5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【会津】獅子の時代【薩摩】

1 :日曜8時の名無しさん:2007/10/29(月) 19:18:02.57 ID:sTfFrnKO
1980年、昭和55年に放映された『獅子の時代』
初の海外ロケ、ダウンタウン・ファイティング・ブギウギ・バンドによる初のロック・サウンドの導入、映画スター菅原文太あにいの初テレビ出演・・・『初』のテンコ盛り!

ドラマの内容に関しても主人公が幕末、明治維新、明治の反政府事件
すべてに顔を突っ込むような事件テンコ盛り・・・
そして『反政府』『草莽』の人たちからの視線で描かれた異色の作品だったと思います。

語りましょう!

2 :日曜8時の名無しさん:2007/10/29(月) 19:19:49.05 ID:sTfFrnKO
原作・脚本:山田太一
音楽:宇崎竜童
制作:近藤晋


平沼銑次:菅原文太
苅谷嘉顕:加藤剛
もん(小此木美津):大原麗子
平沼千代:大竹しのぶ
平沼鉱造:永島敏行
平沼亨:横内正
平沼玲:香野百合子
平沼もえ:佐々木すみ江
平沼松子:浦辺粂子
平沼助右衛門:加藤嘉
平沼保子:松田美由紀(当時は熊谷美由紀)
苅谷菊子:藤真利子
苅谷巳代治:近藤洋介
苅谷和哥:沢村貞子
苅谷宗行:千秋実
尾関平吉:岡本信人
伊河泉太郎:村井国夫
小此木恭平:市村正親


3 :日曜8時の名無しさん:2007/10/29(月) 19:20:40.72 ID:sTfFrnKO
大槻信春:三田村邦彦
松本英吉:丹波哲郎
金子直八:金井大
村上泰治:役所広司
戸川忠昌:奥村公延
長井敬之輔:北村総一朗
内山看守長:小松方正
畳屋平吉:佐野浅夫
常吉:荒井注
五郎:高岡健二
龍子:岸本加世子
弥太郎:金田賢一  
住田:日下武史 
甚助:大滝秀治



4 :日曜8時の名無しさん:2007/10/29(月) 19:21:17.52 ID:sTfFrnKO
大久保利通:鶴田浩二
西郷隆盛:中村富十郎
山縣有朋:江角英明
伊藤博文:根津甚八
江藤新平:細川俊之
森有礼:中山仁
榎本武揚:新克利
板垣退助:村野武範
高松凌雲:尾上菊五郎
瑞穂屋卯三郎(清水卯三郎):児玉清
岩下左次衛門(岩下方平):神山繁
田辺太一:石田太郎
渋沢栄一:角野卓造
雲井龍雄:風間杜夫
田代栄助:志村喬



5 :日曜8時の名無しさん:2007/10/29(月) 19:22:12.93 ID:sTfFrnKO
文太あにい、鶴田浩二の絡みというのもおもしろかった

6 :日曜8時の名無しさん:2007/10/29(月) 19:23:15.48 ID:8AFcsrzM
あーつーくーーーーもえていきるーーーーー
あわひすとりー あげーーーん

7 :日曜8時の名無しさん:2007/10/29(月) 19:39:05.52 ID:SnizL+rC
「風と雲と虹と」からこの「獅子の時代」までの5年間が、私にとっての大河ドラマ黄金時代なり。

8 :日曜8時の名無しさん:2007/10/29(月) 19:42:41.27 ID:8AFcsrzM
追加で
 徳川昭武 :中村橋之助 セリフはなかった(と思う)
 清国の志士:清水健太郎 なかなかの好演であった 反アヘンの闘志w
 謎の坊さん:笠智衆   チョイ役であった
 剣士   :林邦史朗  銑次に負けていた

9 :日曜8時の名無しさん:2007/10/30(火) 10:34:07.88 ID:aCkPnAdP
OUR HISTRY AGAIN名曲だった。宇崎さんがスキャットだけで歌う
バージョンもよかった。デーモン木暮がテレビ神奈川の宇崎さんの番組に出て
この曲を歌っていた。このドラマが大好きだったらしく
べた誉めしていた

10 :日曜8時の名無しさん:2007/10/30(火) 12:04:14.42 ID:R63ilKwv
ふらんすこく の ぱりい というところに
いってまいりやした

11 :日曜8時の名無しさん:2007/10/30(火) 12:21:56.97 ID:resN4q2+
ラストシーンがかっこよかった
生死不明の平沼銑次

12 :日曜8時の名無しさん:2007/10/30(火) 14:54:01.39 ID:N5j+WlyW
樺戸監獄のことまで取り上げたのは凄いと思った
樺戸で一人で抵抗していた日下武史氏!
さすが一流舞台俳優だと思ったね独演場!

岡本信人、小松方正の悪い人っぷりもよかったし
実はいい人東野英心もよかった

13 :日曜8時の名無しさん:2007/10/30(火) 18:07:01.11 ID:7Gbz7ohT
藤真利子がいい味を出していた・・・
旦那(苅谷嘉顕=加藤剛の兄)がなんとも切なかったなあ


あと小此木恭平:市村正親 が最後に行き着く芸
『へらへら亭へら助一座』の芸が観てみたかった



14 :日曜8時の名無しさん:2007/10/31(水) 13:05:46.23 ID:aXBWW/Z7
パリ、江戸、会津、北海道、九州
よく駆け巡ったものだ

15 :日曜8時の名無しさん:2007/10/31(水) 14:33:00.83 ID:GyCIKPHM
江藤新平:(細川俊之)が改革を進め司法省の連中と列をなして颯爽と歩く時の
音楽がよかった



16 :日曜8時の名無しさん:2007/11/01(木) 10:29:19.96 ID:nRpZ7azW
平沼銑次のバイタリティーには頭がさがった
凌雲先生の江戸弁は歯切れがよかった

西郷ドンの印象は薄かったなあ気弱そうで

17 :日曜8時の名無しさん:2007/11/01(木) 10:32:54.11 ID:lWWBwh/4
これってDVDありますか?


18 :日曜8時の名無しさん:2007/11/01(木) 10:50:09.27 ID:stFTUqDb
博覧会での幕府と薩摩の軋轢や
維新後の会津藩の悲惨さを描いたのは興味深かった。
平沼銑次にも感情移入できて非常に面白かった。
ただ最後の方になると明治維新政府が悪で自由民権運動家が善であるという単純な図式になり
明治維新政府、特に伊藤博文を悪の権化みたいに描くのは全く理解できない。
このあたりに70年代から引き継がれた左翼思想の意図的な介入を感じる。

19 :日曜8時の名無しさん:2007/11/01(木) 10:59:49.08 ID:nRpZ7azW
まあ善悪の評価は時代によって変わるよな、そんなの教科書にまかせておけばよい
ドラマは人間ドラマだから・・・NHKで左翼思想というのもおもしろいじゃん

銑次の魅力は反骨、反逆かな・・・
当時の良心というのは民権運動だったと思うよ


>明治維新政府、特に伊藤博文を悪の権化みたいに描くのは全く理解できない

ではあなたは伊藤をどう評価しているの?



20 :日曜8時の名無しさん:2007/11/01(木) 11:43:19.70 ID:stFTUqDb
>>19
伊藤博文は、大久保利通の意思を受け継ぎ、近代日本の基礎をつくりあげた日本が誇るべき大英雄ですよ。
平沼銑次もまた英雄だと思うがが、活躍の場が違う。彼には世界の中の日本という観点がない。
日本が他国に占領されて属国になったら、自由民権運動も糞もないでしょ。

平沼銑次も苅谷嘉顕も滅茶苦茶魅力的な人物で、獅子の時代は面白いと思うが、
鹿鳴館で婦人と踊る伊藤博文と悲惨な運命をたどる苅谷嘉顕を対比させるのは、単純で一方的な演出だと感じたわけ。



21 :日曜8時の名無しさん:2007/11/01(木) 13:26:31.43 ID:qk3OJEQR
まあそれは現代の歴史観から過去を俯瞰しているわけで
はたして明治維新、明治初頭にどれだけの人が『世界の中の日本』なんていう
視点で世の中を観ることができたか・・・おそらくそれは政府側のセレブ?
な連中だけでしょう・・・当時の不平士族、草の根の人々はそんな世界観よりも
日々の生活でしょう・・・これは今の第三世界でもいえることだけど
政治学者はたらふく食って・・・やれ何が悪い、誰が悪いと批評するけど
その国の民衆にとってはイデオロギ−よりも日々の飯なんだろうな

22 :日曜8時の名無しさん:2007/11/01(木) 13:37:39.67 ID:qk3OJEQR
まあ革命家というのは理想主義者のまま死ぬか
政治家として汚点を残すかどちらかで
西郷は革命家、大久保は政治家といえるかもな・・・

まあ私としては大久保が途中までつくりあげ伊藤が引き継ぎ
山県が大日本帝国の天皇制をつくりあげ、そのシステムがやがて日本を
破滅に向かわせたとかんがえているけど


>伊藤博文は、大久保利通の意思を受け継ぎ、近代日本の基礎をつくりあげた日本が誇るべき大英雄ですよ。
平沼銑次もまた英雄だと思うがが、活躍の場が違う。彼には世界の中の日本という観点がない。
日本が他国に占領されて属国になったら、自由民権運動も糞もないでしょ。


それに関しては幕末にフランスに依存していた幕府に対して
西郷は実に列強とうまく距離をとって革命をすすめ植民地化を
防いでいたと思うよ・・・

>平沼銑次も苅谷嘉顕も滅茶苦茶魅力的な人物で、獅子の時代は面白いと思うが、
鹿鳴館で婦人と踊る伊藤博文と悲惨な運命をたどる苅谷嘉顕を対比させるのは、単純で一方的な演出だと感じたわけ。


実際伊藤公の女好きは有名だったからね、人の女房でも
無理矢理ものにしていたからね
当時の政府高官の金、酒、女に対するだらしなさはひどいもので
西郷が政府を見限って下野した理由の一つもそれらしいからね

23 :日曜8時の名無しさん:2007/11/01(木) 15:30:46.39 ID:dqPTnw2U
>>20

右翼の方?

24 :日曜8時の名無しさん:2007/11/01(木) 16:57:11.29 ID:E/KyEwYF
左翼思想の意図的介入とまでは感じなかったです。
観ていて違和感なかったですし。

むしろ伊藤博文を大英雄と今の時代言うことに違和感を感じます。

25 :日曜8時の名無しさん:2007/11/01(木) 17:34:53.23 ID:Afs7d2Vp
銑次が児玉清のもとで商人やっているのがおもしろかった
児玉はどうなるんでしたっけ?

26 :日曜8時の名無しさん:2007/11/01(木) 19:17:50.91 ID:stFTUqDb
>>22
おっしゃるっとおりだと思うけど、西郷は鹿児島で私塾を立ち上げ、
武士階級復活を掲げて西南戦争を起こし、身分が固定化された封建制の世の中に戻そうとしてたんじゃないの
西郷は人情には厚いが、将来の日本のビジョンなんてまるでなく、ひたすら自己の思う理想世界を追っていたに過ぎないと思う。
だから桐野利秋なんていう単純素朴で凶暴なヤツにコントロールされるわけだ。

確かに伊藤は、無類の女好きで、英国公使館焼き討ち事件や暗殺事件も起こしているが
西郷から毛嫌いされ罵られた井上馨も含めて、将来の日本の進むべき道を見通していたことは確かだ。
自由民権、四民平等の概念にしても、大久保や伊藤の頭の中には当然あり、時機を見て実現しなければという意識はあった。
板垣退助などが下野した後に自由民権を叫んだが、それこそ無責任な人気取りみたいなもんだと思う。

一般道徳倫理の観点からのみ彼らを評価するというのが嫌なんですよ。

百姓、町人が日々の生活にあえぎ、なんとかせねばと武装蜂起する気持ちも良く分かるし感動もするよ。
しかし、いくら脇役とはいえ、伊藤博文をここまで悪人として描くのは耐えられんということだな。

山県有朋については天皇への認識を間違った方向へ導いたとんでもないヤツだと思う。

まぁ、架空の主人公が活躍する大河ドラマの内容をここまで突き詰めて文句を言ってもしようがないし、
ドラマとしては非常に面白いと思うから作品として評価はしてるよ。

>>23
右翼なんかじゃないってw

27 :日曜8時の名無しさん:2007/11/01(木) 19:29:59.00 ID:5no/Zc8u
ここは政治思想板ですか

28 :日曜8時の名無しさん:2007/11/01(木) 19:42:03.49 ID:mx7wU6me
伊藤博文は女癖の悪さから庶民から嫌われていたと聞いたが

29 :日曜8時の名無しさん:2007/11/01(木) 19:49:18.35 ID:5no/Zc8u
>>28
伊藤先生は地方に行ったら、地元の有力者とバッティングしないように、
敢えて醜女を選ぶような、気配りのできる方なんだぞ。

30 :日曜8時の名無しさん:2007/11/01(木) 19:51:29.09 ID:wFDYY9RN
あんたら死ぐよ まちがいなく死ぐ

31 :日曜8時の名無しさん:2007/11/02(金) 09:38:47.56 ID:nIO0Tn5p

それ誰のセリフだっけ

32 :日曜8時の名無しさん:2007/11/02(金) 10:00:16.18 ID:CdPbnavN

ヒント 斗南

33 :日曜8時の名無しさん:2007/11/02(金) 11:18:58.13 ID:YL/9Xj8S
モンゴロイド伊藤に根津甚八はいい男過ぎるなあ

34 :日曜8時の名無しさん:2007/11/02(金) 16:45:34.46 ID:Zxmw1IgV
文太あにい頬被りがやたら似合った

35 :日曜8時の名無しさん:2007/11/02(金) 23:26:04.37 ID:Yi+Fj1oz
BSで再放送してたし、ローカルケーブルTV局で再放送してた。
印象的なのは、北海道の監獄で菅原文太兄いが、看守に凄まじいにリンチ受けて
反乱を起こして原野を脱走するサスペンス。
山田風太郎の明治物の「地の果ての獄」や映画「網走番外地」みたいだった。

薩摩出身の官僚の加藤剛が、根津甚八が演じる伊藤博文が主催の鹿鳴館の舞踏会場で
刺客に襲われ血まみれで政府に抗議しながら、無念の絶命。

元会津藩士の文太は自由民権運動に身を投じ、自由元年のムシロ旗を押し立てて
ロックな曲に乗って、雄叫び上げながら、国家権力の走狗の軍隊に突貫する。

山田太一のオリジナルの骨太な汗臭い男くさい大河だった。
残酷描写もあったし、会津戦争中に、文太の妹役の大竹しのぶと姉が民家に潜んでいたら、
薩摩兵に輪姦されそうになったり、いまなら放送コードにひっかかりそうだ。
フランスロケしてパリ万国博覧会の幕府と薩摩対立から始まるのも楽しい。


36 :日曜8時の名無しさん:2007/11/02(金) 23:42:31.44 ID:ynMrJdja
>文太の妹役の大竹しのぶと姉が民家に潜んでいたら、 薩摩兵に輪姦されそうになったり、

俺の記憶ではその話は無いような気がするが。
似たようなシーンならば、二人とたまたま遭遇した会津軍の脱走兵(一人が大地康雄)が、
自分たちの逃亡を口外させまいと殺害に及ぼうとした所を、しのぶに返り討ちに刺される話だったがな

37 :日曜8時の名無しさん:2007/11/02(金) 23:52:08.24 ID:ynMrJdja
あと強姦しに民家に押し入った政府軍兵士相手に加藤剛がキレ気味に
「おはんらを許さん!」って兵士の腕をへし折るシーンもあったかな。

38 :日曜8時の名無しさん:2007/11/02(金) 23:58:54.08 ID:CdPbnavN
維新後の東京で、傍若無人に振る舞う薩摩の下っ端連中に、
大原麗子の演じるもんが輪姦された話があった。
連れ去られたあと翌朝のシーンに移ったので、描写はそれほど露骨ではなかったけれど、
翌朝の姿は無惨で痛々しかったと思う。

39 :日曜8時の名無しさん:2007/11/03(土) 12:34:50.20 ID:lX9YRN4P
>>38
>維新後の東京で、傍若無人に振る舞う薩摩の下っ端連中に、

それ長州の連中だったよ

40 :38:2007/11/03(土) 14:09:38.86 ID:k4tXh7Rl
>>39
そうかww
やはりだいぶ昔の作品なだけに、みんな記憶がかなり怪しくなっているなw

41 :日曜8時の名無しさん:2007/11/03(土) 15:33:05.35 ID:KYU/PJVk
DVD全話だと高すぎるからせめて総集編だけ売ってないのかな

42 :日曜8時の名無しさん:2007/11/03(土) 17:55:40.02 ID:dShfa7r3
篠原涼子の旦那がヘンラヘラヘラとかやってて
ヘラヘラじゃねえって文汰に殴り倒されるシーンはあったよな?

43 :日曜8時の名無しさん:2007/11/03(土) 19:20:11.24 ID:hYeqylS8
>>41
yahooオークションで、VHSビデオなら全5巻、3000円以内で入手可能

44 :日曜8時の名無しさん:2007/11/03(土) 21:13:05.08 ID:TpFrUU9T
わあ〜こんなスレ立ってて感激!です。『獅子の時代』!!
私の中では主人公が架空人物だけどいままでの大河の中でも秀逸作の一つだと思ってます。
平沼ともんの悲恋、切なかったし(未だに「たぬき」とかいう名前の御茶屋みたいな所で
人目を忍んで合ってる二人を思い出す。)網走の極寒の刑務所に入れられたり平沼文太、可哀想だった。
あとは、もう一人の主役・大岡越前・・じゃなかった、刈谷の壮絶な最後も泣けました。

45 :日曜8時の名無しさん:2007/11/04(日) 00:01:15.88 ID:2ADnKjIL
ロケが多かったし、ライバルの会津藩士の菅原文太と薩摩藩士の加藤剛が
明治維新の影と光をあらわし、火花の散る緊張感が溢れる、永遠のライバルどうしで
山田太一の脚本も巧みで劇的で良かった。
最後は二人とも薩長藩閥政府の国家権力に立ち向かって、砕け散る男の花道もかっこよかった。
特に反権力の不器用なアナーキストの菅原文太がかっこよかった。
ワイルド菅原文太も勘助と同じく早稲田で、加藤剛は文学座で二人とも濃い役者だった。

46 :日曜8時の名無しさん:2007/11/05(月) 10:35:36.79 ID:0WDmZHiK
>42

最終回だな

>45

余談だけど文太あにいは新聞部で後輩に井上ひさしがいた。
井上が原稿を持って行くとあの口調で『やりなおせ!』と
何回もつき返したそうな。

>44

架空人物、書き下ろしとは知らずに原作を探しまわりました

47 :日曜8時の名無しさん:2007/11/05(月) 11:48:55.29 ID:v8V165gg
>37

加藤剛が会津の女性を犯した薩摩の兵士を裁き厳罰に処し
腹を切らせる話があった・・・アニキは厳しすぎると怒っていた

48 :日曜8時の名無しさん:2007/11/05(月) 13:17:55.42 ID:Zy8dgNG6
岡本信人の憎たらしい悪っぷりがよかった
反政府じゃ!反政府じゃ!

文太がパリ土産の荷物を置いて逃げたときに
岡本が中身をあけて千代への土産のドレスを取り出し

なんじゃこりゃあ?女子のような奴じゃなあ

というのには笑った

49 :日曜8時の名無しさん:2007/11/05(月) 16:56:40.12 ID:YBF1QWf4
>45

>会津藩士の菅原文太と薩摩藩士の加藤剛が
>明治維新の影と光をあらわし、火花の散る緊張感が溢れる、永遠のライバルどうしで

数々困難にぶつかりながら自分の生き方を貫く平沼銑次は
実に爽快だった。理想と現実との違いに悩み苦悩し挫折する
苅谷嘉顕はあまりにも悲劇的だった

50 :日曜8時の名無しさん:2007/11/05(月) 17:05:57.34 ID:I18Bfyxm
うろおぼえだが、パリで刺身食うことになった。
醤油がない。
文太「ソースかけて食うだ」
上役「ソースも醤油も同じこと同じこと」

という記憶がある。

51 :日曜8時の名無しさん:2007/11/06(火) 03:40:25.04 ID:unsEEULt
文太の会津藩士が心酔して仕える、幕府側の医者が歌舞伎役者でリベラルなインテリで
飄々としていい感じだった。
パリの万国博覧会に行ったとき、パリの宿でご主人の医者が風呂に入るシーンで
うろ覚えだが、会津訛りでしゃべりながら、タオルを持って控えていたような。

のち函館戦争で五稜郭に立てこもり、榎本武揚と共に2人は一緒に戦い、この医者は実在の人物で
官軍と賊軍の区別なく怪我の手当てする人道主義者で、日本赤十字の元を作った人だそうだ。
文太の弟に今年の大河の、村上役の人がいて、実直で不器用な田舎者を演じていた。


52 :日曜8時の名無しさん:2007/11/06(火) 05:55:15.85 ID:Q8DulTIq
オープニングが毎回変わる大河!

当時はのめり込んで見てたなあ
これで児玉清が好きになり、岡本信人が嫌いになった

今フリーで仕事してるのも、このドラマの影響がでかいな
そういう意味では、私の人生を少し変えたドラマだった

53 :日曜8時の名無しさん:2007/11/06(火) 08:36:16.76 ID:ZWo3CG32
>51

高松凌雲:尾上菊五郎

歌舞伎の人だけあって歯切れの良い江戸弁だったね

54 :日曜8時の名無しさん:2007/11/06(火) 08:41:49.62 ID:ZWo3CG32
文太あにいが会津を再訪するらしい

http://www.nhk.or.jp/butsuzou/naiyo/index.html

55 :日曜8時の名無しさん:2007/11/06(火) 09:22:53.73 ID:ZZMxWi8l
このレスを見たあなたは確実に交通事故に会います



逃れる方法はただ一つ
↓このスレに行き

http://hobby10.2ch.net/test/read.cgi/train/1192087741/


(゚-゚)

と書き込んでください。書き込まなければ確実に明日交通事故にあいますよ

56 :日曜8時の名無しさん:2007/11/06(火) 16:50:27.24 ID:ERQQwPh9
ここ、ウッ○ベキアがだらだらと、
誰も頼みもしないのにストーリーを語ってるのな。

57 :日曜8時の名無しさん:2007/11/06(火) 17:18:21.60 ID:XZEB227E

誰も頼みもしないのにお前が余計なことを
書き込んでいるのなプププ

58 :日曜8時の名無しさん:2007/11/06(火) 18:19:56.24 ID:6tZok8Si
サントラが欲しい

59 :日曜8時の名無しさん:2007/11/06(火) 18:49:02.78 ID:UtRjqden
花神こそ大河ドラマの最高傑作
獅子の時代はイマイチ

60 :日曜8時の名無しさん:2007/11/06(火) 19:41:42.72 ID:1w/JgOZ7
市村正親が大原麗子の弟役で出演していたね。

61 :日曜8時の名無しさん:2007/11/06(火) 21:28:09.83 ID:DVyMn+z3
無性にオープニングテーマが聞きたくなってきたが、どこかに上がってないかな?

62 :日曜8時の名無しさん:2007/11/07(水) 08:49:41.49 ID:UnDTK8/z
>61さん

探してみたのだけどネットでは見つからなかった
CDで唯一収録されているのがこれ

ttp://www.amazon.co.jp/%E3%82%B7%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%83%AB%E3%82%BA-%E3%83%80%E3%82%A6%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%BF%E3%82%A6%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%96%E3%82%AE%E3%82%A6%E3%82%AE%E3%83%BB%E3%83%90%E3%83%B3%E3%83%89/dp/B00005GMJF

オープニング・テーマとOur histry againも収録されている。
宇崎さんソロになってからOur histry againをアップ・テンポにして
セルフカバーしたことがある。

63 :日曜8時の名無しさん:2007/11/07(水) 08:52:07.55 ID:UnDTK8/z
市村正親登場の仕方がえらく凶暴だったね、たしか加藤剛を道案内して
いきなり不意打ちをくらわしてボコボコにするんだよね・・・
でもなぜか文太あにいにはいつもぶっ飛ばされてた

64 :日曜8時の名無しさん:2007/11/07(水) 08:54:15.68 ID:UnDTK8/z
ダウンタウンブギウギバンドのギタリスト和田静男さんの横浜にあった店へ
よくいったけど、やはりギターの音があのオープニング・テーマの音なんだよね
どんどん音が伸びて行くような煌びやかなビブラート

65 :日曜8時の名無しさん:2007/11/07(水) 10:49:06.39 ID:4Sp96ZdY
>>59

確かに花神もおもしろかった。
だけどどうにも司馬遼太郎史観なるものは好きではない、
正論みたいな感じで罷り通っているけど。

反政府の会津に目を向けた山田太一はさすがだと思う

66 :日曜8時の名無しさん:2007/11/07(水) 14:18:50.04 ID:2JarQvK6
金がかたきの世の中で
・・・・奴がいる

路地裏で眠っても、胸に赤いバラ
そんな感じさ

十五で世の中をわかっちまったよな
奴らから見ればばかげた話さ



67 :日曜8時の名無しさん:2007/11/07(水) 18:56:30.00 ID:f+y786GR
>>65
史観を作ったのはオタクに過ぎないわけだが
本人は娯楽小説として作った

68 :日曜8時の名無しさん:2007/11/07(水) 23:16:59.84 ID:v03JH2gh
司馬も、作家として大成功してからは、調子に乗って文明批評めいたことやっちゃったからなぁ

69 :日曜8時の名無しさん:2007/11/08(木) 08:41:48.85 ID:CcuaRMod
>>68

そうそれなんよ、いいことを言ってくれた
あんた偉い!

70 :日曜8時の名無しさん:2007/11/08(木) 10:43:02.86 ID:jzAFxgS5
無限のものさしでーーはかってみれば誰だって
点にも満たない長さだよー
あーーーー繰り返すーーー
時をーーー見逃すなーーー

71 :日曜8時の名無しさん:2007/11/08(木) 11:00:10.18 ID:4+k9pCXC
加藤嘉の演技が壮絶だった
入れ歯のためか舌がまわってなかったが

72 :日曜8時の名無しさん:2007/11/08(木) 11:04:44.22 ID:4+k9pCXC
動画あるけど見れないや

http://www.youtube.com/results?search_query=%E7%8D%85%E5%AD%90%E3%81%AE%E6%99%82%E4%BB%A3&search=Search

73 :日曜8時の名無しさん:2007/11/08(木) 21:03:09.72 ID:/WDoG9ey
見れないな。
うちの地方のケーブルテレビ局で数年前にやっていたのに
飛び飛びしか見てない。

74 :日曜8時の名無しさん:2007/11/09(金) 00:48:07.93 ID:fxtJCtdG
金が仇の 世の中で
夢を追いかけて 行く奴がいる
夜毎に酔いどれて 路地裏で眠っても
胸に赤いバラ そんな感じさ

75 :日曜8時の名無しさん:2007/11/09(金) 00:50:41.70 ID:qt5k23k6
リベルテ エガリテ フリトリニテ

76 :日曜8時の名無しさん:2007/11/09(金) 10:49:33.98 ID:ZQY8bjiO
金田賢一がいい味出してた

あにきいい〜・・・なんて情けない声出して
当時は爽やかイメージで売っていたけど

77 :日曜8時の名無しさん:2007/11/09(金) 16:57:14.96 ID:nScOdVhG
>>71
許さ〜ん!許さ〜ん!!を繰り返す老人のことか?

78 :日曜8時の名無しさん:2007/11/09(金) 21:47:21.13 ID:TBsJ0VDE
>>77
会津藩に洗脳された人間の悲劇と喜劇を良く表現していたな。
こんな痴呆ジジイを抱える家族はたまったもんじゃない。

79 :日曜8時の名無しさん:2007/11/09(金) 22:57:55.09 ID:+vPOH3rj
市街戦に巻き込まれるとき、戦力にならないからと女子供老人が
200名あまり自害って凄まじい。
最終的に死者2500以上でさらに流刑地の日本のシベリアの下北半島で
たくさん死者をだすんだよな。
沖縄戦には及ばないが凄惨な戦いだ。
家老が腹をきって責任をとり、殿様は生き延びた。
教育の恐ろしさが身につまされるな。

同じ市街戦で徹底的に城下町が破壊され藩士や町人が巻き込まれた
長岡藩では、ガットリング砲で有名な家老の河井継之助の墓は恨みを持つ
何者かによって破壊されたらしい。


80 :日曜8時の名無しさん:2007/11/10(土) 08:49:21.37 ID:BGYqrWq6
>>77

城門の前に飛び出して行き

なぜ攻めてこんのじゃあ、本当の戦の仕方を見せてやる

と絶叫していた

81 :日曜8時の名無しさん:2007/11/10(土) 08:53:42.01 ID:BGYqrWq6
殿様は婿養子だったから必死だったよお家のために
立派な殿様だったよ、殿様の命を取ったらそれこそ
収集つかなくなるでしょう・・・
生き延びることの方が辛かったと思うよ当時の武士の倫理観では
とくに勤皇の殿様だったから逆賊の汚名を着て生きることは

大正になって彼の孫が昭和天皇の弟の秩父宮に嫁いだのだが
そのとき初めて逆賊の汚名がとれたとも言われている

82 :日曜8時の名無しさん:2007/11/10(土) 09:01:14.08 ID:BGYqrWq6
>市街戦に巻き込まれるとき、戦力にならないからと女子供老人が
200名あまり自害って凄まじい。

敵の辱めを受けるのが嫌だということが一番強かったろうね
戦力にならなくて足手まといになるから自主的な自決だな

有名なのは会津武家屋敷の家老西郷頼母の家族だね
このドラマにもあったけど死に切れない女が入って来た
薩軍兵士に敵か?味方か?味方なら介錯おねがいします
と頼み、味方だと答えて介錯してやった話

ちなみに西郷頼母は長命した、彼の家は合気道の源流
さらに大東流合気柔術の源流の会津の『お止め技』を継承してきた家系

83 :日曜8時の名無しさん:2007/11/10(土) 13:44:28.37 ID:qfNa37IO
ひでえ時代、狂った教育の賜物といえばそうだろうが
モラル欠落、礼節しらないニートを産みだした教育は
もっと狂ってるな

84 :日曜8時の名無しさん:2007/11/10(土) 16:46:09.62 ID:z4HwECie
俺「獅子の時代・オープニングテーマ」のレコード持ってる。だが、プレイヤーがない。

85 :日曜8時の名無しさん:2007/11/10(土) 17:16:00.81 ID:TEUmI4pw
封建制が崩壊し武士の価値観が否定され、居場所がなくなった爺さん
百姓のババアに自分の刀と交換に大根をくれとせがんだ。
しかし、ゴミの様に扱われ、刀とともに叩き出される。
他人の価値観で生きてきた人間の、憐れ極まりない姿がそこにあった。
爺さんははじめて武士の無力さを実感したのだ。
爺さんの怒りは薩長に向けられる。
だが、その圧倒的むなしさに気づいている爺さんは、自刃してしまうのだった。

松平容保が慶喜や春嶽の口車に乗って、京都守護職を引き受けることがなかったら
この悲劇はなかったかもしれない。

86 :日曜8時の名無しさん:2007/11/10(土) 21:08:39.94 ID:3CZv1dma
父上を痴呆ジジイとかぬかすヤツは叩っ斬る!

87 :日曜8時の名無しさん:2007/11/10(土) 23:56:33.19 ID:/gtxiZvD
>>79
ここでもウッドベキアの長文かよ・・・

88 :日曜8時の名無しさん:2007/11/11(日) 02:56:10.35 ID:Ih/ELJzL
馬鹿がまた一人思い込みで書いてる。これしか生きがいがないのかな。

89 :日曜8時の名無しさん:2007/11/11(日) 03:11:43.69 ID:iurBXokF
会津藩は戦国生き残りの藩ではなく家光の異母弟が藩祖なので
忠誠心や思想はあってもリアリティーがないんだよな

90 :日曜8時の名無しさん:2007/11/11(日) 19:21:46.43 ID:oSV1uMDU
リアルで見ていたのは子供のころだったので、
銑次兄がやっとの思いで稼いだ仕送りを、すべて藩に上納してしまい、
その上銑次兄の生き方を非難する父上は、見ていて腹が立った。

でも、父上自身が藩の戦で辛酸をなめ、妻も長男も母親も失っているわけで、
そのことを受け入れるためにも、自分自身を否定しないためにも、
さらに頑迷にならずにはおれなかったのだろうと思う。


91 :日曜8時の名無しさん:2007/11/11(日) 21:58:17.64 ID:bPenzb1q
加藤剛と結婚した後の大竹しのぶが、美人に見えてしようがないのはオレだけか

92 :日曜8時の名無しさん:2007/11/12(月) 08:39:42.54 ID:GLqkHBiB
>松平容保が慶喜や春嶽の口車に乗って、京都守護職を引き受けることがなかったら
この悲劇はなかったかもしれない。

そもそも断れる話ではないでしょう


大竹のべそのかきかたが不自然だった




93 :日曜8時の名無しさん:2007/11/12(月) 08:46:10.54 ID:GLqkHBiB
>会津藩は戦国生き残りの藩ではなく家光の異母弟が藩祖なので
忠誠心や思想はあってもリアリティーがないんだよな


リアリティーとは?

94 :日曜8時の名無しさん:2007/11/12(月) 10:59:11.90 ID:KMSPIlXk
>会津藩は戦国生き残りの藩ではなく家光の異母弟が藩祖なので
忠誠心や思想はあってもリアリティーがないんだよな

司馬っぽい話になってしまうが、会津藩というのは
江戸の太平を経て教養化、思想化した武士の結晶であり、
かつ佐賀の葉隠れのような口だけ武士道ではなく
悲しいくらい忠実な実践を伴っていた

それと対極にあったのが薩摩武士で戦国武士でそのまま温存されていた
という感じ・・・

いわば戦国武士と江戸期教養化を経た武士の戦いで
武士階級最後の死に花といえたのかもしれない


95 :日曜8時の名無しさん:2007/11/12(月) 11:14:06.30 ID:2TkjPE6f
>>85

>他人の価値観で生きてきた人間の、憐れ極まりない姿がそこにあった。
爺さんははじめて武士の無力さを実感したのだ。

他人の価値観とはなんぞや?

96 :日曜8時の名無しさん:2007/11/12(月) 11:55:38.07 ID:7xujeM30
BSで年末放送(10年以上前)したとき録画したビデオを発見
少しずつ見直してます。第五回までパリのロケがある

97 :日曜8時の名無しさん:2007/11/12(月) 11:57:53.76 ID:7xujeM30
>>37

>あと強姦しに民家に押し入った政府軍兵士相手に加藤剛がキレ気味に
「おはんらを許さん!」って兵士の腕をへし折るシーンもあったかな。


凄い記憶力ですね、そのシーンありました

98 :日曜8時の名無しさん:2007/11/12(月) 15:47:39.75 ID:xVHbHopO
加藤剛と菅原文太の組み合わせ、異色といえば異色なんだけど
さすがに名優だよね

99 :日曜8時の名無しさん:2007/11/12(月) 20:43:45.93 ID:69AOi2ld
>>91
何気にすげー玉の輿ではあったなw

モデルは大山巌の奥さんの山川捨松なんだろうけど。

センジ ・・・「会津の先生」と呼ばれた秩父自由民権の闘士(氏名不詳)
コーゾー ・・・民主党の黄門、じゃなくて、柴五郎

あたりがモデルかな。

100 :日曜8時の名無しさん:2007/11/13(火) 08:34:08.03 ID:p4TKFabP
確かに随所にモデルらしき人物はありそうだ・・
ちなみに加藤剛の政府での地位はどれくらいだったのだろう
現代の言葉でいうと政務次官くらい?

101 :日曜8時の名無しさん:2007/11/13(火) 09:18:17.12 ID:p4TKFabP
雲井達男(風間杜夫)の晒し首がエグかった

102 :日曜8時の名無しさん:2007/11/13(火) 09:52:19.92 ID:rW8yxd2Y
>>101
あったねえ…  < 雲井龍雄
そういえば江藤新平の首は出なかったね。彼が捉えられて梟首の宣告を受けた時、
「それはさらし首ンこつかッ!そげな刑罰は無か! おいが作った新法ば適用せんかッ」
と言って激しく抗議していたのを覚えているけれど…。

103 :日曜8時の名無しさん:2007/11/13(火) 10:23:12.94 ID:TFPHWLt4
細川俊之も元気だったね力石徹の声
でも可哀想っていえば可哀想、歴史の皮肉だよね
新しい近代法制を整えようとした人が変えようとした
野蛮なやり方で処刑された・・・。

大久保は念が入っていてその首の写真をばらまいたんだよね
これがその写真

ttp://www.dokidoki.ne.jp/home2/quwatoro/bakumatu3/etoukubi.html

104 :日曜8時の名無しさん:2007/11/13(火) 21:07:06.14 ID:jlcEHhv1
>>100
イギリス帰りで戊辰戦争からの大久保の側近って彼の立場、年齢からすると、
川路利良、西郷従道、河野敏鎌(土佐)クラスになってしまうんだよね。
だから、途中で辞めさせないと「大臣」になりかねないw

>>103
皮肉といえば、全国警察網、写真を使ってのいわゆる「指名手配」って
江藤が考え出し、整備したんだよ。
で、その完成した制度で一番最初に捕まったのが江藤だったという皮肉。
土佐と阿波の国境で逮捕なんて江藤が司法卿になる前には考えられなかった。

105 :日曜8時の名無しさん:2007/11/14(水) 08:45:26.20 ID:SOBjdUhb
彼は法廷で戦うつもりだったらしいね、しかし暗黒裁判で
処刑された

106 :日曜8時の名無しさん:2007/11/14(水) 09:47:29.24 ID:SOBjdUhb
高松凌雲については吉村昭が小説にしている

ttp://www.amazon.co.jp/%E5%A4%9C%E6%98%8E%E3%81%91%E3%81%AE%E9%9B%B7%E9%B3%B4%E2%80%95%E5%8C%BB%E5%B8%AB%E3%83%BB%E9%AB%98%E6%9D%BE%E5%87%8C%E9%9B%B2-%E6%96%87%E6%98%A5%E6%96%87%E5%BA%AB-%E5%90%89%E6%9D%91-%E6%98%AD/dp/416716938X

107 :日曜8時の名無しさん:2007/11/14(水) 15:30:32.50 ID:wcDokYsC
高松凌雲って実在したんだね、俺はずっと松本良順がモデルだと
思っていた



ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%BE%E6%9C%AC%E8%89%AF%E9%A0%86

108 :日曜8時の名無しさん:2007/11/14(水) 16:00:31.91 ID:RER01w6a
>>107
そ・・・そうなんだ。架空と思ってたんだ。
徳川慶喜の御台所である美香子の手術も執刀したような人だよ。

五稜郭や函館新政府モノを描いた小説にはだいたい登場するし
日テレの大型時代劇(里見浩太郎主演の)「五稜郭」では
兄である古屋作左衛門とともにわりと活躍してるんだけどね。


109 :日曜8時の名無しさん:2007/11/15(木) 08:50:35.39 ID:PC5DBMJW
それにしても平沼銑次は何回捕まり
何回脱走しているのだろう・・・

110 :日曜8時の名無しさん:2007/11/15(木) 08:52:31.88 ID:PC5DBMJW
藤真利子の菊子の演技は見るべきものがあったと思う
女の強さ、哀しさ、可愛さをすべて表現していた

111 :日曜8時の名無しさん:2007/11/15(木) 09:41:59.03 ID:Sp7GAKae
>>109
えーと、まず会津が敗けた後、謹慎所に入れられて、一人で脱走したでしょ
それから函館戦争後、北海道のタコ部屋から脱走したでしょ
斗南から一人で出たのも脱走みたいなもんでしょ
東京で尾関を斬って逮捕されたでしょ(この時は大人しく刑期をつとめた)
その後、前科者だというので再度捕まって九州に送られたでしょ
それから、樺戸集治監……。 
壮絶な人生だ。
樺戸もすごかったが、タコ部屋から生きて逃げ切った時は超人的なタフさだった。

112 :日曜8時の名無しさん:2007/11/15(木) 10:36:41.79 ID:3VzOE1MI
うん確かパリから帰って岡本信人に閉じ込められて
会津では降伏の使者やらせろと板垣に閉じ込められて・・・

タコ部屋からの脱走は壮絶だったね二回脱走をくわだて失敗、
その都度逆さ吊りにされて叩かれ・・・
最後は・・・俺はお前らから逃げ出すことばかりを考えていた
戦うことを忘れていた・・・でしょう、笑った

113 :日曜8時の名無しさん:2007/11/16(金) 09:02:10.70 ID:+NZYGAU7
刈屋兄もう少し長生きして欲しかった
いいキャラだったのに

114 :日曜8時の名無しさん:2007/11/16(金) 09:04:37.16 ID:+NZYGAU7
1980年放映中の夏に会津を訪れたのだけど、今ほどには大河ドラマと
地元のタイアップはなかった。静かなものだった

115 :日曜8時の名無しさん:2007/11/16(金) 21:10:36.42 ID:qpXRqsVS
>>114
前年の「草燃える」なんて、鎌倉市が「観光客が増えて迷惑」って言ってたくらいの時代だしね。
大河誘致が盛んになるのは、「政宗フィーバー」から。

116 :日曜8時の名無しさん:2007/11/16(金) 21:39:00.65 ID:/6vrBIWO
会津としても、盛り上がるのもなかなか難しかっただろう、という気もする。
何しろあの戊辰戦争が、英雄的というより凄絶に描かれているし
主人公の銑次兄ィときたら架空の人だし、
股引の似合う庶民の人だし、特技は脱走だし


117 :日曜8時の名無しさん:2007/11/16(金) 23:51:17.99 ID:dCas7v4G
確かに会津の現場で盛り上がるのは無理だろうな。
最近、司馬の歳月読んだけど
大久保利通の冷徹な残酷さが描写されている箇所があって、大久保の印象はかなりイメージダウン
江藤は会津人以上にある意味不幸だった。

118 :日曜8時の名無しさん:2007/11/17(土) 02:02:31.21 ID:tGSkj3xf
江藤が実物より良い男でかっこよかったけど、先見の明のある好漢で正義感が強く
理想に燃えていたのに非業の死を遂げるのが痛ましい。
非情な大久保が死に追いやったけど、長州の木戸も国民皆兵に反対した奇兵隊の反乱
で100人以上処刑してる。
革命期の政治家の凄みが二人ともある。

いつ反乱が起きて内乱状態になり、外国勢力の介入を招くかわからない不安定な時期だった。
やった事はえげつないけど、2人とも出身地に金を持ってきて豊かになろうとか、金銭的欲望とか
私心がなく、公に尽くすストイックな滅私奉公の愛国者であるのは、いまの政治家と
違って評価する部分だな。好き嫌いの感情は別にして。

119 :日曜8時の名無しさん:2007/11/17(土) 02:14:01.23 ID:hKvpMiSc
>>118
政治家はそういう冷酷さが必要だね。

古代ローマのジュリアスシーザーは敵対した人間でも常に「寛容の精神」で無罪放免にした。
だけど、それで恩を感じる人間ばかりじゃない。
むしろ逆恨みするやつも多い。
実際、シーザーはその許した人間たちに暗殺されてしまった。

彼の養子のアウグスツスは殺されないために、敵対した人間はキケロなど根こそぎ粛清している。
結果彼は長生きして、初代皇帝としてローマ帝国を軌道に乗せることができた。

人間とは難しいものだ。

120 :日曜8時の名無しさん:2007/11/17(土) 04:56:13.79 ID:/JJDoSFb
不穏分子の人数がローマと明治初頭とでは違う。
冷酷さを兼ね備えていた大久保も暗殺されたが、かといって不平士族を粛清できたかというとそりゃ無理な話だ。

121 :日曜8時の名無しさん:2007/11/17(土) 10:27:21.53 ID:+37Ifoz7
江藤は西郷をたたせて政府を倒し、そのあとに西郷を倒し自分の天下にする
つもりだったらしい・・・いくら頭が切れる男でもあの時代、薩長でもなく
土佐でもなかったらきついなあ・・・

革命家は理想主義者で良いけど政治家は現実主義者でなければならない
ゲバラとカストロとかねだから革命後の革命家の動向というのは古今東西興味深い

122 :日曜8時の名無しさん:2007/11/17(土) 10:30:12.35 ID:+37Ifoz7
まあ政治の話を別として、銑次兄ィが優しさを見せる場面が好きだったな
千代に対して、紋に対して、金田賢一に対して・・・

123 :日曜8時の名無しさん:2007/11/17(土) 10:56:34.97 ID:+37Ifoz7
おはんの姉として申します・・・

124 :日曜8時の名無しさん:2007/11/17(土) 14:47:21.54 ID:wsr2623g
銑次兄さまの紋への接し方、あれは男の女に対する接し方の鏡だ

125 :日曜8時の名無しさん:2007/11/17(土) 15:58:42.28 ID:F37d0BIU
それに比べて刈谷は女心を終始踏みにじる

126 :日曜8時の名無しさん:2007/11/17(土) 16:06:47.57 ID:GdCEFM8s
大久保が江藤を晒し首にしたのは、日本を鎮撫するために必要だったと、なんとか理解できるんだが
寺田屋事件の残党、田中河内介親子を、とても人間とは思えないような方法で惨殺したことには
大久保の狂気を感じる。理由があったんだろうけど
江藤はこの事をいろんな人に話したらしいけど
銑次もこの大久保の残虐な行為を知っていたんだと想定すると架空人物とはいえ、声だして応援したくなる

127 :日曜8時の名無しさん:2007/11/17(土) 16:19:03.80 ID:HftjBZD8
>清国の志士:清水健太郎 なかなかの好演であった 反アヘンの闘志w

ハゲワラw

128 :日曜8時の名無しさん:2007/11/17(土) 16:46:45.26 ID:F37d0BIU
↑それさいこーだわ

129 :日曜8時の名無しさん:2007/11/17(土) 16:49:35.22 ID:F37d0BIU
田中河内介は怪談になったくらいだからなあ・・・
多分久光を欺くためか???

130 :日曜8時の名無しさん:2007/11/17(土) 16:51:49.15 ID:F37d0BIU
小樽事件の銑次兄様は痛快だった。あと雲井龍雄だ!とひょっとこの面をかぶり
警視総監に天誅をくわえるところ

131 :日曜8時の名無しさん:2007/11/17(土) 19:49:27.66 ID:cNo8PLTm
おらとこの仏壇だぁ〜〜
も痛快でした。

132 :日曜8時の名無しさん:2007/11/18(日) 12:12:07.54 ID:vY8j97go
とりあえず誰も突っ込んでないので

>>1
大河初の海外ロケは「獅子の時代」の2年前の「黄金の日日」。
どちらも近藤晋プロデューサー。
ちなみに同じ近藤Pの「山河燃ゆ」も海外ロケあり大河。

133 :日曜8時の名無しさん:2007/11/19(月) 17:15:49.28 ID:BxMaVopG
>おらとこの仏壇だぁ〜〜
も痛快でした。

それ何でしたっけ?

134 :日曜8時の名無しさん:2007/11/19(月) 20:26:12.52 ID:VjFGfimd
>>133
秩父の百姓のお婆さんが
高利貸しに借金のカタに仏壇をもってかれ、
銑次が取り返してきたシーン。
(このとき銑次はほかの百姓の証文をごっそり奪ってきた)
このお婆さんを演じた飯田テル子さんはこのドラマの方言指導の人です。

秩父編は樺戸編と並んでドラマ全体としては異色だったけど(俺だけか?)
食い入るようにみてたなぁ。。

135 :日曜8時の名無しさん:2007/11/19(月) 22:36:41.75 ID:613kItjZ
(゚-゚)

136 :日曜8時の名無しさん:2007/11/20(火) 03:48:12.99 ID:ojcauJzk
江藤が一番よく描かれてる大河と思う
ずっと西田西郷のと
勘違いしてな

137 :日曜8時の名無しさん:2007/11/20(火) 10:33:03.36 ID:oZ4loqp7
村野の板垣も溌剌としていて格好よかった


138 :日曜8時の名無しさん:2007/11/20(火) 13:46:48.02 ID:JJPkORsM
ちょうど秩父のところで若き役所が出てくるのだが、実は同じ年の朝ドラ
『なっちゃんの写真館』にも特攻へ行く海軍将校の役で出ていた。
ちょうど撮影時期は重なっているかもね

私ごとにはなるが俺は当時放送部に籍を置いていて顧問の先生が
NHKにコネがある人で見学コースではなくスタジオ内に入れてもらって
収録を見学させてもらっていた。演技している俳優と2〜3メートルくらいの
距離だったと思う。

139 :日曜8時の名無しさん:2007/11/20(火) 21:38:47.47 ID:gg5y0Wrk
>>138
翌年の「おんな太閤記」には織田信孝で出てるし。

140 :日曜8時の名無しさん:2007/11/20(火) 22:13:57.10 ID:0bvIOojy
>>138
うらやましい!
ちなみに、その時はどんなシーンの収録だったんですか?

141 :138:2007/11/21(水) 09:18:19.00 ID:DGcAl3hi
私が見学したのは『なっちゃんの写真館』の方なのでスレ違いになりますが
役所海軍士官が因縁をつける憲兵に割って入るシーンでした。

そのときお土産に『なっちゃん』と『獅子の時代』の絵葉書をもらいました

142 :138:2007/11/21(水) 09:20:27.77 ID:DGcAl3hi
同じ場所で撮影していることもありますけど『獅子の時代』『男たちの旅路』
両山田太一作品、そして『なっちゃんの写真館』重なる部分もありますね

143 :日曜8時の名無しさん:2007/11/21(水) 17:16:02.41 ID:r8mbnhqM
岡本信人が悪役をやったのは最初で最後ではないだろうか???

144 :日曜8時の名無しさん:2007/11/21(水) 23:17:52.39 ID:wB7hz2Yl
>>143
前年『草燃える』の藤原定家
悪役ではないかもしれないが
幽玄の歌人という一般的イメージとはほど遠い
かなりひどい役だった

145 :日曜8時の名無しさん:2007/11/22(木) 00:55:20.96 ID:R9BW6AVb
>>144
百人一首愛好団体が抗議しそうな定家だったな(笑

家の前には餓死者があふれているし、空は曇りで月がないのに、
「満月や〜」と和歌を歌ってるシーンが好きだった。
伊藤十郎が「満月なんて全然出てねーじゃないか!」激怒。

146 :日曜8時の名無しさん:2007/11/22(木) 10:32:59.85 ID:Blu/zWmA
それおもしろそうだね岡本がマロやっていたの?
ごじゃるごじゃるなんて

147 :日曜8時の名無しさん:2007/11/22(木) 10:37:52.18 ID:7CoPL/3+
声だけの出演だが「人形劇三国志」の曹操。小悪党の尾関平吉と違い、こちらは大物です。
知らず聞くと、とても岡本信人とは思えませんw

148 :日曜8時の名無しさん:2007/11/22(木) 13:42:49.25 ID:y3ZSEMUP
岡本信人というとやはり一連の家族ドラマかな
でも尾関平吉はかわいそうだぜ、『友人じゃなかか?』と
刈谷にぶん殴られ、銑次兄様には斬りつけられる
おまけに最後は失職するんだけ?

一番悪は市村

149 :日曜8時の名無しさん:2007/11/22(木) 13:52:13.95 ID:y3ZSEMUP
弥太郎を演じた金田賢一・・・当時は甘いキャラが多かったから
この役は意外だったね、弥太郎を見ても金田には見えない



加藤剛は俳優座で細川俊之、横内正と同期なんだね
身長170センチ意外と小柄

150 :日曜8時の名無しさん:2007/11/22(木) 13:56:11.78 ID:y3ZSEMUP
剛おじさんと呼んでねだって

童話「3匹のこぶた」の絵本に付属していたソノシートで、
加藤が3匹のこぶたの朗読を担当した事が有る。
しかし、冒頭ではいきなり波音が聞こえ、
「海からやってきた加藤剛です。剛おじさんと呼んでね」と挨拶するという、
この上なくシュールな構成になっていた。そして物語が終わると、
剛おじさんは海に帰っていくのであった。
日本テレビ『踊る!さんま御殿』にて加藤と関根勤が対面した際、
(関根が自身のラジオ番組〔TBSラジオ『コサキンDEワァオ!』〕で
よくこのソノシートをネタにしている)加藤はこの朗読のことを憶えていた。


151 :日曜8時の名無しさん:2007/11/22(木) 14:56:01.31 ID:jWlA4waY
岡本信人は30年前も今も全く老けず変わらない。永遠の青年だな。
あの顔でいやらしい性格の役もバッチリだし
花神での松陰の弟子、金子重之助みたいな悲運に倒れ感情移入されまくりの役も最高ですな。

152 :日曜8時の名無しさん:2007/11/22(木) 15:32:55.69 ID:y3ZSEMUP
俳優としてはやはり名脇役という奴か、旅番組のレポーターもこなすし
この前細木の婆の番組に出て冷や汗かいていた

153 :日曜8時の名無しさん:2007/11/22(木) 15:35:25.01 ID:y3ZSEMUP
岡本信人VS平田満かな、比較対象として

以前ネットで岡本信人人形(二頭身)を作っている人がいた
本人曰く、別に好きでもないし、ファンでもないけど
作り易いから作ったとのこと

154 :日曜8時の名無しさん:2007/11/22(木) 20:40:20.51 ID:BzLyzvkf
岡本信人の広田弘毅を希望

155 :日曜8時の名無しさん:2007/11/23(金) 10:33:28.55 ID:Wlvjo9M1
いやあ広田弘毅は名前の通り硬骨漢だべ

156 :日曜8時の名無しさん:2007/11/24(土) 08:28:54.84 ID:CiHQEaqr
そったことねえです兄様!わかってくなんしょ

157 :日曜8時の名無しさん:2007/11/24(土) 08:29:58.22 ID:CiHQEaqr
おはん・・・下女にはなるな
上目づかいで見るな

余計なお世話だす!

158 :日曜8時の名無しさん:2007/11/24(土) 10:32:28.02 ID:sHB8jPEl
鉱造はよく兄様にぶん殴られていたなあ
一回だけ殴ったこともあったけど

159 :日曜8時の名無しさん:2007/11/26(月) 08:36:25.90 ID:ZFhzy9Sj
鉱造の軍人姿笑えた

160 :日曜8時の名無しさん:2007/11/26(月) 11:33:34.98 ID:Sn6/R45y
官軍のトンガリ帽子はどうもいただけないなあ

161 :日曜8時の名無しさん:2007/11/26(月) 11:34:23.71 ID:Sn6/R45y
もう少し西郷ドン迫力が欲しかった
体が小さすぎるし、いつも泣きそうな顔

162 :日曜8時の名無しさん:2007/11/26(月) 15:16:32.09 ID:jgKQb/+E
>>161
確かに、西郷の人情に厚いと言う部分を強調しすぎて重たさが感じられなかった。
その辺にいる人の良いおじさんみたいだった。
やっぱり大久保とか伊藤とかを悪者にしたかったのかな。

163 :日曜8時の名無しさん:2007/11/27(火) 08:35:02.61 ID:3Q/3kv/A
重たさ強さがなかったね、歌舞伎の人だったのかな?
歌舞伎の方だと結構有名な人らしいね

164 :日曜8時の名無しさん:2007/11/27(火) 11:26:49.15 ID:5SGkXXa4
千秋実・・・7人の侍

165 :日曜8時の名無しさん:2007/11/28(水) 16:39:07.83 ID:J0DmC/je
誠直也格好よかった、大久保殺し

166 :日曜8時の名無しさん:2007/11/29(木) 10:26:54.86 ID:GU4l0ScX
小松方正が香ばしかった

167 :日曜8時の名無しさん:2007/11/29(木) 11:35:24.22 ID:GU4l0ScX
樺戸のバックで流れる曲、行進曲みたいでやたらと明るい

168 :日曜8時の名無しさん:2007/11/29(木) 15:28:40.10 ID:VWhmvbHW
車屋の銑さんも様になっておりました。
それにしても銑さんは最初から最後まで
逃げたり監獄に入れられたりし続けてたな

泥棒でもないのに

169 :日曜8時の名無しさん:2007/11/29(木) 18:46:00.57 ID:aN7AXG96
>>167
「大脱走」へのオマージュだとおも

170 :日曜8時の名無しさん:2007/11/29(木) 20:45:10.22 ID:GuIhWZUl
>>169
それは思わんかった!なるほど!

171 :日曜8時の名無しさん:2007/11/30(金) 10:11:24.11 ID:1zf1D62z
確かに樺戸脱走だけでも映画ができる

172 :日曜8時の名無しさん:2007/11/30(金) 12:02:38.38 ID:Ivh4EaO0
あのドラマを見ての樺戸のイメージはアマゾンの密林の中の刑務所だ

173 :日曜8時の名無しさん:2007/11/30(金) 15:16:51.80 ID:YfWHKlX+
>>169

すっすっ鋭いぜ169兄様・・・

174 :日曜8時の名無しさん:2007/12/03(月) 10:35:52.56 ID:mHIc5ahC
丹波もまだ若かった

47 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)