語の信長、秀吉、(個人的には才賀孫市)なんて、もうカッコ良さ
爆発だった。


266 :日曜8時の名無しさん:2007/07/03(火) 12:47:09.82 ID:uddzna4Z
間違えた雑賀だった。


267 :日曜8時の名無しさん:2007/07/04(水) 13:03:32.30 ID:dzqcwBUL
>>255
プロ野球の体罰監督でさえ「○○に学ぶ経営」って書かれるのよりは遥かにマシだと思う

268 :日曜8時の名無しさん:2007/07/04(水) 19:51:09.69 ID:pqVMrufQ
>>258
江戸幕府は重商主義すら捨てた農本主義だからなー。
経営の面では、学べるものは何も無いと思う。
外様大名を改易しても心を痛めない無慈悲・厚顔さは、学べるのかな?

269 :日曜8時の名無しさん:2007/07/04(水) 22:52:22.52 ID:iwU+m+ey
多かれ少なかれ政治とはそーゆうものよ。現代でも「痛みを伴う構造
改革・・・」とか言ってたオッサンいただろう。真髄は変わらねぇw

270 :日曜8時の名無しさん:2007/07/05(木) 09:33:51.74 ID:MCFS6UH1
痛みを伴った改革によって人民は生かしもせず死なせもせずと
トホホ…

271 :日曜8時の名無しさん:2007/07/11(水) 13:09:35.99 ID:cSoWHeNP
ドラマだと戦国時代の戦略とか陣形とか分かりにくいんだよな。
その点ではセンゴクって漫画は面白い。

272 :日曜8時の名無しさん:2007/07/11(水) 13:16:55.29 ID:5yDq/3/R
死ぬまでに一度でいいから大河で聖徳太子をやってほしい

273 :日曜8時の名無しさん:2007/07/11(水) 15:40:22.12 ID:0krtXPjo
 男は基本的に戦争好きだから

 加えて幕末は資料が多く想像力が発揮されにくいのに対し戦国は
 資料も膨大にあるというわけではなく想像力でオナニーできるから

 

274 :日曜8時の名無しさん:2007/07/11(水) 15:51:26.39 ID:hlnPfdWE
風林火山28回 特別予告編

http://www.nhk.or.jp/taiga/index.html


275 :日曜8時の名無しさん:2007/07/11(水) 15:56:02.08 ID:cPUgwHMD
戦国期だって資料は膨大にあるよ
ただ信憑性が薄く講談本の類が殆どだけど

八切止夫先生の「信長殺し光秀ではない」はかなり興味深いよ
へうげものスレで知ったんだけど

276 :日曜8時の名無しさん:2007/07/15(日) 07:09:08.08 ID:n6rp8tJo
>>268
というより、軍事面でだよ。
あれだけ明治維新で薩長軍を苦しめたのも、
江戸幕府の制度による部分が大きいからね。
結局、徳川家も断絶せずにすんだしね。

277 :日曜8時の名無しさん:2007/07/15(日) 21:30:29.40 ID:wAqMV4Qb
戦国時代は相手を攻めなければ自分が攻められる
いわゆる正当防衛の理論で戦が肯定されるけど
幕末は国が一つに纏まらなければ外国に植民地に
される恐れがあったから、国内を疲弊させないよう
戦は最小限に抑えなければならなかった

で、ドラマ的に楽しいのは、やっぱりドンパチ戦が
ガンガンできる方だし

278 :日曜8時の名無しさん:2007/07/15(日) 22:33:05.63 ID:PygmVAmm
幕末は派手さには欠けるけど、結構燃える要素も多い

279 :日曜8時の名無しさん:2007/07/16(月) 00:05:38.88 ID:hO+Mgomj
あくまで個人的な好みだけど、甲冑とか刀、昔の装束が
好きだからってのがあるなぁ。

280 :日曜8時の名無しさん :2007/07/16(月) 00:42:14.88 ID:8d/reHQ3
両方好きだけど、エンターティメント性が高いのは戦国。
戦国は討ち死シーンになりかっこいいけど、幕末は暗殺シーンになりがちでショッキング。

あとやっぱり鎧や兜がかっこ良過ぎる。
鎧や兜がなく、ふんどしに武器だけ持って戦っていたら、戦国ファンなんぞ皆無に違いない。

281 :日曜8時の名無しさん:2007/07/16(月) 08:55:44.02 ID:EnWh9xRM
高杉晋作あたりを主役にすれば、第二次長州征伐で作品が終わるから、後腐れもなくていいんじゃね?
戊辰戦争を描くとどうしても薩長と会津の遺恨の問題を避けられないけど、長州征伐関係で、
北九州の人や島根の人が山口を恨んでいるなんて話聞かないから。

第二次長州征伐は、5000の長州軍が15万の幕府連合軍を破る、日本人好みの小が大を倒す戦い。
作品中で、旧態依然な幕府軍の中にも、近代的な装備を持つ部隊がいた事を明示した上で、
激戦地だった、小倉口と大島口の戦いをメインにすれば、かなりのド派手な激戦が描けるはず。
ただ、日本のテレビは銃撃戦の描き方が下手だからなあ・・・。

282 :日曜8時の名無しさん:2007/07/16(月) 10:05:01.74 ID:IBjlKPIh
俺が思うに、戦国は戦う理由が分かり易い。
領土の拡大や、その先の天下統一。
そんな戦国オンリーの俺からしたら幕末は、戦う理由が、いまいちわからなかった。領土の拡大が目的な訳でもない。
でも、ようやく幕末の戦いが思想の戦い、であるとわかってきた。そしてそれが分かった今、俺は、戦国より幕末の方が好きになった。

283 :日曜8時の名無しさん:2007/07/16(月) 10:19:46.20 ID:KM4LRb3c
>>282
ようやくって、学校で日本史習わなかったの?

284 :日曜8時の名無しさん:2007/07/16(月) 10:25:27.51 ID:eFesFDcy
幕末は佐幕側にも倒幕側にも正義と大義名分がある。
戦国は“勝てば官軍”で正義の味方がはっきりしてたからでは?

まっ、今の歴史観ではどの時代でも敵にも見方にも正義の大義名分があるのは明白だが

285 :日曜8時の名無しさん:2007/07/16(月) 10:31:45.36 ID:RYI2TZ2t
幕府派の自分にとって、幕末はかなりの悔しさが残るから好きじゃない。
戦い方も陰湿で好きじゃない。

286 :日曜8時の名無しさん:2007/07/16(月) 10:41:50.45 ID:sxfkhHW9
そもそもダーティーファイトのない幕末など幕末にして幕末にあらず
江戸時代以降の美化された講談武士観をそのまんま信じ込んだ武士層が
暴走して血みどろの内訌を繰り広げるのが醍醐味じゃねえか。長州薩摩にしても
最後は血まみれの萩の乱や西南戦争に突入するしな。ボコボコにされたとはいえ
ヘタな内訌がなかった会津はまだ敵が外部という点で幸せかもしれない。

287 :日曜8時の名無しさん:2007/07/16(月) 10:42:29.02 ID:wRWXWs1O
>>285
同感。
特に薩長側を主役しちゃったら、もう萎える。
偏見かもしれんが、薩長は志などない、欲得の塊に見えて仕方ない。
特に長州。

288 :日曜8時の名無しさん:2007/07/16(月) 10:46:42.50 ID:wRWXWs1O
あ、戦国は潔いっつーか、武で天下に一直線だったから好き。
幕末は、佐幕派のみ好き。

ひねくれて、汚い薩長は嫌い。

289 :日曜8時の名無しさん:2007/07/16(月) 10:46:48.98 ID:nMHXgJX6
幕府の敗北はもはや歴史の必然だろう。
第二次征長といい錦旗の挙がる前の鳥羽伏見といい
あれだけ劣勢の薩長に負けるなんて
どう覆しようも無いほどに幕府は老衰しきってた証拠だろうな。
>>285
戦とは戦国幕末問わず陰湿です。
ただ幕末はあまりにも幕府側の負けが過ぎる印象が強いからそう思ってしまうのも已む終えないのかもしれん。

290 :日曜8時の名無しさん:2007/07/16(月) 10:48:44.96 ID:wRWXWs1O
>>289
わかりきってるよ、そんなこと。
いまさら説明することか…;;

291 :日曜8時の名無しさん:2007/07/16(月) 10:50:22.84 ID:eFesFDcy
>>285
俺も同感
真の尊王、孝明天皇の御身を考えてたのは慶喜、容保の幕府側
薩長は天皇の権威を利用したに過ぎない。
新幕府を貫く孝明帝を薩摩は最後に・・・・

卑怯とも言われるが幕臣、家臣が壮絶な死をとげて
慶喜、容保の幕府最高首脳は存命することになるわけだが
さすがに父宮が全幅信頼したひとを簡単に切れないと
明治天皇が庇ったのではないかと俺は想像する。

292 :日曜8時の名無しさん:2007/07/16(月) 10:51:00.08 ID:uB94YPWP
天皇が政局に大きく関わるから幕末は扱いづらいんだろ。
ってのは既出?

大久保が最後西郷の残党に殺されて大久保が西郷との幼少期を回想
しながら逝くってのは物凄いドラマチックだと思うんだけどなー。

やってほしいなー。

293 :日曜8時の名無しさん:2007/07/16(月) 10:56:15.33 ID:wRWXWs1O
>>292
明治天皇は、そんなこと考えないよ。
単に、新政府が人材不足だっただけ。
表向きは、新政府は敵・味方だったもの問わず起用したという器のでか〜い考え方だったのよ…ってことになってるけど。

294 :日曜8時の名無しさん:2007/07/16(月) 10:57:32.59 ID:nMHXgJX6
>>291
>孝明天皇の御身を考えてたのは慶喜、容保の幕府側
慶喜の主目的は幕権強化。
政局安定の為には帝なんぞ政治的手段程度でしかなかったと思われ。
その一面開国派幕臣と攘夷論者の孝明天皇との衝突が相次いだんだがな。

>慶喜、容保の幕府最高首脳は存命することになるわけだが
戊辰戦争において
藩主クラスが死罪に処されたケースは一つもありません。
悉くが家老数名の切腹で済まされています。
その点では関ヶ原に比べたら遙かに良心的処置です。

295 :日曜8時の名無しさん:2007/07/16(月) 10:57:39.27 ID:wRWXWs1O
>>293
>>291の間違いね;

296 :日曜8時の名無しさん:2007/07/16(月) 11:06:46.45 ID:eFesFDcy
>>294
そうであってもその慶喜を孝明帝が全幅信頼したのも事実じゃん。
攘夷と言いながら慶喜に説得されたら孝明帝は開国許したんだし。

297 :日曜8時の名無しさん:2007/07/16(月) 11:08:52.97 ID:eFesFDcy
まあ孝明帝の慶喜信頼は慶喜が宮家の血筋の幕府首脳との単純理由からかも知れないが

298 :日曜8時の名無しさん:2007/07/16(月) 11:10:01.94 ID:nMHXgJX6
>>296
朝廷から開国(神戸開港)の許可が下りたのは孝明天皇崩御の後。
つまり死人に口なし状態。

299 :日曜8時の名無しさん:2007/07/16(月) 11:10:39.85 ID:wRWXWs1O
とにかく、薩長よりも佐幕派が燃えると言う事で


300 :日曜8時の名無しさん:2007/07/16(月) 11:10:45.20 ID:uB94YPWP
王政復古の大号令は実に見事なクーデターでしたな。
大久保と西郷の阿吽の呼吸と岩倉のバックアップが功をなした。
その後破壊工作で鳥羽伏見の戦いに持っていった西郷の仕事の早さ。
いやはや見事。


301 :日曜8時の名無しさん:2007/07/16(月) 11:11:59.68 ID:wRWXWs1O
だって西郷、卑怯な藤木やもん。

302 :日曜8時の名無しさん:2007/07/16(月) 11:12:30.40 ID:MUbTEff0
戦国は明るい
幕末は暗い
昭和初期は絶望的に暗い

303 :日曜8時の名無しさん:2007/07/16(月) 11:13:16.61 ID:wRWXWs1O
結局、自害するとこが西郷の爆笑ポイントよねっ♪

304 :日曜8時の名無しさん:2007/07/16(月) 11:14:33.15 ID:wRWXWs1O
>>302
その通りです。
御見逸れしやしたっ

305 :日曜8時の名無しさん:2007/07/16(月) 11:20:15.96 ID:eFesFDcy
>>300
勝てば官軍の皇国史観ではな

西郷の江戸工作など陰湿卑怯以外のなにものでもないわけだが

306 :日曜8時の名無しさん:2007/07/16(月) 11:22:44.68 ID:wRWXWs1O
>>305
もう、いいよ。
おまえの言ってること間違いだらけなんだもん
知ったかやめよー、母さん悲しいっ!!

307 :日曜8時の名無しさん:2007/07/16(月) 11:24:23.28 ID:uB94YPWP
>>305
勝てば官軍とかじゃなくて俺は西郷と大久保が好きだから見事って言ったの!
西郷と大久保が負けてても俺は西郷と大久保が好きなの!わかった?

308 :日曜8時の名無しさん:2007/07/16(月) 11:26:51.66 ID:uB94YPWP
征韓論で下野したせごどんの席をひそかにあけておいた大久保さぁ・・・

その後のいきさつを思うと泣ける・・・

309 :日曜8時の名無しさん:2007/07/16(月) 11:27:28.15 ID:wRWXWs1O
>>307
負けてもって言い切れるんだ……すご……
うちは、佐幕派で新撰組好きだが、勝ってても好きだとは言いきれない
滅びの美学を感じるから好きなんだろうな

310 :日曜8時の名無しさん:2007/07/16(月) 11:30:08.85 ID:uB94YPWP
>>309
確かに新撰組の価値観には滅びの美学が付属してるね。
俺にとって西郷と大久保の価値観は西郷と大久保の友情がすべて。

311 :日曜8時の名無しさん:2007/07/16(月) 11:36:34.81 ID:wRWXWs1O
>>309
あーね。
うちは、あんまし倒幕連中好きじゃないけどわかる気するわ。
近藤さんと土方さんもそうだし。
敵同士でも友情は同じだもんね。


312 :日曜8時の名無しさん:2007/07/16(月) 11:37:20.46 ID:wRWXWs1O
>>310でした
すんまそん 汗

313 :日曜8時の名無しさん:2007/07/16(月) 11:40:03.96 ID:eFesFDcy
>>307
じゃあ俺は慶喜と容保と小栗が好きだし彼らの行動は正しくて間違ってなかったと思う。
長州は反幕で一貫してるし、禁門で痛い目にあってるからこれも逆説的に正しいと思う。
でも薩摩は元々佐幕なのを自己の利害で倒幕に変貌し、天皇を暗殺し、大恩ある坂本竜馬を暗殺し、
鳥羽伏見を引き起こそうと江戸で卑怯な工作をし・・・
これはお世辞にも正しいとは言えないと思う。

別に構わないよな。

314 :日曜8時の名無しさん:2007/07/16(月) 11:41:07.80 ID:uB94YPWP
>>311
でしょ。
大久保が暗殺された時に死体に西郷からの手紙を未だに大事に忍ばせていた
なんていうエピソードは胸をぐっとさせるよ。

315 :日曜8時の名無しさん:2007/07/16(月) 11:43:44.91 ID:uB94YPWP
>>313
俺は正しいなんて言ってねーよ。見事!っていったの。
この違いわかる?

正しくないけど見事!
っていう

316 :日曜8時の名無しさん:2007/07/16(月) 11:45:32.06 ID:wRWXWs1O
>>314
へぇ…知らなかった……
確かにかっこいい

でも、長州は何言われても好きにはなれそうにない。

317 :日曜8時の名無しさん:2007/07/16(月) 11:49:50.03 ID:uB94YPWP
>>316
長州はあんまり詳しくない。
高杉晋作と悪がきども、ってイメージ。
第二次長州征伐で幕府軍を返り討ちにした高杉は普通に凄いと思う。

318 :日曜8時の名無しさん:2007/07/16(月) 11:50:07.60 ID:wRWXWs1O
>>313
戦なんて、卑怯な手を使わなけりゃ勝てないと思う。
悲しいけど、義に厚い真っすぐな男よりも、頭が良くキレて柔軟な男でないと戦は勝てないよ。



319 :日曜8時の名無しさん:2007/07/16(月) 11:53:19.31 ID:5dynXooN
え〜・・ここは一つ間を取って
戦国期細川・三好・松永。もしくは宇喜多直家の
どろどろの謀略・暗殺戦国時代劇ということで手を打ちませんか?

320 :日曜8時の名無しさん:2007/07/16(月) 11:54:31.38 ID:uB94YPWP
>>318
歴史が物語っている。
卑弥呼、源義経、北条政子、豊臣秀吉、徳川家康、大久保利通

歴史の勝者はみんな化け狐みたいな連中ばっかりですな

321 :日曜8時の名無しさん:2007/07/16(月) 11:55:42.21 ID:wRWXWs1O
ドロドロはやだよー。困
戦国だったら、真田の大河が観たい。

322 :日曜8時の名無しさん:2007/07/16(月) 11:59:26.98 ID:mQQr4CNa
女性視聴者から見ると、幕末モノは女性があまり登場せず、
豪華な衣装とか見られないから。
戦国時代だと、お市の方とか、淀殿、細川ガラシャとか、
名だたる美女が出て来て、衣装も豪華。
来年は、女性が主人公で、舞台が大奥だから、珍しく華やかな
幕末モノになるだろう。

323 :日曜8時の名無しさん:2007/07/16(月) 12:00:50.27 ID:eFesFDcy
>>318
平安〜鎌倉〜室町〜戦国〜安土桃山までは
卑怯も戦法のテクニックだったわけだが
江戸期の太平で卑怯は悪とされたんじゃないの?
幕末の幕臣は頑ななほど卑怯であることを嫌った。
まあ卑怯ではなかったが大義名分の辻褄合わせに誤魔化したり右往左往したりはしたんだが

324 :日曜8時の名無しさん:2007/07/16(月) 12:01:43.68 ID:uB94YPWP
佐幕派のトップは慶喜と山内容堂だったわけだがこの二人も中々狸ですよ。

幕府から主権を朝廷に譲って朝廷主導の議会制にしようとしてその議会の出席者
を徳川派で固めて実質の支配権を引き続き握りつつ倒幕派の目的を骨抜きにし
ようとしたんだから。

ただ大久保がそれ以上の狸だったってだけで

325 :日曜8時の名無しさん:2007/07/16(月) 12:03:00.02 ID:5dynXooN
男性も豪華な衣装の大名よりも
小汚い服装の下級武士が主に活躍する話の方が多いかも。
維新前後あたりになると結構豪華な格好する機会も増える筈だけど。

326 :日曜8時の名無しさん:2007/07/16(月) 12:07:35.07 ID:wRWXWs1O
うちも、女だが大奥は好かんぞ。
フジの大奥見てれば十分。
一年使う題じゃないと思うんだけど…
アイドル大河は嫌だな。

327 :日曜8時の名無しさん:2007/07/16(月) 12:08:31.93 ID:uB94YPWP
西田西郷と鹿賀大久保の飛ぶが如くはどうだったの?

328 :日曜8時の名無しさん:2007/07/16(月) 12:11:16.84 ID:wRWXWs1O
>>323
あんた、大丈夫か?
どの世でも卑怯は悪ですが…
大体、坂本暗殺は薩摩藩黒幕説と松平容保黒幕説があるからね。

329 :日曜8時の名無しさん:2007/07/16(月) 12:12:32.30 ID:uB94YPWP
>>326
佐幕派的に勝海舟はどうなの?
佐幕派の革新派。

330 :日曜8時の名無しさん:2007/07/16(月) 12:15:57.84 ID:wRWXWs1O
>>327
ごめん。見てない。
今、17歳なので…。
本格的に大河見始めたのは、「新選組!」が最初っす。

勝は、嫌いではないよ。
むしろ、好きかな。
江戸城無血開城にもってたんは流石だと思う。

331 :日曜8時の名無しさん:2007/07/16(月) 12:20:30.74 ID:uB94YPWP
>>330
組!から入って佐幕派になったわけか。
俺はるろ剣から入って倒幕派になった。

332 :日曜8時の名無しさん:2007/07/16(月) 12:25:42.08 ID:wRWXWs1O
>>331
そーなんだぁ。
なんかさ、女子って新撰組をBLにしたがるじゃん。
友達に腐女子いるんだけど、マジに腹立ってキレそうになる。
敬いの心はないんかな。

333 :日曜8時の名無しさん:2007/07/16(月) 12:27:19.46 ID:XidbGb4t
>>327
二人の友情は確かに描かれてるし
実際面白かった
去年の辻と同じ原作者とは思えないほど
硬派な大河だったし

ただ視聴率20%台はキープしてたから
まずまずだろうけど、当時としては低い方
やっぱり戦国モノには勝てないなという
印象がこの頃から出てた

334 :日曜8時の名無しさん:2007/07/16(月) 12:30:24.28 ID:uB94YPWP
>>332
そりゃいるでしょー。
西郷と大久保をBLにする奴もいるんだから。
ただ俺は腹立つっていうか「おえ・・・」ってなるっていうか。
まぁ新撰組は腐女子の格好の餌食だわな。
ましてや香取と山本耕史と藤原竜也の大河なんかやったら不可避。

335 :日曜8時の名無しさん:2007/07/16(月) 12:32:25.78 ID:uB94YPWP
>>333
ありがとう!
今思うと西郷に西田敏行で大久保に鹿賀丈史って完璧すぎる配役ですな。
実際ちょっと似てる。

336 :日曜8時の名無しさん:2007/07/16(月) 12:32:47.54 ID:Llp0rI4f
>>333
>去年の辻と同じ原作者とは思えないほど

w小説家だって、御大になる前は編集方針によって
娯楽色の強いものを要請されて書いたりするもんだよ。
執筆時の作家の年齢やキャリアによって傾向も
違ってくるしね。

また、娯楽色の強いものと骨太なものを
あえて書き分ける作家もいるしね。


337 :日曜8時の名無しさん:2007/07/16(月) 12:34:39.93 ID:wRWXWs1O
ほっんとに、腐女子は嫌!!
腐女子のおかげで、新撰組好きな女子はみんな腐女子のレッテル貼られるんだよね……。
なんか、当人方に申し訳なくて……

338 :日曜8時の名無しさん:2007/07/16(月) 12:43:11.86 ID:uB94YPWP
佐幕派には悪いが当時の幕府にとって大久保は相手が悪すぎた。

朝廷の親徳川派の二条摂政と組んで公武合体を実現させた徳川や土佐の
連中も凄いが当時少年だった明治天皇を抱きこんで京都御所を藩兵によっ
て二条摂政を出入り禁止にしてその間に王政復古の大号令を明治天皇に発
令させるという強引な手際、後手に回った人間がやる行為とは思えん。

339 :日曜8時の名無しさん:2007/07/16(月) 12:52:40.58 ID:sSvk8acM
「翔ぶが如く」は司馬にしては珍しくお色気シーンの少ない小説だからなぁ。
そのへんが硬派に感じるのかも。
まあデブの西郷と陰気な大久保では濡れ場にならんのだろうな。

340 :日曜8時の名無しさん:2007/07/16(月) 13:02:23.00 ID:XidbGb4t
司馬にとっては幕末から明治にかけてのほうが
戦国よりも思い入れが強いんだろう
「明治という国家」て著書を読んでも維新派佐幕派
双方に賛美の言葉を並べてるし
故に「坂の上の雲」は原作読んだこと無いけど、多分
骨太の大河になってくれることを期待してる

341 :日曜8時の名無しさん:2007/07/16(月) 13:07:22.18 ID:wRWXWs1O
坂の上の雲って大河じゃなくね?
二夜連続じゃないっけ…

342 :日曜8時の名無しさん:2007/07/16(月) 13:12:20.72 ID:uB94YPWP
もっくんと阿部寛とは

なんとまぁこゆい面々じゃないですか

343 :日曜8時の名無しさん:2007/07/16(月) 13:16:56.81 ID:m2aFO6Ar
まっ慶喜側が勝利したとしても慶喜の脳裏に描いていた国家構想は
旧態依然とした幕藩体制じゃなくてルイ・ナポレオンのフランス第二共和制の形態なのは明らかだから刀振り回すだけの武士や無駄飯位の旗本は
どっちにしろ粛清されただろうね、同類士族や新撰組もね

344 :日曜8時の名無しさん:2007/07/16(月) 13:30:36.20 ID:XidbGb4t
>>341
http://live25.2ch.net/test/read.cgi/nhkdrama/1169118276/#tag509

345 :日曜8時の名無しさん:2007/07/16(月) 13:36:42.81 ID:n4NB3XNv
創作を一切廃した戦国時代大河ドラマをやってみよう。

346 :日曜8時の名無しさん:2007/07/16(月) 13:50:01.32 ID:bTUWWNRK
ここまで幕末・維新を語ってきて少しも話題に上らない肥前藩って…

347 :日曜8時の名無しさん:2007/07/16(月) 14:57:40.47 ID:T8rsOdIm
戦国のほうがわあkりやすいから人気があるんだろうな。
幕末を楽しむには戦国を楽しむよりも予備知識が必要だから。

>>332
腐女子はなんでもそういう関係にしたがるからな。
サッカー日本代表関係でさえそんな話を描くんだから。

348 :日曜8時の名無しさん:2007/07/16(月) 15:21:30.55 ID:eFesFDcy
>>328
それを言ったら・・・今年の大河の主役の2人はどうなる?



349 :日曜8時の名無しさん:2007/07/16(月) 15:24:16.21 ID:eFesFDcy
>>329
勝安房守は食えない偽善者だろう。
慶応創始者の福沢と実業家の渋沢は小栗を賞賛して勝を終生卑怯者呼ばわりで非難し続けたとか。

350 :日曜8時の名無しさん:2007/07/16(月) 15:26:30.41 ID:wRWXWs1O
戦国時代は、戦略を立てて敵を突くのが当たり前。
みんなそうでしょ。
ただ、突っ込んでく馬鹿いないっしょ。

351 :日曜8時の名無しさん:2007/07/16(月) 15:27:52.54 ID:wRWXWs1O
>>349
松平容保黒幕説には反論できないんだねww

352 :日曜8時の名無しさん:2007/07/16(月) 15:31:50.43 ID:XidbGb4t
>>346
佐賀の妖怪・鍋島カンソウだっけ
あの人の話か大隈重信&福沢諭吉で
早慶大学誕生物語でもやるか

どっちも1年持たせるの大変そう

353 :日曜8時の名無しさん:2007/07/16(月) 15:54:03.29 ID:uB94YPWP
>>349
確かに端々に勝の性格の悪さが垣間見える記述もある。
そういえばジョン万次郎を新政府から退けたのも勝の意思だとか。
龍馬を過大評価してるのも師である自分の相対評価をあげるためだとか。

354 :日曜8時の名無しさん:2007/07/16(月) 16:02:38.33 ID:eFesFDcy
>>353
龍馬が評価されたのは明治にはいってから長州の木戸の回顧によるんだよね。
実は龍馬は西郷のパシリだったという説を昔NHKでやってたな。

355 :日曜8時の名無しさん:2007/07/16(月) 16:06:13.50 ID:wRWXWs1O
>>354
松平様は?^-^

356 :日曜8時の名無しさん:2007/07/16(月) 16:24:34.32 ID:o6J6TLeF
幕末は資料や写真が残っているからリアルなんじゃない。

戦国時代はいろいろ空想したり人物を美化できるからさ。ファンタジーなんだよ。織田信長や信玄の写真が残っていて醜い顔していたら嫌じゃない。

357 :日曜8時の名無しさん:2007/07/16(月) 16:27:45.16 ID:wRWXWs1O
いやじゃ。

土方さんは、かっこええ。

358 :日曜8時の名無しさん:2007/07/16(月) 16:35:58.43 ID:eFesFDcy
>>356
伝何やら像って下絵を元に制作するので
間違いなくそのひとであるなら割合正確らしいぞ。
神護寺の伝源頼朝像は一緒にある伝平重盛像と伝藤原光能像
これが等持院の足利尊氏木像と足利義詮木造にクリソツなので
これらは同じ下絵から作られたものなのでしょう。
だったら頼朝と言われているひとは実は足利直義?
ということになるらしい。


359 :日曜8時の名無しさん:2007/07/16(月) 16:41:41.05 ID:uB94YPWP
しかし日本人が書いたペルーの絵と写真を比べるとww

360 :訂正:2007/07/16(月) 16:42:16.81 ID:uB94YPWP
ペリー

361 :日曜8時の名無しさん:2007/07/16(月) 16:46:30.38 ID:uB94YPWP
日本人が描いたペリーw
http://ch.kanagawa-museum.jp/jyosetu/jyosetu04-1.html

362 :日曜8時の名無しさん:2007/07/16(月) 16:49:34.16 ID:wRWXWs1O
>>358
なんで、松平様の卑怯さは棚に上げちゃうの?

363 :日曜8時の名無しさん:2007/07/16(月) 16:58:06.50 ID:sSvk8acM
松平松平とうるせえな

364 :日曜8時の名無しさん:2007/07/16(月) 17:12:55.02 ID:wRWXWs1O
ぶっ笑

365 :日曜8時の名無しさん:2007/07/16(月) 22:05:48.01 ID:4nTXuqQF
幕末ねー、黒船が来て薩長同盟ができて倒幕した
って流れなんだけど、西郷と坂本竜馬以外
個人的に燃える部分が見出せないのよね

チラシ裏スマソ

366 :日曜8時の名無しさん:2007/07/17(火) 01:01:43.66 ID:ajrCu4l5
>>322
あと、おね、松、千代のような世話焼き女房、
なかのような肝っ玉母ちゃんとキャラが立っている女性が多いんだよね。
キャラが立っている女性が多いから、戦闘や権謀実数だけでなく恋愛ネタや家族劇を盛り込みやすい。

367 :日曜8時の名無しさん:2007/07/22(日) 13:36:58.36 ID:QI102sjl
>>362
西郷どんの陰湿さが目立つから

368 :日曜8時の名無しさん:2007/07/22(日) 15:28:29.01 ID:t7qmBjTe
NHK大河ドラマで漫画るろうに剣心を実写でやればまた違った人気が出るんじゃ無い

369 :日曜8時の名無しさん:2007/07/22(日) 16:40:17.35 ID:c73sHcSG
>>366
確かに戦国は女性キャラが立ってるよな。
源平もそうなんだがこっちはもうもともの人気失墜で論外・・・
しばらく戦国ばっかりやるのかなあ、大河・・・


370 :日曜8時の名無しさん:2007/07/22(日) 17:03:43.77 ID:pFUryge0
幕末は結局、幕府方に、慶喜、勝海舟、奥羽の大半の藩とヘタレて腰砕けになったのが
大杉なので対決としてはどうしても中途半端になる。
新撰組や会津、五稜郭、長岡あたりをスポットで取り上げるしか盛り上がる手はない。

371 :日曜8時の名無しさん:2007/07/22(日) 17:10:15.81 ID:uZlhEbO5
女性の地位が実際一番低かったのは江戸→明治大正昭和だからなあ

372 :日曜8時の名無しさん:2007/07/22(日) 21:37:08.74 ID:1UzmZbQZ
>>366
まあ、幕末の女性は基本的に平和で封建性の時代の女性だから
キャラが立つほどの個性はスポイルされてしまうのは仕方がない。
それでもおりょうやおうの、勝の妹で象山の妻の順子みたいな奔放キャラ、
寺田屋お登勢や坂本乙女といった男気キャラ、
幾松、唐人お吉の芸者系、篤姫、和宮のお姫様系と
探せばいくらでもいるハズなんだけどね。

373 :日曜8時の名無しさん:2007/07/23(月) 08:46:52.92 ID:aCn5j6w8
>>371
あんたは、いつの時代から生きて世の中を見てきたの?

374 :日曜8時の名無しさん:2007/07/23(月) 12:37:16.15 ID:5UAwBJBx
>>367
西郷どんはじつはひきこもりニート癖あり、すぐすねる

375 :日曜8時の名無しさん:2007/07/23(月) 13:34:33.99 ID:n+kR672n
373は平成の女が一番迫害されていると言わせたいらしい

376 :日曜8時の名無しさん:2007/07/23(月) 14:29:20.93 ID:ycYHVKAf
幕末(近代史)って学校で熱心にやらない。大化の改心なんて読むだけで充分(アホ臭

377 :日曜8時の名無しさん:2007/07/23(月) 14:37:07.24 ID:OSybMvyM
幕末はまだ血生臭いからな。薩長、会津など国内
でも遺恨ひいてしまうし。大河の慶喜とか個人的には
激動の幕末物は好きだったけど。戦国時代だから信長
でも英雄になれるしな。

378 :日曜8時の名無しさん:2007/07/23(月) 17:33:39.33 ID:fuHL/LqW
日本史の授業て長すぎてペース配分間違えて
明治辺りからgdgdになっていくイメージあるなあ

379 :日曜8時の名無しさん:2007/07/23(月) 17:44:14.22 ID:uSTx/mVx
>>378
あるある。俺なんてちゃんと近代史勉強し始めたの社会人なってからだよ。

380 :日曜8時の名無しさん:2007/07/23(月) 18:11:03.51 ID:SotZXL0+
高校卒業した後に司馬遼太郎を読んで近代史が好きになったわ
さっさと読んでおけば苦労しなかったのにな
ジョン万次郎タンハァハァ

381 :日曜8時の名無しさん:2007/07/25(水) 02:11:24.55 ID:8G3hctX5
>>369
源平の場合、後半が悲惨だからな。
義経にしろ平家にしろ奥州藤原氏にしろ、最後は一族郎党滅亡。
だから前半の栄光の時代だけみて、もういいやってことになりやすい。

そう考えると、最後まで生き残って天下取った北条政子が
源平大河で一番平均視聴率が高いのもうなづける。

382 :日曜8時の名無しさん:2007/07/25(水) 04:03:21.18 ID:6pK08av9
そうかねぇ。新撰組もそうだし、赤穂義士もそうだけど、案外
日本人って悲劇好きだと思うが。

383 :日曜8時の名無しさん:2007/07/25(水) 12:31:10.69 ID:4jkYAmK4
>新撰組もそうだし、赤穂義士

彼らは反権力の象徴という点で持て囃される。
楠木正成や真田幸村・国定忠治とかそう。
つか庶民のお上嫌いの性質から生まれた印象だが。

384 :日曜8時の名無しさん:2007/07/25(水) 12:39:59.05 ID:RdStqaOJ
奥州藤原以外は源平は反権力って感じではないな。

385 :日曜8時の名無しさん:2007/07/25(水) 15:37:10.10 ID:HljrgPoz
そうね。反権力ってちょっと広すぎだし、断定しすぎ。
それに、楠木正成はどっちかつうとお上側だと思うけど。

386 :日曜8時の名無しさん:2007/07/25(水) 15:45:37.95 ID:bCRfH3HG
新選組だって思いっきり体制側だわな。
大政奉還(王政復古)以降はむしろ滅びの美学で
反権力・反体制という感じじゃないし。

387 :日曜8時の名無しさん:2007/07/25(水) 18:21:58.85 ID:o/r/nB0j
しいて言えば明治になった途端、ひっくりかえって反権力でしょ。
それだけ薩長が強権的だったわけだから。まあどうでもいいことだけどw

388 :日曜8時の名無しさん:2007/07/26(木) 01:27:59.10 ID:Gqp89eJn
新撰組の人気に権力、反権力はあんまり関係ないと思う

389 :日曜8時の名無しさん:2007/07/26(木) 09:21:18.10 ID:k3n1ax4c
薩長って結局、自分達が目立ちたかっただけだろ
尊皇なんて口だけだし、攘夷もぼろぼろ
汚らしいもの見たくもないな

390 :日曜8時の名無しさん:2007/07/26(木) 11:09:53.54 ID:LEeV+ekr
>389
>尊皇なんて口だけだし、攘夷もぼろぼろ
それ言い出したら幕府なんて、
攘夷なんぞ孝明天皇の機嫌を取り繕うだけの口だけだし、その実質もぼろぼろ
当初から朝廷を牛耳って開国路線を一貫して取れなかったヘタレ
その上公武合体・諸侯連合体制から突如幕府独裁と路線変更をする汚らしい組織だよな

391 :日曜8時の名無しさん:2007/07/26(木) 12:27:50.98 ID:k3n1ax4c
>>390
だから幕末もんは嫌いなんだと・・・

392 :日曜8時の名無しさん:2007/07/26(木) 13:57:11.90 ID:8cZkZlaH
いまだに薩長だ幕府だでムキになる奴が多いことも問題だなw<幕末

393 :日曜8時の名無しさん:2007/07/26(木) 15:55:40.93 ID:k3n1ax4c
>>392
俺は薩長が嫌いなだけで、幕府が好きなわけでもないよ

394 :日曜8時の名無しさん:2007/07/30(月) 07:58:58.03 ID:mp1CN5CP
ボロボロだかナンだかしらんが、政治だからいんじゃね? 維新をやろう
と先陣切ったのが薩長。明治になって藩閥のマイナスはあったけど、
維新がなかったら列強の植民地になってた可能性は大だし。結果的に
日本に+だったと思うので、幕末は嫌いじゃないな・・・と俺は考える。
目立とうとしただけだろ、イヤ〜、という発想はなかったわ。新鮮だw

395 :日曜8時の名無しさん:2007/09/04(火) 23:27:40.58 ID:9H3j9FDc
未だに幕府vs明治政府はある
未だに江戸幕府関係者は薩長を憎んでいます
現政府に対してクーデター起こそうと模索している
反社会的組織に関わっている人たち全て江戸幕府ゆかりの方々

396 :日曜8時の名無しさん:2007/09/05(水) 00:14:16.47 ID:KImS6W/d
幕末は興味ねえw

397 :日曜8時の名無しさん:2007/09/05(水) 10:22:48.48 ID:Civh717V
どーでもいい

398 :日曜8時の名無しさん:2007/09/13(木) 16:19:26.97 ID:QKQa+uWx
じゃあ次は榎木で
北海道を盛り上げよう

399 :日曜8時の名無しさん:2007/09/13(木) 18:08:17.25 ID:Ke8ASM3c
榎木って誰やねんw

400 :日曜8時の名無しさん:2007/09/13(木) 23:19:50.60 ID:ljUEMdYj
ファミスタ方式だなw
実名でやると関係者がうるさいらしいから。

401 :日曜8時の名無しさん:2007/09/23(日) 14:41:27.04 ID:6uQB6Zvj
戦国はライトなファンが多いから人気があるように思える。
幕末オタはとにかく熱いのが多い。そして戦国よりソフトが売れる。
まあ視聴率が取れるのは戦国でしょう。

402 :日曜8時の名無しさん:2007/09/24(月) 01:08:00.72 ID:Dk1CFjxJ
祖先が維新に関係していると勘違いしている馬鹿(とくに田舎者)が多いからねえ。

403 :日曜8時の名無しさん:2007/09/24(月) 13:44:09.82 ID:1cj0sXGk
>>401
維新のほうがソフトが売れるってのは意外だな。
ゲームなんかだと維新ものは全然売れないみたいだが。

404 :日曜8時の名無しさん:2007/09/25(火) 03:48:01.29 ID:ewjWfMov
維新は奇跡。日本社会自体が自ら生き延びようとして各地から傑物を呼び出したようにしか思えない。個々人は高揚感の中でどんどん使い捨てられていったというか。幕府側の人間たちにも、大手術が進行していく最中の患者のような心持ちの者が多かったと推測したりする。
そのエネルギーの沸き上がり方は神秘的だ。「花神」篠田三郎の吉田松陰は好きだった。戦国も幕末も、全体としてのテンションの高さの神秘性がある。(おっと興奮しちまった)

405 :日曜8時の名無しさん:2007/09/25(火) 03:59:55.18 ID:ewjWfMov
名場面
ようつべ「花神」井上聞多/東野英心の「日本の武士がどんなモンか…」http://jp.youtube.com/watch?v=iJ8NLo4HTN8


406 :日曜8時の名無しさん:2007/09/25(火) 18:28:04.58 ID:8mDnUqXL
>>404
まったくその通り

407 :日曜8時の名無しさん:2007/09/25(火) 19:11:51.29 ID:lXht5BGZ
久しぶりに見たよ〜。
原作の司馬遼太郎の「世に潜む日日」「花神」「峠」「最後の将軍」「人斬り伊蔵」
など全部を読んだが、これらをうまくミックスした秀作だね。
脚本家は有名な大河の常連の大野靖子氏だね。
彼女みたいな戦中派は、山崎豊子氏や永井路子氏もそうだが、俯瞰的に合理的に政治を捉えていて
戦争体験者だけあって、武将や底辺の兵隊の気持ちもわかる、戦場の匂いのする硬派な脚本家だな。

火吹き達磨の偏屈な日本陸軍の父の大村益次郎(村田蔵六)と、混血のシーボルトの娘イネとのプラトニックラブや、
ガットリング砲で薩長に立ち向かった河井継ノ介や、クーデーターを起こした長州藩の高杉晋作なや井上馨や伊藤博文
などの熱血漢の青春群像劇で面白かった。革命期は面白い。
来年の大河も動乱期の幕末だけど、また違う切り口で扱うみたいだけど、年々無骨さがなくなっていく様なので
心配だな。



408 :日曜8時の名無しさん:2007/09/26(水) 08:05:43.11 ID:pfcKCP6z
幕末の勤王かぶれと今のネット右翼がちょっとダブって見える。不遇&大言壮語。幕末だって空理空論に終わってたやつがほとんどだったろうし。ただ命がけかどうかの違いはデカいけど。

409 :日曜8時の名無しさん:2007/09/26(水) 08:21:46.67 ID:Mno3E8IE
>>408
ネットの匿名性に隠れてコソコソやってるやつらと一緒にするな

410 :日曜8時の名無しさん:2007/09/26(水) 12:24:54.16 ID:LDfdN7kn
勤王とクズを一緒にすんな

411 :日曜8時の名無しさん:2007/09/26(水) 13:56:45.71 ID:ynr21qiG
相楽総三の話が出てくると非常に都合が悪いから
あまりドラマ化されないからでは

412 :日曜8時の名無しさん:2007/09/26(水) 15:37:55.02 ID:sGP56CbY
俺の弟が戦国のゲームに今はまってる。しかも渋く雑賀孫一好き

413 :日曜8時の名無しさん:2007/09/27(木) 01:33:03.52 ID:1AxNsNWt
戦国も幕末も、いい鉄砲たくさん使った方が勝った気がするんですけど。

414 :日曜8時の名無しさん:2007/09/27(木) 07:00:09.97 ID:pRABsas+
>>408
勤皇志士を束ねるだけの技量があったかどうかで
勝敗が決まったんじゃね?
幕府も勤皇だったのに、彼らを取り込めなかったから、
負けたんだと思う。新選組も鳥羽伏見じゃ
たらい回しだったからな...


415 :日曜8時の名無しさん:2007/09/27(木) 08:25:36.17 ID:Hf8QnEii
>>414
幕府は特権意識が強すぎて、取り込む意思なんて最初からないだろ
都合のいいときに利用しようとしただけ

416 :日曜8時の名無しさん:2007/09/30(日) 13:04:05.64 ID:5Y+T+tpH
>>415
それに対して、薩長は勤皇志士が陣頭指揮をとってた
もんな。

417 :日曜8時の名無しさん:2007/10/01(月) 05:43:04.96 ID:qK/Lk0JB
大河で、島津氏をやってほしい。関が原の中央突破は強烈。

418 :日曜8時の名無しさん:2007/10/01(月) 05:43:16.42 ID:qK/Lk0JB
大河で、島津氏をやってほしい。関が原の中央突破は強烈。

419 :日曜8時の名無しさん:2007/10/01(月) 05:48:24.66 ID:qK/Lk0JB
戦国の島津を。

420 :日曜8時の名無しさん:2007/10/01(月) 10:22:48.97 ID:hHWSGuB5
↑俺も観たいけど朝鮮問題あるからムリだろ

421 :日曜8時の名無しさん:2007/10/01(月) 11:48:12.17 ID:eoj98HAJ
120
もっと死者いるだろ?会津やらアイヌ

422 :日曜8時の名無しさん:2007/10/01(月) 11:56:48.67 ID:eoj98HAJ
戦国>>>>幕末>源平>>>(越えられない壁)>>>>>南北朝

423 :日曜8時の名無しさん:2007/10/01(月) 16:30:39.77 ID:aO6yRYWU
南北朝は戦前ではかなりの人気を誇ってた。
いまは知識がない御茶の間では幕末並みに厳しいし馴染みがない。ただあの時代は混沌としまくり逆におもしろい。

424 :日曜8時の名無しさん:2007/10/01(月) 16:50:10.90 ID:7JhxkbyB
個人的に大河ドラマ歴代ベスト1は『太平記』だな。
ただ他に南北朝を舞台にした出来の良いドラマや映画ってあまり思いつかない

425 :日曜8時の名無しさん:2007/10/01(月) 17:34:41.93 ID:ZG8rH0eO
>>424
出来の良し悪しを考えなくても
南北朝を舞台にしたドラマや映画自体が少ないし。
つか大河の「太平記」以外思いつかん。
大映あたりを丹念にチェックすれば長谷川一夫が正成やっててもおかしくはないけど。


426 :日曜8時の名無しさん:2007/10/02(火) 19:08:33.22 ID:3G1ENuEq
正面から天皇をきちんと描いて、時代考証も確かで歴史になるべく忠実なのは、「太平記」だろう。
タブーに挑戦したせいで局内では「たいへん記」とあだ名されたくらい、天皇描写に神経を使い、
途中でスタッフが交代したり、後醍醐天皇役の歌舞伎役者が病気になったり、いろいろ大変だったらしい。

いまは、「風と雲と虹と」のような天皇に反逆した朝敵の平将門や「太平記」の
足利尊氏をとりあげたりする、骨のあるPはいなくなってしまった。
「黄金の日日」でも当時警察とバトルを繰り返してた反権力の象徴のアングラ芝居の
状況劇場の根津甚八や唐十郎や李礼仙(在日朝鮮人)などを登場させたし、挑戦的な冒険主義者だった。
いまは官僚主義の事なかれ主義に陥ってる感じだ。
でも今年の配役はいいがね。



427 :日曜8時の名無しさん:2007/10/10(水) 01:07:19.02 ID:dkXw8bS4
関が原で負けた毛利島津が260年後に恐ろしい勢いで徳川に逆襲し、中でも
島津の敵中突破の異様な気迫はその展開を予告していたというストーリーは、
出来すぎの感はあるが考えるたびゾクゾクする。

428 :日曜8時の名無しさん:2007/10/10(水) 01:16:39.80 ID:mSsmPDx+
幕末は史実劇としては面白いけど、未だ生臭い部分が残って
いるんだろうね。実際まだ薩長とか会津にしこり残してる
人も居そうだし。


429 :日曜8時の名無しさん:2007/10/10(水) 01:36:10.53 ID:uLpshonF
>>427
>関が原で負けた毛利島津が260年後に恐ろしい勢いで徳川に逆襲し

そんなレベルの話よりも、鎌倉時代から両氏が存続している、ということの方がゾクゾクする。

430 :日曜8時の名無しさん:2007/10/11(木) 00:41:52.12 ID:1noJTmet
それはべつにだな。

431 :日曜8時の名無しさん:2007/10/11(木) 00:46:45.67 ID:1noJTmet
江戸時代毛利氏
「新年の会において、家臣より「今年は倒幕の機は如何に?」と藩主に伺いを立て、それに対し「時期尚早」と藩主が答えるのが毎年の習わしだったという。」
この話好き。

432 :日曜8時の名無しさん:2007/10/11(木) 03:48:09.64 ID:wkOIL+2g
地方の争いが今も根付いてるから

433 :日曜8時の名無しさん:2007/10/11(木) 07:46:10.64 ID:rgU6Db04
>>428>>432
良く言われてるけど、それは主要因じゃないな
当事者なんて極一部の地方住民だけなんだし
それ以外の人達は無関心なだけ

遺恨が全国に広まってるぐらい深いなら
余計に興味津々で皆見るはずだし

>>431
「花神」で高杉晋作が言ってた「幕府がある東に足を向けて寝る」
ってエピソードも面白かったな
関が原の恨みは凄いもんだと思った

434 :日曜8時の名無しさん:2007/10/11(木) 09:17:14.38 ID:EpUxVLx4
獅子の時代で会津の遺恨を描いてるだろ。菅原文太が斗南藩に飛ばされて雪の中で痩せた土地に這いつくばり「こんな土地じゃ生きていけねぇ」とか言ってなかった?
まぁ本気で遺恨が残ってるのは津軽と南部だろ。弘前や五所川原のスナックに行って南部地方の言葉を使うとボコボコにされるらすぃ。
北東北戦国大河はムリポ…見たいケド。

435 :日曜8時の名無しさん:2007/10/12(金) 01:05:14.06 ID:ALqx4QzC
どこでそういう嘘八百を仕入れてくるのやら

436 :日曜8時の名無しさん:2007/10/13(土) 01:24:22.75 ID:XeTqIOiX
吉田松陰の塾生の話をしてほしいが…

437 :日曜8時の名無しさん:2007/10/13(土) 22:39:00.21 ID:wfQa5Era
塾生大量死w先生もw

438 :日曜8時の名無しさん:2007/10/14(日) 01:42:47.17 ID:nGDed0Qf
幕末物は地元がブーイングされるから好きじゃない。

439 :日曜8時の名無しさん:2007/10/14(日) 11:45:49.86 ID:8j606bR0
>>422
忠臣蔵はどの辺に入る?

440 :日曜8時の名無しさん:2007/10/14(日) 12:15:00.72 ID:9yZwmFVc
   ●
( ^-^)ノ 
(ヽ へ
< ●

441 :日曜8時の名無しさん:2007/10/14(日) 15:10:19.40 ID:7bsxBeu9
幕末はつまらん
いっそ坂本龍馬も長宗伽部元親の家臣であった方がよかったくらい

442 :日曜8時の名無しさん:2007/10/14(日) 15:36:32.29 ID:eThzTNyB
東北は中央集権への恨みは結構あると思うよ。
友人が東北には、河北新報という有名な新聞社があるが、あの名前は明治政府が
河北以降は一山三文と馬鹿にしたから、反骨精神でつけたと言っていた。
会津に観光に行っても、小学校教育から白虎隊や悲劇は語り継がれてるし、
たった150年前の出来事なんだね。
「炎立つ」も東北出身の作家で、大和朝廷と辺境の対立を描いていた。

443 :日曜8時の名無しさん:2007/10/14(日) 15:50:46.10 ID:Ds+DHPpr
大河
→役者が方言覚える必要ない。
維新
→役者が方言覚える必要ある。視聴者も聞き取りづらい。田舎くさい。

444 :日曜8時の名無しさん:2007/10/14(日) 18:57:28.67 ID:5q8aU9z4
?


445 :日曜8時の名無しさん:2007/10/14(日) 19:34:34.05 ID:RjD7Hesb
まぁ東北の有力者はほとんど中央や関東から派遣されてきた人間ばかりだから恨みないだろ別に。会津が薩摩長州に恨みあるかも知れんが。

446 :日曜8時の名無しさん:2007/10/14(日) 20:50:32.43 ID:O/S6wDjC
群雄割拠じゃない。
天下取りを狙うような野望を持った英雄がいない。
鉄砲ばっかで冷める。

こんなとこかね。新撰組は好きだけど。

447 :日曜8時の名無しさん:2007/10/14(日) 21:12:22.97 ID:heBleiPC
要するにマイナーなんだろ
面白い人物なんていっぱいいるけどな

448 :日曜8時の名無しさん:2007/10/14(日) 21:27:06.02 ID:UXHx33Rk
中途半端に史料が数多く残ってるだけに
ドラマ的に面白くできるようなフィクションを
戦国より盛り込めないのも幕末の泣き所だと思う

449 :日曜8時の名無しさん:2007/10/14(日) 21:50:23.21 ID:bg6KLfch
「幕末を面白くドラマ化しようとしたら、都合の悪い人達が多いから」
「尊皇攘夷思想が扱いにくいから」
「意外に、ド派手なクライマックスに乏しく、大出世してかつ無事天寿をまっとうした大人物にも乏しく、テレビ的には暗いから」

薩長土肥の流れを汲む人達は今でも勝ち組だし、右翼を怒らせたくない
幕末当時は超マジで尊皇攘夷思想がまかり通ってたけど、現代じゃ通用しないので描きにくい
なんか暗いクライマックスや人生の最後が多いんだよなー

450 :日曜8時の名無しさん:2007/10/14(日) 21:57:16.64 ID:+6VA3fTG
戦国の場合は大坂で豊臣が滅んで平和になりました、めでたしめでたしとなるが
幕末の場合は維新→富国強兵→戦争→焦土化だから今のNHKとしては明るく描けないんじゃないか?

451 :日曜8時の名無しさん:2007/10/14(日) 22:03:48.66 ID:RjD7Hesb
いまだタブーとか反戦を引きずってるんだよ。

452 :日曜8時の名無しさん:2007/10/14(日) 22:13:18.26 ID:heBleiPC
見たいかは別として
旧幕派でその後民権運動に投じる人の生涯とか
明治暗黒史観の左翼チックな方々にもうけそうだけど。


453 :日曜8時の名無しさん:2007/10/15(月) 00:13:19.81 ID:xay9SW+S
織田信長の存在だと思う
日本史の人物でこれほど劇的で神がかり的な人物はいない
他は日本人の枠の中で理解できるが、こいつだけは常人では理解不能
アレクサンドロスやナポレオン並みにミステリアスだよ
戦国時代も信長がいなければクリープの入っていないコーヒーというオチかな


454 :日曜8時の名無しさん:2007/10/15(月) 01:59:58.97 ID:9wqhKg0R
>戦国の場合は大坂で豊臣が滅んで平和になりました、めでたしめでたし

それって普通の認識?
信長 中世の破壊 南蛮貿易 秀吉 安土桃山文化
的なダイナミズムが、秀吉の死後どんどん灰色に塗り固められていったって印象が一般的かと思ったんだけど。
維新も、なにも昭和までつなげなくても、日露戦争までで「すげえがんばった」って印象なんだけど。

455 :日曜8時の名無しさん:2007/10/15(月) 15:10:12.48 ID:4LlS8XDr
そんなものは歴史をどこで切るかによってどうにでも変る。
少なくとも250年近く大きな内乱も外敵による侵略も引き起こさなかった徳川政権は、
「普通の認識」かどうかはともかくも平和な時代であったことは大方の意見にはなるだろうな。
身分制度、社会制度で内乱どころか反抗すらできない貧乏くじを引いた農民等にとってはいい迷惑だけど。



456 :日曜8時の名無しさん:2007/10/15(月) 15:56:40.39 ID:wBm4cnOR
チンピラふぜいの若造が天下国家を語る図式がウザいからでしょ
大学紛争を懐かしむ団塊世代と今や同じ匂いでしかない、敬遠されても当然
それに活躍する面子が四国・九州・山口の人間に偏りすぎてて関東人にも関西人にも面白くない


457 :日曜8時の名無しさん:2007/10/15(月) 16:24:09.33 ID:maoBdxBp
ついでにじゃっとんだのもすだのごすだの薩摩弁が非常にウザイ
あんなもの聞かされるのは非常に苦痛。
あと、洋装にチョンマゲとか格好が馬鹿すぎる。

458 :日曜8時の名無しさん:2007/10/15(月) 16:46:47.56 ID:11SDATBB
桶狭間から豊臣滅亡までの流れが良すぎる。

459 :日曜8時の名無しさん:2007/10/15(月) 17:18:32.23 ID:9IbY/pSu
やっぱ、分裂混乱していたものを統一した「天下統一」ってのがすごいのでは。これはかなり深層的根本的。
維新は、いわば政権交代レベルだから。劇的ではあるけど。

460 :日曜8時の名無しさん:2007/10/15(月) 18:05:09.53 ID:oead1UTj
>>453,454
信長マンセーは日本史の素人w
秀吉が死んで灰色ってw戦乱が終わってめでたしだろ
明治から天皇崇拝がはじまるからドラマにしにくいんじゃね

>>456
>関東人にも関西人にも面白くない

龍馬は信長に次いで人気者でしょ?
幕末で人気なのは
海援隊の坂本龍馬、新撰組の土方歳三、奇兵隊の高杉晋作、
松下村塾の吉田松陰などの早死にして
明治期に栄達しなかった人たち

まあ、鹿児島山口の人が活躍してもいいんじゃね
戦国は三傑信玄謙信などの東日本出身ばっかなんだし

461 :日曜8時の名無しさん:2007/10/15(月) 21:55:55.81 ID:mSVVsu+p
453,454,460あたりのスレから幕末が不人気の理由が解るよな。
幕府のヘタレぶりは言うまでもないが、不人気の原因は薩長側にもある。
つまり所詮、維新は「菊の御紋」の権威を利用して達成。中立派を寝返らせ、幕府側の戦意を失墜させた。
そういうのは日本人が大嫌いなパターンだからなw
それが証拠に、朝廷の権威に一番縁のなさそうな竜馬が断トツの一番人気。
朝敵だった窮地の長州を救った高杉が二番人気だからな。
逆に、孝明天皇を暗殺?して幕府を朝敵にするのに成功した岩倉具視は不人気・・・というかほとんど無視されてるよな。
実際は竜馬より、維新の貢献度は大きいかもしれないのにw

信長が大人気なのは、最終的に朝廷をも凌駕しとうとしたスケールの大きさを多くの歴史ファンが感じたから。
幕末は時代がまだ生々しい、戦闘が大砲一発でつまらないという理由もあるが、戦国より魅力がないのは上の理由が最大だろう。






462 :日曜8時の名無しさん:2007/10/15(月) 23:30:45.98 ID:yByL8lu7
>維新は「菊の御紋」の権威を利用して達成
実際は錦旗の挙がる前から幕府軍のボロ負けで
その戦功によ朝廷が薩長を官軍と認めた結果、錦の御旗が掲げられたんだよな。
それを幕軍寄りの小説とかだと
「当初は幕府軍が勝っていたにも関わらず、錦旗が現れたことにより戦況は一変した」
なんて脚色をよく目にしたもんだ。

463 :日曜8時の名無しさん:2007/10/15(月) 23:34:51.24 ID:yByL8lu7
長篠合戦の織田軍の鉄砲=鳥羽伏見の錦旗
のように大衆には呑み込みやすいワードではあるんだろうな。

464 :日曜8時の名無しさん:2007/10/16(火) 01:18:26.74 ID:OhwJnVGC
岩倉さんが大好きだったのは
500円紙幣の顔になっていた時期だけ。

465 :日曜8時の名無しさん:2007/10/16(火) 02:52:38.36 ID:1nACyZUZ
>>460
>信長マンセーは日本史の素人w
>秀吉が死んで灰色ってw戦乱が終わってめでたしだろ

素人から一言。
戦国のめでたしめでたしは秀吉の天下統一ってのが素人戦国ファンには多いと思いますが。
玄人さんには信長はさほどじゃないんでしょうかねw

466 :日曜8時の名無しさん:2007/10/16(火) 06:20:32.90 ID:ivuWOZ45
信長はスケールのでかい麻原彰晃だからな

467 :日曜8時の名無しさん:2007/10/16(火) 10:50:02.70 ID:MkZSi4Af
秀吉は今で言えばホームレスが総理大臣になったようなもんだからな。
日本最大のサクセスストーリーがつまらないわけがない。

468 :日曜8時の名無しさん:2007/10/17(水) 01:30:07.74 ID:QjNtt1iS
>>460
>つまり所詮、維新は「菊の御紋」の権威を利用して達成。中立派を寝返らせ、幕府側の戦意を失墜させた。
>そういうのは日本人が大嫌いなパターンだからなw
>それが証拠に、朝廷の権威に一番縁のなさそうな竜馬が断トツの一番人気。

その割には朝廷の権威を利用するだけ利用した源平や織豊徳に比べて
朝廷の意向に反した、あるいは全く無視した奥州藤原や後北条がいまいち人気のないのが残念。

469 :日曜8時の名無しさん:2007/10/17(水) 02:14:12.13 ID:g/0ROenE
小さいころ見た「風と雲と虹と」平将門=加藤剛と藤原純友=緒方拳、よかったなー。緒方拳大好き。朝廷のない日本ってのもいいかもなーと思ったりする。深くは考えてないよ。

470 :日曜8時の名無しさん:2007/10/17(水) 02:18:47.62 ID:g/0ROenE
で、織田信長は、朝廷なしの世界を垣間見せてくれたところがすごいとこ。ただ、それを断固阻止する力も日本の強さだとも思ったりする。

471 :日曜8時の名無しさん:2007/10/17(水) 03:50:07.82 ID:UduAGG1K
>>468
後北条は好きなんだが終わりがな。
小田原評定なんて話が残ってるだけに辛いわ。

472 :日曜8時の名無しさん:2007/10/17(水) 04:03:14.91 ID:nvwndV4Z
信長秀吉家康の流れなんてドラマそのものだろ

473 :日曜8時の名無しさん:2007/10/17(水) 14:36:33.28 ID:FMhfNr+s
だがもういい加減飽きた

474 :日曜8時の名無しさん:2007/10/18(木) 01:30:12.65 ID:pvM+HDYn
「そのとき歴史が」で会津戦争とりあげてたが実況は大いに盛り上がっていたが、
だんだんイデオロギーの話になって荒れ気味になった。
容赦なく女子供まで非情に虐殺する薩長軍が、この間のフィリピンのマニラ市街戦のアメリカ軍みたいで
玉砕自決主義の頑固一徹な会津藩が追い詰められた日本軍そっくりだった。
近代はやはり暗いテロとか陰謀とか(菊の錦の御旗捏造とか)クーデターとか局地戦が多く
イメージが明るくなく暗い。清清しさがなくロマンがない。

そのあと石見銀山の毛利氏の話らしいが、戦国のほうが近代の思想のしがらみとかなくて
個人の純粋の国盗り物語でロマンがあるかもしれない。


475 :日曜8時の名無しさん:2007/10/18(木) 02:22:58.83 ID:WvXi91OI
伊勢長島で信長は2万人以上の男女を焼き殺したし、叡山焼き討ちもあるしね。ロマンっていうのがあてはまるのかね。
まあ、戦国のほうがすさまじいとはいえる。維新はごく短期間の出来事だし。

476 :日曜8時の名無しさん:2007/10/18(木) 02:35:49.96 ID:pvM+HDYn
徳川慶喜が政権を早めに放り出したおかげで、内戦が短くて植民地を免れたのは
徳川太平250年の間に日本人も洗練されて利口になったからだろう。
宣教師の奴隷売買や、本願寺や一向一揆の民衆虐殺や、日本人町や、朝鮮出兵など
ダイナミックですさまじい事があるから、よけいピカレスクロマンがある。

477 :日曜8時の名無しさん:2007/10/18(木) 02:42:12.10 ID:DAj0ZXjh
ウッドベキアは未だに「その時歴史が動いた」が好きなんだな。
それに、あいかわらずぶっ飛んだ妄想の数々。

478 :日曜8時の名無しさん:2007/10/18(木) 11:44:51.76 ID:loEDBCcc
後北条氏は時代背景が複雑だから
劇画化されていない分どーしても知名度が低くなりがち。


479 :日曜8時の名無しさん:2007/10/18(木) 14:49:12.02 ID:OzJ4H8NO
劇画が判断基準とは若干情けない

480 :日曜8時の名無しさん:2007/10/22(月) 02:06:27.48 ID:82ulWd9Z
戦国時代も幕末です

481 :日曜8時の名無しさん:2007/10/22(月) 03:31:13.65 ID:8leqbrVP
手塚治虫の『シュマリ』や『日だまりの樹』なんかをドラマ化したら面白いかも

482 :日曜8時の名無しさん:2007/10/22(月) 11:52:06.85 ID:s4q2VgVC
太平洋戦争開始〜ポツダム宣言受諾くらいまでをやって欲しいが無理だろな。


483 :日曜8時の名無しさん:2007/10/22(月) 12:51:41.04 ID:/+jtpFq8
なぜ戦国時代より三国志の方が人気なのか?

484 :七資産1970:2007/10/22(月) 13:05:54.54 ID:k1uqWCW0
幕末は
イデオロギーの話がからむから
ウケが悪いのかな
恩讐もあるし

戦国は
もうお伽話だから

485 :日曜8時の名無しさん:2007/10/22(月) 15:27:29.37 ID:W6zfv/VM
>>482
「山河燃ゆ」でやってるけどね。

486 : ◆oGyLfG3oI2 :2007/10/22(月) 18:13:52.35 ID:IFpWmf/z
戦国時代は三英傑がらみのエピソードが沢山あって面白いからなんじゃない?
山内一豊のように、三英傑に仕えた武将もいれば、三英傑に喧嘩を売った武将も居るわけだし。

487 :日曜8時の名無しさん:2007/10/22(月) 19:37:00.32 ID:hUpYyVgK
幕末なら高杉晋作がハチャメチャでおもしろいのだが。
吉田松陰の弟子だがイデオロギー臭がない。
関が原のやりなおしだと言っていたつまり幕府を倒したかっただけ。
高杉についていた土佐の田中光顕が「自分たちは倒幕、倒幕といって騒いでいたがまさかあの幕府が倒れるとはおもわなかった。朝起きるとまだ生きているのが不思議だった。幕府とは当時天地そのもののようだった」という意味の言葉をのこしている。
やりたい放題のデタラメで天地そのもののような幕府がひっくり返ったのだから痛快だと思う。


488 :日曜8時の名無しさん:2007/10/22(月) 20:24:28.08 ID:AMcgDtDG
例えて言えば戦国は高校スポーツ、幕末は大学スポーツだろうか
高校はそれぞれの地区代表戦なんでどこの勝負でもそれなりに楽しめるが
大学はその学校や選手に特別な思い入れがないと今いちのめりこめない

私立大出身の家族が正月の大学駅伝で盛り上がってるのを
一人横目でシラけながらおせちをつつく地方国立大の俺・・・・

489 :日曜8時の名無しさん:2007/10/23(火) 10:59:10.67 ID:z/iqqTT8
つまり、高卒以下はお呼びじゃないと…

490 :日曜8時の名無しさん:2007/10/23(火) 11:19:48.46 ID:3W58MS8n
戦国は日本中戦闘モードだったからじゃない?幕末は基本お家大事の風見鶏。

491 :日曜8時の名無しさん:2007/10/23(火) 11:47:47.97 ID:LRu06gPZ
幕末は鉄砲と大砲でほぼ戦局がきまっておもしろくない。さらに思想がややこしくて歴史を少しだけかじった奴にはよくわからん。
戦国は刀に槍に甲冑に馬と日本武士の昔からの戦いで人から武器、甲冑兜にいたるまで、特徴がでてておもしろい。
だからそれに近い三国志も人気あり、戦国〉三国志〉幕末なんじゃね。


492 :日曜8時の名無しさん:2007/10/23(火) 21:15:03.83 ID:HDCnFrN8
幕末でも奥羽越列藩同盟を深く掘り下げれば少しは面白いだろ


493 :日曜8時の名無しさん:2007/10/23(火) 22:52:41.08 ID:5dRn31qN
幕末は正直ちっとも興味が湧かない。印象が暗すぎるからだと思う。
会津戦争とか悲惨すぎて・・・。後味悪すぎなんだよ。ありゃ薩長が恨まれてもしかたない。
戦国時代もアレだが、あきらかにやらなきゃやられる時代だから仕方ない感がある。


494 :日曜8時の名無しさん:2007/10/23(火) 23:09:57.41 ID:o9RCw7dm
早乙女貢とか星亮一だかの小説の読みすぎだろ

495 :日曜8時の名無しさん:2007/10/23(火) 23:16:20.17 ID:5n7Wxgy/
会津なんぞ讃えるべきところは無い
戦略から自領内の焦土作戦に降伏のタイミングといい最悪。むしろ最高の反面教師と見ても良い。
奥羽越で一番賞賛すべきは庄内藩。

496 :日曜8時の名無しさん:2007/10/23(火) 23:35:47.83 ID:HDCnFrN8
庄内藩、長岡藩、南部藩はそこそこ善戦したね

松平容保、河井継之助、酒井吉之丞、楢山佐渡、榎本武揚

と話を繋げていけば1年続くと思うが

497 :日曜8時の名無しさん:2007/10/24(水) 00:06:37.34 ID:LtFw4T7b
奥羽越列藩同盟はたしかにもっと取り上げてほしいね

498 :日曜8時の名無しさん:2007/10/24(水) 13:21:44.72 ID:GY2QA491
地元の老人ホームにボランティア行ってるもんだけど、
施設の70〜90代には「鞍馬天狗」や「月形半平太」なんかの幕末映画は人気あるよ。
近藤勇も桂小五郎も、利用者さんたちにはチャンバラヒーローだし。
幕末は悲惨な歴史の記憶が生々しいから、年寄りにはウケないってのは本当なのかな。
ちなみに地元は静岡で、旧幕臣の静岡県士族の家って人も普通にいるけど
映画見ても史実の薩長は〜なんて話は聞いたことない。

499 :日曜8時の名無しさん:2007/10/24(水) 16:48:11.48 ID:zCpQMa9L
いまにして思えば太平洋戦争終結時が東日本は旧ソ連西日本はアメリカ
と別々の統治のもと二つの国家に分離するよいチャンスでした。
分離しなかったことで今日まで禍根をひきずることになりました。
東日本と西日本という民族的にも心情的にも相容れない者どうしで
ひとつの国家を形成するという悲劇がつづいているのです。


500 :日曜8時の名無しさん:2007/10/24(水) 22:08:58.71 ID:o+qjmYu3
かんべんしとくれ。
北海道出身ですが、スターリンに占領されてたかと思うと…そこは本当にトルーマンありがどう。
朝鮮戦争ならぬ「日本戦争」、白河の関が停戦ライン、20世紀一杯かけて統一運動、みたいな。
それはそれで、戦国幕末に並ぶドラマ…って、ぞっとしますわ。

501 :日曜8時の名無しさん:2007/10/24(水) 23:50:42.73 ID:ZgZoNwRE
東日本と西日本に分裂していれば東日本の首都はまちがいなく
会津になっていたはずです。
松平の子孫を元首とし奥羽列藩民主主義人民共和国が成立していたでしょう。
会津による日本列島統一を国是とする民主主義人民共和国です。

502 :日曜8時の名無しさん:2007/10/25(木) 00:03:40.40 ID:t0LEWIFr
>>487
高杉晋作の頃は、圧倒的に幕府有利・長州不利の時代だったから面白いと思う
主人公が若くしてこの世を去るから、ムリな老人メイクをしなくてすむ
結果的には小倉戦争に勝利してハッピーエンドだけど、志半ばで倒て愛人に見守られて
死ぬのだから、日本人好みの終わり方だよね


503 :日曜8時の名無しさん:2007/10/25(木) 02:38:31.61 ID:6NH6EfjK
>>501
むり

504 :日曜8時の名無しさん:2007/10/25(木) 03:10:57.47 ID:d91QuZBm
「花神」で吉田松陰や高杉晋作や村田蔵六(大村益次郎)や奇兵隊は
詳しく描いたからもうお腹いっぱい。
「とぶがごとく」では薩摩藩の大久保と西郷と西南戦争。
「獅子の時代」では薩摩と会津の確執と自由民権運動。
「徳川慶喜」「竜馬がゆく」など幕末は十分に描いたと思うけど、また
幕末だね。

505 :日曜8時の名無しさん:2007/10/25(木) 06:03:13.33 ID:2nLpiZkW
>>499
分離はおいといても
お互い考え方が他の国って感じはあるな。

506 :日曜8時の名無しさん:2007/10/25(木) 20:45:02.33 ID:vJptqawr
>>505
そんなもんどの国にも大なり小なりあるわい。

庄内藩は山形県人としては誇りだね。もっとも清河関係で最近知ったんだがな。

507 :日曜8時の名無しさん:2007/10/26(金) 10:42:22.64 ID:hf2jFGok
薩長に義なんかねえだろ

508 :日曜8時の名無しさん:2007/10/26(金) 11:08:43.46 ID:AcBmr55r
まあこうして大河が楽しめるのも平和だからで、ほんとに終戦末期に日本分割案が
でたのは前スレで、言ってる人がいたように事実だし、実際終戦になってるのに日本軍を
攻撃して目の前の北方領土も占領されており、たびたび漁船が拿捕されてる。

東北・北海道がソ連領で21世紀かけて統一運動ってSFにもあったけど、自分もぞっと
するね。幕末も戦国も民族同士の内戦で、家族同士も敵味方になって戦ってるからドラマがあるね。

509 :日曜8時の名無しさん:2007/10/26(金) 12:03:57.48 ID:YuucoXcR
>>504
今度の「篤姫」は主人公が後半以降政局の中心から外れた江戸にずっと居るってのがどう出るかだな
小松を京の主人公代理にするとはいえ「そうだ京へ行こう」が合言葉の幕末モノではどうなるか

510 :日曜8時の名無しさん:2007/10/26(金) 12:05:04.48 ID:pB2S1aQ3
そこは、主人公が味噌屋の女将に化けて京都潜入ですよ。

511 :日曜8時の名無しさん:2007/10/26(金) 17:36:58.84 ID:cNwT/nhm
泉ピン子と肉体交換ですよ

512 :日曜8時の名無しさん:2007/10/26(金) 23:53:09.37 ID:QY3WVrIO
>>508
ウッドベキア晒しアゲ

513 :日曜8時の名無しさん:2007/10/28(日) 22:05:40.68 ID:MFHIEalQ
>>501
白川の関がベルリンの壁か
経済格差考えても北海道東北が旧東ドイツと被るな

514 :日曜8時の名無しさん:2007/10/28(日) 23:29:43.11 ID:LCbviugm
ワシは長岡のガトリング家老が官軍をバッタバッタと打ち倒すシーンが見たいだけじゃ

515 :日曜8時の名無しさん:2007/11/02(金) 00:36:07.28 ID:5Jz2B70T
幕末物は鉄砲と大砲ばっかで面白くないって意見がちょくちょくでるけど、
それならそれで銃撃戦の描写にに力をいれたらいいんじゃなね?
長岡藩とか、第二次徴収征伐の小倉戦争、鳥羽伏見でも伝習隊と薩軍が激しい
銃撃戦をやってる。
予算の問題はあるだろうけど、アメリカの南北戦争物を参考にして。






516 :日曜8時の名無しさん:2007/11/03(土) 18:56:11.29 ID:2CDzNB8L
大砲と錦の御旗って
やる前から勝利が約束されている戦なんて面白くないし
どこも互角の勝負で逆転の可能性も十分あった
戦国群雄同士の戦の方がスリリングで面白い

517 :日曜8時の名無しさん:2007/11/08(木) 17:16:53.47 ID:da+DSGtN
慶喜が悪い

518 :日曜8時の名無しさん:2007/11/19(月) 14:16:49.07 ID:dGsXUQ+P
政変の火中に無い人たちをヤレばいいんだ
誰にとっても動いた時代

519 :日曜8時の名無しさん:2007/11/19(月) 19:56:20.86 ID:kXb+wcpp
日本テレビで昔やった白虎隊や五稜郭はテンション高くておもしろかったけど
あれを一年続けては無理かもな

520 :日曜8時の名無しさん:2007/11/20(火) 21:49:30.34 ID:AD2wWjzr
白虎隊・五稜郭・田原坂…
年の暮れは幕末モノで滅びの美学を
見るのが良いんだよな

521 :日曜8時の名無しさん:2007/11/20(火) 23:20:13.38 ID:GnXmTw7u
>>520
忠臣蔵も12月の定番だね

132 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)